アンガーマネジメント

「アンガーマネジメント」とは、人間が抱える怒りや劣等感などの感情をコントロールする能力のことを言います。アンガーマネジメントを身に付けていない人は、適切ではない行動をとったり、暴力につながる場合もあるので、身に付けることが望ましいといえます。現在では、研修の一環としてアンガーマネジメントを身に付けさせる会社もあります。

アンガーマネジメントの効果はあり?なし?

アンガーマネジメントの効果に関しては、賛否両論ありますが、怒りの衝動を一旦抑えて冷静になることで、より生産的な行動を取ることができます。上司が感情的になり、罵声を浴びせることによってパワハラになるケースなどが多くなってきており、アンガーマネジメントの重要性が高まっています。会社内にとどまらず、子育て中の子供ともコミュニケーションにおいても、アンガーマネジメントは重要です。

アンガーマネジメントの種類

⑴衝動のコントロール
衝動的な怒りは6秒間で収まると言われています。カッとなっても、深呼吸など対策を取ることで、衝動的な怒りを回避することができます。

⑵思考のコントロール
思考のコントロールとしては、他者との違いに関して、自分の主張や言い分に過度に固執していないかなど、考えについて落ち着いて考え直してみるなどの対策があります。

⑶行動のコントロール
行動のコントロールとして、自分の怒りやイライラの行動に関して点数を10段階で評価し、自分の怒りの行動が出る原因や無駄が見えてくるため、これからの行動を変えていくことができます。

シェアお願いします!