採用代行(RPO)サービス比較30選!アウトソーシング会社の費用や特徴まとめ

こんにちは。digireka!HR編集部です。「なかなか良い人材を獲得できない」「人手不足で採用活動に時間を割けない」などの悩みを抱える採用担当者様も多いのではないでしょうか。

今回は、そんな担当者様に役立つ採用代行(RPO)サービス30選をご紹介いたします!

採用代行について、業務内容、料金、メリット、デメリット、導入のポイントなども併せてご紹介していますので、ご参考いただけると幸いです!

プロフェッショナルリクルーターによるRPOサービス

契約継続率90%超え、採用目標達成率87%を誇る高品質サービスです。
採用において、必要なことは全て我々が実施します

採用代行(RPO)サービスとは?


採用代行とはRPO(Recruiment Process Outsouringの略)とも呼ばれており、採用活動における業務を代行して行うサービスのことを言います。採用方法が多様化した今日では効果的な採用手段、またはそのノウハウを蓄積することが困難になってきました。そこで複雑な採用業務の一部、もしくは全体を採用代行会社に依頼することで採用担当者は重要な業務に専念することが可能になります。

また、採用代行サービスを依頼することで、採用代行会社が保有しているノウハウを自社で取り入れられたり、自社の採用スキル工場につなげることも見込めます

採用代行会社が求められる背景について

 

  • 就活ルールの廃止
  • 採用方法の多様化
  • 働き方改革による新制度の構築や見直し

上記の理由から「効率よくスピーディーな採用」を実現する手段として、人材ビジネスのひとつである「採用代行サービス」が求められています。

採用代行サービスを導入することで、効率よく採用業務を遂行することが可能です。また、採用代行サービスでは、

自社の現状や課題に合わせて、委託する範囲を自由に決めることができます。

 

同じ人材ビジネスとしてよく混同されるものに「人材紹介サービス」があります。採用代行サービスは、企業の採用業務を総合的、あるいは部分的に請け負うサービスです。一方、人材紹介サービスは、自社で集めた求職者を企業に紹介するサービスです。不特定多数の企業と求職者の雇用関係を成立させる仲介斡旋を行うため、職安法の第4条に基づく厚生労働大臣の許可が必要になります。

「厚生労働大臣の許可をとらない採用代行サービスは違法ではないか」と疑問に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、「委託募集」の許可をとれば問題ありません。委託募集に該当する範囲や許可の取り方については、下記の記事を参照してください。

関連記事採用代行は違法ではない?人材紹介との違いなども解説します!

採用代行(RPO/アウトソーシング)サービス提供会社に依頼できる業務

新卒採用代行(RPO/アウトソーシング)の場合

採用計画の策定

採用要件のすり合わせや採用戦略の立案、採用のKPIの設定を行います。

求人の作成・掲載

母集団形成を目指した求人の作成や掲載を行います。求人は簡潔な文章で企業の魅力を訴求しなればならない奥の深い難しい業務です。この業務を採用のプロに任せることで応募者数の増加を見込むことができます。

また、求人広告媒体や人材紹介などの複数の手段を採用している企業にとってはこれらの工程をすべて委託できるため、工数とコストの両方の削減が見込めるようになります。また、ノウハウがなければ難しい、自社にとって最適な採用媒体の選定も委託することができます。

説明会代行

新卒採用や中途採用で行う会社説明会の代行も、採用代行サービスのひとつです。事前に採用代行サービス提供会社と企業の採用担当者が面談などを通してお互いの認識をすり合わせていきます。また、会社説明会のスライドやプレゼンテーションの作成、日程調整、案内告知、運営などの代行も可能です。

スカウトメール作成・送信

サービスによってはダイレクトリクルーティングを実施する際のスカウトメールの作成や送付も委託することができます。スカウトメールを作成・送信を行うことで、転職潜在層にもアプローチをかけて採用を加速させることができます。
スカウトメールの作成や送信はノウハウがない企業が行ってしまうと、時間がかかるだけでなく、全く返信が返ってこず成果が得られないといった状況になりかねません。スカウト代行サービスの選定は慎重に行こなうことをおすすめします。

応募者管理

応募者から寄せられた書類の管理や選定、通過者との面接の日程調整などの依頼が可能です。多くの書類に目を通す作業を外部に任せることで、時間や手間を省くことができるだけでなく、よりマッチした人材を見つける確率を上げることができます。

書類選考・面接

書類選考や採用面接の代行も依頼が可能です。
かつて企業で人事担当の経験がある、人材紹介会社でキャリアカウンセラーの経験がある、CDAなどの資格を保有している、などといった希望に沿って面接官を指定することも可能です。しかしながら面接で採用代行を導入する場合、採用後のミスマッチを防ぐために依頼するサービスを提供する企業との密なコミュニケーションが必要不可欠です。

内定後のフォロー

内定通知後、メールでの連絡や入社前の研修の企画など、内定者に対するフォローについても、代行を依頼することが可能です。辞退者の増加を防ぐためには、内定者と継続的にコミュニケーションをとることが重要です。

中途採用代行(RPO/アウトソーシング)の場合

中途採用においても、採用計画の策定や求人の作成・掲載、応募者管理といった基本的な業務の代行が可能です。

ただし中途の場合、媒体やエージェントの選定・コミュニケーション、各媒体やHP含むメディアやコンテンツの戦略立案・制作などの代行業務がメインになってきます。

中途採用における代行可能な業務内容・採用計画立案
・媒体およびイベント含むその他チャネル選定
・エージェント選定
・各媒体、エージェントとのミーティングの実施
・各媒体やHP含むメディア戦略立案
・コンテンツ戦略立案およびコンテンツの取材・撮影・制作
・求人票の制作
・スカウト配信
・エージェントとのコミュニケーション
・応募者とのコミュニケーション
・書類選考・面接
・内定後フォロー施策の実施

採用代行(RPO/アウトソーシング)サービスにかかる料金

採用代行費用は業務全般又は部分的に委託するか、スタッフを常駐又は非常駐とするかなど依頼する業務内容により異なります。また、月額制や成果報酬制など報酬形態にもよります。各社により委託できる業務内容及び料金体系が異なるため注意が必要です。

採用代行(RPO/アウトソーシング)サービスの料金プラン

月額一律料金型

委託する業務項目ごとに月額料金を支払う形態です。

たとえば、委託内容に応じたパッケージプランを選んだり、3ヶ月・6ヶ月・1年などと期間を設けて契約したりすることができます。オプションを付けなければ追加費用が発生しませんので、予算が決められている企業に適しています。求人媒体の応募者管理や面接日時の調整といった実務の一部を委託する場合の費用相場は、月額料金10万円台です。採用業務を全体的に委託する場合の費用相場は、月額料金40万円以上を想定しておいたほうがよいでしょう。

従量課金型

業務量によって課金される支払い形態です。

多くの採用代行サービス提供会社が従量課金型を採用しており、代行期間や対応件数に応じて料金を算出しています。必要な業務にのみ予算を割くことができますので、「書類選考に時間がかかっている」といった負担が多い工程だけを委託して、効率よく採用活動をしたい企業に適しています。なお、採用代行サービス提供会社によっては、初期費用や面接時の追加料金が発生するケースもありますのでご注意ください。

成功報酬型

成果が出た時点で料金が発生する支払い形態です。

成果は、面接実施・内定・採用における人数で設定されることが一般的です。成果が出るまで料金が発生しないため、初期費用や無駄なコストを最小限に抑えることができます。ただし、成功報酬の費用は高めの設定であり、目標とする人数が多ければ多いほど料金がかさみます。「一人だけ優秀な人材を採用したい」といった小規模な採用をしたい企業や、人材の質にこだわりたい企業に適しています。

業務別の料金例

一般的に、新卒採用代行は月額料金5~70万円、中途採用代行は月額料金10~70万円程度となります。その他業務は以下の通りです。

面接日時設定:月額料金5万円~
DM・スカウト配信:月額料金3万円~
面接実施:1回1万円~
評価シート作成:1回3千円~
欠席者フォロー・別日程案内:月額料金2万円~
次回面接日時連絡:月額料金2万円~
合否連絡:月額料金2万円~
内定通知書発送:月額料金2万円~

採用代行(RPO/アウトソーシング)サービスのメリット

採用計画の考案から、実際に内定を通知するプロセスに至るまで、採用代行を導入することで、様々な業務について工数を削減することができます。その他にも多くのメリットがあるので、ご紹介します!

企業にマッチした人材が人材の採用が可能

採用業務は、応募書類の管理や応募者との面接設定、選考の合否連絡といった細かな実務が多数発生します。こうしたノンコア業務に時間をとられると、採用戦略の立案や面接、採用状況の分析、内定者のフォロー、人材教育といった人事本来のコア業務に時間を割くことができなくなります。採用代行サービスを利用してノンコア業務を切り出せば、人事のリソースをコア業務に集中させることができます。結果として、採用活動の質があがります。

コア業務に集中できる

採用代行(RPO/アウトソーシング)サービスを依頼するすることで、会社のリソースをコア業務に集中させることができます。

合否の最終決定や人事・採用戦略の立案など、採用活動を実施するうえで本来注力すべきコア業務に十分な時間を割くことが可能になります。

就職・転職サイトの実績データを使って適切な戦略設計が可能

採用代行サービス提供会社は、あらゆる就職・転職サイトのノウハウを豊富にそろえています。求める人材の志向性や年齢層、スキルによって、適切な就職・転職サイトは異なります。

採用代行サービス提供会社は就職・転職サイトに登録している求職者のデータベースを理解しているため、選定を含めて適切な戦略設計をしてくれますので、効率的で質の高い採用活動が期待できます。

様々な採用戦略を実施してくれる

採用手法が多様化する現代において、企業はあらゆる採用手法を試し、求める人材の獲得を目指しています。言い換えると、その知識が少ない企業は、人材の争奪戦に後れをとる可能性があるということです。

採用代行サービス提供会社は、メジャーな就職・転職サイトを利用した採用だけでなく、あらゆる採用手法の知識を持っています。SNSなどを使った新しい採用手法を取り入れたり、新卒採用でインターンシップを運営したりと、求める人材の志向性・年齢層・トレンドを踏まえて最適な採用戦略を実施できます。

短期間で効率的な採用が実現できる

採用代行(RPO/アウトソーシング)サービスを委託することで、短期間であってもより効率的な採用を実現することが可能になります。

重要なポジションの採用がうまく進まず採用活動が長引けば、ビジネスにダメージを与えてしまいます。その期間に、大きな機会損失や新たな退職につながるケースもあるでしょう。

たとえば、就職・転職サイトへの掲載・数値検証・改善・原稿の更新などを委託すれば、採用までにかかる時間を20%~50%ほど短縮することも可能です。なお、採用代行サービス提供会社を選ぶ際は、自社の業界動向や職種などの理解が深く、充分な採用実績を有しているかどうかの見極めも重要です。

応募者への丁寧な対応ができる

採用活動では、応募後や選考後のレスポンスが早ければ早いほど、応募者に信頼してもらいやすくなり、選考・内定辞退を最小限に抑えることができます。特に15~34歳の就業者数が減っていることから人材の争奪戦が加速し、より採用難易度が高まることが予想されます。

面接設定や選考に時間をかけているうちに、「他社に内定をもらったので」と辞退された経験がある企業は少なくないでしょう。採用代行サービスを導入することで応募者に対するスピーディーかつ丁寧な対応が可能になるため、選考・内定辞退を減らせるかもしれません。

採用代行(RPO/アウトソーシング)サービスのデメリット

的確に採用代行を利用し、より効果的な採用代行を活用するためにはデメリットも認識しておく必要があります。

認識のズレが生じる可能性がある

採用代行サービス提供会社との認識のズレは、採用後のミスマッチにつながる大きな要因になりかねませんそのため、採用代行サービス提供会社にしっかりと採用における要望をヒアリングしてもらい、細かい点まで伝える必要があります。

委託する業務内容にもよりますが、特に書類選考や面接など、選考で重要な役割を果たす業務を委託する場合は、しっかりとコミュニケーションをとってお互いの認識を一致させることが欠かせません。また、情報のタイムラグや共有漏れが原因で認識のズレが起きる場合もあります。どれくらいの頻度でどんな情報を連携させるのかのフローを確立しておくこともおすすめします。

適切なサービスの選定が難しい

採用代行サービス提供会社によって、強みや対応できる業務領域、料金プランが異なります。自社の採用活動におけるニーズや、どの段階でどの業務を委託するのかを明確にして、適切な採用代行サービスを選びましょう

なお、曖昧な判断のもとで採用代行サービスを導入すると、思いがけず多くの料金がかかってしまうこともあります。予算を踏まえたうえで委託する業務を選択することをおすすめします。

応募者・内定者との関係性が薄くなってしまう可能性がある

応募者対応や面接、内定者へのフォローなどを委託する場合、応募者や内定者の生の声を聞く機会が減ります。採用市況の変化に気づきにくくなったり、内定者の心理状況を把握しにくくなったりします。

選考・内定辞退を防ぐためには、採用代行サービスに頼りすぎてはいけません。応募者・内定者と接する機会を設けるなど、積極的にコミュニケーションをとることを意識しましょう。

採用に関するノウハウが自社に残らない

採用代行サービスを導入することで、時代に合わせた採用手法を取り入れることができ、優秀な人材の確保や効果的な採用活動を実施することができます。

一方で、採用を委託するので、社内にノウハウを構築することが難しくなります。面接官の育成プログラムを提供するサービスなどを利用して、効率の良い採用活動を行いつつも、自社での人材育成にも注力することを心がけましょう。

採用代行(RPO)サービスの流れと採用代行サービス提供会社を選ぶチェックポイント

採用代行を依頼するまでの流れ

採用代行を依頼するまでの流れを箇条書きで記載しています。採用代行会社によってはこれらよりも工程が多い、あるいは少ない場合があります。

採用代行依頼までの流れ1.キックオフMTG
2.採用目標の設定
3.現状の採用プロセスの見直し
4.代行業務を決定する
5.各種必要コンテンツの作成(採用代行会社側)
6.運用開始
7.週次の定例ミーティングによる目標進捗状況の確認

依頼したい業務に十分に対応できるか?

採用代行(RPO)を選ぶ際の1つ目のチェックポイントは「依頼したい業務に十分に対応できるか?」です。採用代行サービスによって対応業務が異なります。まずはどこまでの業務を委託したいのかを自社内で明確にし、検討している採用代行サービスがその業務に対応できるか確認しましょう。

実績は豊富か?

採用代行サービス提供会社を選定する際、実績はやはり重要な指標になります。実績豊富な会社と少ない会社とでは、応募者管理や内定後のフォローなどの質が異なります。

また、自社が所属する業界での支援実績や業界知識がどれだけあるのかを確認することも重要です。たとえば、IT企業の場合、エンジニアの仕事やIT業界の動向、繁忙期や転職活動が活性化する時期などを理解していなければ、採用代行サービスの精度に影響します。採用代行サービス提供会社を選ぶ際は、必ず実績を確認し、安心して任せられるかどうかを判断しましょう。

見積もり費用に納得できるか?

採用代行サービス提供会社を選ぶ際の3つ目のチェックポイントは「見積もり費用に納得できるか?」です。会社によって見積もり費用の記載形式は異なります。その依頼内容でその金額は妥当なのか、他の会社と比較しながら検討しましょう。また、契約した後にトラブルにならないよう、不明点がある場合は必ず事前に解決しておきましょう。

コミュニケーションは取りやすいか?

採用代行サービス提供会社を選ぶ際の4つ目のチェックポイントは「コミュニケーションはとりやすいか?」です。採用は採用代行サービス提供会社だけの努力で成功するものではありません。企業が協力することで初めて大きな成果が生まれます。協力するうえでコミュニケーションがとりやすいかどうかは重要な指標となるため、コミュニケーション方法や対応できる時間帯の2点は、事前に確認しておきましょう。

コンサルティングに強みを持った採用代行か

採用代行サービス提供会社を選ぶ際の5つ目のチェックポイントは「コンサルティングに強みを持っているか?」です。根本から採用体制を構築することを目的とする場合は、コンサルティング力のある採用代行サービス提供会社を選ぶことが大切です。採用戦略の立案、採用の枠組みの設計、メディア戦略の策定、シミュレーションの設計、採用フロー策定などに対応してくれます。

【20選】総合支援系の採用代行(RPO)サービス提供会社一覧

株式会社uloqo

特徴・広告業界最大手グループのネット広告代理店、リサーチ業界最大手企業等、50社以上との取引実績あり。
契約継続率90%以上を誇る高品質サービス。
・深い理解と専門知識を有したコンサルタントによる支援で、採用ペルソナ設計から面接代行まで、すべての段階においてスムーズな対応が可能。
・少数精鋭だからこそ、柔軟なサービス設定と対応が可能。また、大手企業では実現しない低コストから(月額200,000円〜※税別)サービスを提供。

株式会社ネオキャリア

特徴業界トップクラス10,000社以上の導入実績があり、新卒、中途、アルバイトなど幅広い採用代行サービスを展開。
説明会・面接などの日程設定、応募者対応、面接代行など、採用における様々なサービスに対応。
最新のチャットボットやAIの活用などを含め、時代の変化に対応したサービスを実施しており、土日対応も可能。

費用・新卒、中途、アルバイトによって異なる価格設定。

・月10万円からのお得なキャンペーンも実施。

株式会社トライアンフ

特徴3,000社以上の導入実績があり、企業の採用強化、組織強化、人事・労務の効率化をサポート。
Web求人媒体からのエントリー受付から面接結果連絡など採用業務全般の対応が可能。
現状把握から来期提案の検討まで、長期的な視点を持った採用代行を実施。
・常駐型アウトソーシングも実施しており、採用経験の豊富なスタッフを企業に派遣することも可能。

株式会社ONE

特徴約3,000案件を誇る採用代行実績があり、雇用形態、募集する業種・職種、時期やトレンド、面接フローや選考スピードなどを様々な点を考慮した採用代行プランを提供。
会社の人材戦略に合わせたオーダーメイドプランを提案し、費用対効果の良い採用を実現。
・新卒採用・中途採用・アルバイト採用の雇用形態を問わず対応。
・中小企業から大企業まで数多くの企業をサポート。

パーソルテンプスタッフ株式会社

特徴応募者管理などの部分的なアウトソーシングから、採用計画~入社対応までのフルアウトソーシングが可能。
・採用センターを活用したセンター型支援から経験豊富なコンサルタントが企業に常駐するオンサイト型支援まで、企業ごとの課題や採用プロセスに応じて支援可能。
・採用規模の大きい、大型採用プロジェクトの対応が可能。

株式会社HRアソシエ

特徴リピート率90%以上で多くの採用活動を成功に導き、継続的な付き合いを実現。
・最適なプランを適正価格で提供し、採用予算の投資対効果を最大限に高める。
企業の採用状況の変化に合わせて柔軟に対応し、採用業務のほぼすべて代行可能。
費用サービス導入に必要な予算は50万円~(サポート期間や内容によって変動)。

レジェンダ・コーポレーション株式会社

特徴550社以上の採用支援で培ったノウハウで企業の採用活動をサポート。
・社内プロモーションから入社手続きなど、幅広い業務委託が可能。
・採用チームのマンパワー不足にお悩みの企業に、スタッフが常駐し活動を支援することも可能。

株式会社ジーズコンサルティング

特徴リピート率98%を誇り、採用ニーズに合わせた柔軟なサポートが可能。
新卒・中途採用領域にて、すべてまたは部分的な代行が可能。
・採用成功にコミットし、「人事担当者の一員として」応募者とのコミュニケーションに対応。
・スピーディかつ親身な対応で合否・選考の案内を行うため、辞退を減らすことが可能。

株式会社マイナビ

特徴・総合人材サービス企業として全国で大型案件の実績が多数。
新卒・中途・アルバイト・派遣など、幅広い採用市況に精通。
・採用業務に関するあらゆる業務を貴社専任の採用プロジェクトチームが代行。
・求人サイト運営で培った、応募効果最大化のノウハウが強み。

株式会社キャリアマート

特徴年間約500社以上の採用をサポートし、業種に合わせたアウトソーシングを実施。
・マイナビ、リクナビからAOL、R-ship、SONARなど様々なシステムのアウトソーシング実績あり。
・約600体の採用ロボットが大量の業務を超短時間で処理し、ミスの無い正確な代行が可能。
・採用数に応じたアウトソーシングプランを提供し、月5万円~対応が可能。

株式会社ディスコ

特徴・企業の継続率9割以上を誇る、満足度の高さ。
採用プロセスの企画立案および業務フロー構築をサポート。
・アウトソーシングによる効率化や労力の軽減による採用活動の生産性の向上はもちろん、将来を担う優秀な人財を採用するためのすべてをサポート。

株式会社学情

特徴数多くの企業で導入実績があり、蓄積されたノウハウに基づいた運用が好評。
・採用活動全体のコンセプト策定から内定者フォローまで、幅広く採用活動を支援。
学生の最新動向や志向性、地域や企業ごとの傾向、市場の動きなどに基づいたアドバイス・コンサルティングも実施。

株式会社ヒューマントラスト

特徴・採用戦略立案・実行、説明会企画・運営、採用試験の企画・提案・作成、応募者受付・管理、内定者フォロー、書類選考、面接代行、合否通知など採用業務全般をトータルにサポート。
・企業のコスト軽減と業務の負担減及び業務の効率化を実現。
新卒・中途採用に対応しており、スタッフが常駐するタイプの「常駐型アウトソーシングサービス」も実施。

株式会社クイック

特徴新卒・中途・アルバイト採用それぞれ、トータルでサポートが可能。
・各種媒体を軸とした母集団形成戦略、求職者(エントリー)データの管理、求職者フォローなどコミュニケーション対応から、合否連絡など各種事務業務まで採用業務フロー全域に対応。
各企業の採用フローにカスタマイズしたアウトソーシングサービスも提供。

株式会社ワイエスプランニング

特徴企業の考え方や姿勢を理解し、かつ採用目標を共有しながらさまざまな人事・総務業務を代行。
・リクナビの応募管理システム「RICS」など各種応募者DBの管理代行をはじめとした「応募者管理」、応募者を説明会にアテンドするためのアウトバウンドコールや各種問い合わせに対しての「インバウンド」などを実施する「テレマーケティング」を実施。
・さらに説明会・選考の企画立案や会場の選定、備品のレンタル手配などを行う「説明会・選考支援」など、採用選考フローに応じて各種サービスを提供。

株式会社ピーアール・デイリー

特徴新卒・中途・アルバイトなど幅広い領域における採用業務支援サービスを提供。
各種採用サイトの運営管理、DM・スカウトメールの検索・設定・配信、資料発送、応募者の採用データ集計など、採用に関する各種業務を代行・支援。
・採用担当者が本来力を入れるべき業務に注力してもらうことで、企業の『採用力』を高め、採用を成功へ導く。

株式会社キャリアパワー

特徴・採用活動から入社後のフォローまできめ細かな対応で、企業ニーズに対応可能。
・企業説明会やエントリー受付、面接、スカウトメールの送信、内定後の引きとめ、入社研修、さらには入社後のカウンセリングなど、人材採用に関連するあらゆる業務を代行可能。
・面接は自社で実施など、部分的なアウトソースも可能。

株式会社アールナイン

特徴1,200社以上の導入実績があり、最適な採用コンサルティングと採用実務サポートを提供。
・採用に関わる様々なニーズに対応できるサービスを、全国の主要都市で展開。
採用のあらゆるプロセスを最適化し、必要な人材を適材適所に配置。
・面接・説明会代行、リクルーター制度導入、リクルーター代行、面接官・リクルータートレーニングなど幅広いサポートを実施。

株式会社オフィスビギン

特徴新卒採用に関する業務を全て代行可能。
・企業ニーズに合わせて、独自の方法で母集団形成を実施。
・内定者研修の実施やイベント企画など、内定辞退を防ぐためのフォローも代行可能。

株式会社株式会社アントレプレナー

特徴パッケージはなくそれぞれの企業に合ったオーダーメイドプランを作成。
・採用広告発注、書類選考、応募者管理、説明会実施、などを代行可能。
採用活動の豊富な実績とノウハウを有したスタッフが採用をサポート。

コンサルティング業務に強い
採用代行(RPO)サービス提供会社
10選

株式会社パソナ

特徴「専門性」「実績」「経験力」を持つ採用のプロが採用課題の解決を支援。
各企業のニーズに合わせたオペレーション体制の構築が可能。
・求人サイトやエージェント、採用手法の適切な組合せでコスト削減が可能。
・入社後の研修・オンボーディングのオペレーション支援も対応。

株式会社人材研究所

特徴・採用のプロが、人材アセスメントや採用プロジェクトマネジメントを代行。
・テンポラリーな採用チームとして、採用業務の全てまたは一部を代行。
・共に考えながら業務にあたり、各企業に最適な採用スキームを構築することが可能。
説明会・面接代行、リクルーター代行、内定学生向け「動機付けコンテンツ」の企画・実施、内定者研修など、幅広いアウトソーシング・サービスを実施。

マンパワーグループ株式会社

特徴・全世界に2,600以上、日本国内に約115拠点のオフィスを持つ、世界第3位の総合人材サービス会社。
・新卒採用・中途採用において、採用改善の提案から実務の代行まで、企業の採用活動を成功に導くサービスを実施。
蓄積されたノウハウをもとに、費用対効果の高い採用方法を提案し、内定・入社後の定着まで支援。

アデコ株式会社

特徴総合人材サービス業として売上高は世界一を誇り、60カ国以上でサービス展開。
新卒、中途、契約社員、パート・アルバイト採用に対応し、トータルでサポート。
・募集、エントリー受付、応募者コミュニケーション、スクリーニング・選考など採用全般に対応。
・候補者への動機づけや的確な候補者の見極め、きめ細かな対応で、ミスマッチのない 採用を実現。

株式会社リンクアンドモチベーション

特徴採用活動のプロセスを可視化し、進むべきプランを設計。
・企業採用ホームページ、各種ナビ媒体、合同説明会・学内説明会での直接接触者など、入り口の違うエントリー学生を一つのシステムで管理し、学生の動機醸成及び業務支援を行う管理システム「SCOPE」。
採用戦略の立案、説明会・インターンシップ・選考プロセス等の設計・運用、選考プロセスの細部にわたる実務サポート。

株式会社採用総研

特徴就職サイトの運用から、説明会動員、内定者フォローまで幅広い採用代行を実施。
会社説明会の企画・運営の代行や選考の企画運営も対応可能。
・採用の「作業部分」をアウトソーシングし、学生と直接話し合うコア部分に専念できる。

株式会社ランスタッド

特徴世界70か国にRPOサービスを展開しているのでグローバル視点での採用も得意。
取引先の会社には駐在員を派遣。情報の共有・管理に対する不安を軽減することが可能。
・RPOサービスのないような企業ごとにフルカスタマイズで対応しているため、企業の細やかなニーズに対応可能。
・グルーバル採用を進めたいという企業向けにバイリンガルのリクルーターも複数名在籍。

株式会社ツナグ・ソリューションズ

特徴・アルバイト・パート採用に特化しており、約330社、90,000店舗の採用活動をサポートした実績あり。
募集手段の設計・展開、媒体選定・発注などの業務代行だけでなく、応募受付から面接設定に至るまでの応募者対応も含めた一括代行サービスを実施。
・365日稼働の応募受付専門コールセンターにて、丁寧な対応で応募先への動機付けをすることで、着実に選考に足を運んでもらうための最適化を実施。
専任コンサルタントが、採用担当の一員として専門知識の活用、人材要件定義、客観的な現状業務の把握、問題提起、原因分析、対策・戦略立案を通して採用成功を支援。

株式会社カナエル

特徴・採用代行のみならず入社後の教育まで徹底サポート。
「この人に仕事を任せたい」と思えるような人材の採用を目指し、企業と人材の相思相愛な関係を構築する。
・内定以外の全てをワンストップで支援可能。

株式会社ベクトル

特徴・新卒、中途、パート・アルバイト領域に対応可能。
・採用戦略の企画・立案から入社・定着に至るまで、一貫した高品質のサービスを提供可能。
豊富な経験とノウハウを有する採用コンサルタントが採用をサポート。

採用代行(RPO)サービスを利用する際の3つの心構え

代行企業と常に情報共有を行う

採用代行サービス提供会社に業務を委託した後も、情報を共有し合うことが大切です。採用活動の状況把握と業務のブラッシュアップに努めましょう。すべてを委託したままにすると、自社にノウハウが残らないうえ、採用代行サービス提供会社に依存する形になってしまいます。定期的に採用状況や選考の進捗確認、業務のフィードバックを行い、共に採用活動をしているというスタンスを保つことが重要です。

コミュニケーションを怠らない

採用代行サービス提供会社を信頼して任せることは、コミュニケーションをとらなくていいということではありません。企業と採用代行サービス提供会社の両者が協力し合わなければ、確かな採用成果を生むことができないからです。自社の事業をもっとも理解しているのは、採用代行サービス提供会社ではなく、自社の採用担当者様です。頻繁にコミュニケーションをとりながら、自社の現状、採用活動の進捗などを共有して、一緒に成果を生み出していくことが大切です。

評価基準を設ける

「面接数や採用数のKPIが達成できているか」「採用に至った人材が入社後に活躍できているか」「採用業務の負担が軽減されたか」など、どのような軸で採用代行サービス提供会社を評価するのかをあらかじめ設定しておきましょう。採用代行サービスの質や改善点、責任の所在が明確になります。また、継続的に業務を委託するのか、どの工程にどれだけの予算をかけるのかの判断基準にもなるでしょう。

まとめ

採用方法の多様化に伴い、採用にかかわる業務が増加し、優秀層や自社にマッチする人材の確保が難しくなってきています。

しかし、専門のノウハウをもった外部サービスに委託することで、より効果的な採用活動の実現に繋がります。採用代行を検討される際は、自社に不足しているリソースや採用活動における弱みなどを明確にし、最適なサービスを最適な方法で導入することを心がけましょう。

この記事を書いた人

関川 懸介

株式会社uloqo代表取締役

1990年6月29日生まれ。京都府出身。
新卒でアドテクノロジーベンダーに就職。
その後、リクルートグループの人材斡旋部門において、キャリアアドバイザーとして従事。全社MVP計6回受賞、準MVP計2回受賞。2016年4月に、創業者の当時代表取締役と共に株式会社uloqoを設立。
人材紹介事業、メディア運営、HRsolution事業、uloqoに関わる全事業において、1人で立ち上げから収益化まで担う。

【関連記事】
エンジニア採用に強い採用代行業者の見極め方とは?
採用代行は違法ではない?人材紹介との違いなども解説します!
フリーランスに採用代行の依頼を検討中の企業必見!フリーランスと法人サービスの違いとは?
ダイレクトリクルーティングにおけるスカウト代行サービス10選!特徴、費用などをまとめました。


採用代行はuloqoにお任せください

「普通の運用代行」ではない、
プロフェッショナルリクルーターによるRPOサービスです。

①月額料金20万円~からご予算と課題に応じてカスタマイズ型でサービス提供が可能。支援後は追加費用の発生一切なし。
②累計50社取引クライアント様の契約継続率は驚異の90%超。
③あらゆる採用媒体活用実績を活かしたプランニング、実行により、採用目標達成率は87%超。
④上流工程の企画から、下流工程の実業務まで一気通貫で支援。もちろん採用広報もベーシックプランから提供可能です。
⑤独自の業界リサーチで、業界専門用語や市場におけるクライアントのポジションについて、徹底的にインプットを行います。
⑥エンジニア・データサイエンティスト・デジタルマーケター等、専門職種についてはテクノロジー領域専門のコンサルタントが担当します。

▼サービスに関するお問い合わせはこちらから

お名前 (必須)

会社名 (必須)

お電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

選択してください

シェアお願いします!