ドラッカーのマネジメント論!マネージャーに必要な5つの基本能力と資質

こんにちは。digireka!HR編集部です。チームをマネジメントする立場になった時、どのような能力や資質が求められるのか把握しておくことは大切です。

今回は、マネジメントの意味や役割、ドラッカーが提唱したマネージャーに必要な5つの基本能力、マネージャーに求められる資質について解説します。

マネジメントとは

経営学の世界において、「マネジメント」という言葉は経営学者のピーター. F. ドラッカーが広めた概念とされています。ドラッカーの定義によると、マネジメントとは、「組織に成果をあげさせるための道具、機能、機関」とされています。

「マネジメント」という言葉を直訳すると、「経営」や「管理」という言葉になります。具体的には、組織においての「ヒト・モノ・カネ」を効率的に経営・管理するということです。

マネジメントを実際に行う人のことをマネージャーといいます。「マネージャー」は、ドラッカーの定義によると、「組織の成果に責任を持つ者」とされています。

「マネジメント」と「リーダーシップ」のちがい

似たニュアンスをもつ2つの言葉のちがいに関しては、諸説あり、今もなお研究がすすめられています。

一般的に、リーダーシップとは、「未来に向けて取り組み、リーダーの人間性によって人を動かすこと」、マネジメントとは、「現在もしくは、短期的な取り組みにおいて、地位による権限や組織の規則によって人を動かすこと」とそれぞれ言われています。

このように、「マネジメント」と「リーダーシップ」は、両者とも「人を動かすこと」を意味しますが、ドラッカーは「マネジメント力を上位概念としてリーダーシップ力をその下に紐づける」と定義しています。

マネジメントの役割・仕事内容

目標の設定

マネジメントの目的は、設定した目標に沿って組織を運営していくことです。そのためには、まず初めに目標を最初に立てて、向かうべき方向を示す必要があります。

組織の構築

目標達成のために必要な仕事を分類し、それぞれの職能別の組織を構築し、そのために必要な人選も行います。

評価

部下の仕事に対して、評価する基準を整えなくてはなりません。それにより、モチベーションなどを効率的にコントロールすることで全体の業績をあげることができます。

人材育成

人材は、企業にとってとても重要な経営資源です。人材を育てることで、チームの業績の向上に繋がることから、人材育成は何よりも重要とされています。

マネージャーに必要な5つの基本能力

ドラッカーの『マネジメント 基本と原則』にて紹介されている、マネージャーに必要となる5つの能力について解説します!

目標を設定する能力

ドラッカーは、目標に深く広く向き合い、具体的で適切な設定する能力が必要だと述べています。目標を設定するにあたり、目標の種類を認識しておくことは大切です。ドラッカーの言うマネジメント理論では、以下のような分類がされています。

短期的目標

短期的目標は、1週間から1ヶ月のスパンで達成する目標のことです。短期的目標の期間は、長期目標のスパンの長さに準じて変動していきます。

長期的目標

長期的目標は、標準として2~3年のスパンで達成する目標のことです。本人の環境や境遇、立場といった条件の関わり方でその長さは変動していきます。

無形の目標

無形の目標とは、有形の目標達成をするのに欠かせない、あるいは身に付けなければならないことです。具体的には、才能や能力、習慣などのことを指します。

部下の仕事ぶりと態度における目標

部下がどのような目標を持ち、達成するつもりなのかを個々に確かめ把握しておくことも、マネージャーに求められる能力です。また、その目標に向けている途中で起こり得る悩みや問題への対応にも、注力していくことになります。

社会に対する責任についての目標

企業は、自分の周辺の人たちへの責任を持っている社会的存在であり、果たすべき役割や目標があって実行することは当然といえます。

組織化する能力

ドラッカーは、人的資源の強みを発揮し、弱みを削ぎ落とすことの必要性を強調します。つまり、マネージャーは、適切な人材配置と意思決定を行なう人材選定を行い、組織化を図る能力が求められます。組織のあらゆる強みを活かして弱みを消し、組織全体を機能させる能力が必要になります。

コミュニケーション能力

ドラッカーは、コミュニケーションを情報伝達の手段としてではなく、「知覚」「期待」「欲求」という言葉を用いて表現しています。つまり、相手に対して、情報を与えるだけでなく、知覚させることが重要になります。

マネージャーには、組織の成果を上げるための高いコミュニケーション能力が求められます。
メンバーと情報伝達だけにとどまらないコミュニケーションをしっかりと取り、仕事を遂行していく上で障害になり得るものを取り除いたり、メンバーの意欲を高めたりするようなヒアリングを行っていくことが必要です。

評価測定能力

マネージャーには、組織の基礎単位である個人を評価測定する能力が求められます。人には理想や目的、ニーズがありそれらを満たさなければならず、この個人の欲求を満たすものが賞や罰、各種の奨励策、抑止策に該当すると、ドラッカーは語っています。

問題解決能力

マネージャーには、問題を見極め、適切に対処する能力が求められます。組織での問題とは、必ずしもネガティブな側面ばかりではなく、成果を出して前進するための可能性でもあるとされています。

ドラッカーの名言から読み取る、マネージャーに求められる資質

ドラッカーは著書「経営の真髄」の中で、マネージャーに求められる資質について以下のように述べています。

「人のマネジメントに関わる能力、たとえば議長役や面接の能力は学ぶことができる。管理体制、昇進制度、報酬制度を通じて、人材育成に有効な施策を講ずることもできる。だが、それだけでは十分ではない。スキルの向上や仕事の理解では補うことのできない、ある根本的な一つの資質が必要である。人としての真摯さである。最近は、愛想をよくすること、人を助けること、人付き合いをよくすることが、マネジメントの資質として重視されている。だが、そのようなことで十分なはずがない。
事実、うまくいっている組織には、必ず一人は、手をとって助けもせず、人付き合いもよくない者がいる。この種の人間は、気難しいくせにしばしば人を育てる。好かれている者よりも尊敬を集める。一流の仕事を要求し、自らにも要求する。基準を高く定め、それを守ることを期待する。何が正しいかだけを考え、誰が正しいかを考えない。自ら知的な能力を持っているが、真摯さよりも知的な能力を評価したりはしない」

ドラッカーは、スキルや能力、愛想の良さよりも「真摯さ」がマネージャーの資質として重要であると述べています。「真摯」とは、まじめ、熱心、誠実などを意味する言葉です。

ドラッカーは「誠実に仕事に取り組み、成果をあげようとするひたむきな姿勢」が大切であると伝えたかったのかもしれません。
マネージャーには、必ず成果をあげるという強い意思を持って仕事に取り組み、成果をあげるために何をするべきかを考えて判断することが求められます。

部下を評価するときも、プロセスではなく成果を評価することが大切です。プロセスを評価してしまうと、部下は良いプロセスを見せることを重視するようになり、結果を真剣に追い求めなくなってしまう恐れがあります。

まとめ

いかがだったでしょうか。今回は、マネジメントの意味や役割、ドラッカーが提唱したマネジメントに必要な5つの基本能力、マネージャーに求められる資質について解説しました。マネージャーに必要な能力や資質を身に付けるために、是非当記事を参考にしてみてください。

【関連記事】
企業におけるマネジメントの役割と必要な能力
企業のマネジメントに必要なリーダーシップの種類と要素を解説!
企業におけるメンタルヘルスマネジメントの重要性
アンガーマネジメントとは?怒りのコントロール方法や企業におけるアンガーマネジメント研修
タレントマネジメントシステム10選比較!機能、特徴、料金などをまとめました。
ナレッジマネジメントとは?種類、メリット、導入プロセス、導入時のポイント・注意点などを解説

人事課題をお持ちのご担当者様へ

✓広告業界最大手グループのネット広告代理店等、50社以上との取引実績あり
契約継続率90%以上を誇る高品質サービス
月額200,000円~の圧倒的コストパフォーマンスを実現
✓デジタルマーケティング業界出身のコンサルタントだからこそ業界・事業を熟知
✓少数精鋭だからこそ実現出来る、柔軟なサービス設計・ご対応

 

▼サービスに関するお問い合わせはこちらから

お名前 (必須)

会社名 (必須)

お電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

選択してください

シェアお願いします!