人事評価コンサルティング会社15選!サービス内容、費用などを徹底比較します。

こんにちは。digireka!HR編集部です。近年、働き方改革が推進され能力・業績を重視した人事評価制度への見直しが進められている中、そもそも「どのように制度を構築すべきか分からない」といった人事担当者様もいらっしゃると思います。

そこで、本記事では、人事領域のプロから支援を受けられるサービス「人事評価コンサルティング」についてご紹介します。導入のメリット・デメリットや選定ポイント・サービス提供企業などについて徹底解説します。

人事評価コンサルティングとは

人事評価制度の構築や、場合によっては運用サポート支援を行うサービスを「人事評価制度コンサルティング」といいます。

人事評価を成功させるためには、公正に評価する仕組みの構築と人事評価を定着させることが不可欠となります。しかし、専任の人事担当者を設けていない場合や、人事領域の知識を持つ人材の欠如などの課題を持っている場合もあるでしょう。そのような場合には、外注(アウトソーシング)をお勧めします。

人事評価制度を外注した時の流れ①お申込み

②コンサルタントからのヒアリング

③コンサルタントによる課題分析

④ヒアリングを基にコンサルタントが評価制度案を作成・提案

⑤(運用・定着支援)も提供可能な場合が多い

人事評価制度の構築を外注するメリット

人事評価制度のクオリティ向上

専門知識を取り入れることで、人事評価のクオリティが向上します。評価結果を、社員の待遇や人材配置に反映させる場合には、社員の満足度向上や会社の業績アップなどに繋がります。また、公正な評価を定着させることで、社員のモチベーションアップにもつながるため、人事評価のクオリティ向上は注力すべき点といえます。

計画的・効率的に作業を進めることが可能

人事評価制度構築の経験が豊富なプロから支援を得られるため、計画的かつ効率的に進捗を進める事が可能です。外注せずに他団体の事例を用いろうとしているケースなどでは、結果的に進捗が捗らずコストが膨らんでしまう可能性があります。

ノウハウ(他団体)の事例、運用実態などの情報獲得

制度設計の進め方、運用実務の詳細など、プロのコンサルタントのノウハウを吸収することが可能です。

そもそも、制度設計に関わるコンサルタントは、クライアントをコンサルタントなしの場合でも制度を適切に運用できる状態とすることです。しかしながら、そのような状態にすることは至難となっています。実現のためには、コンサルタントの情報共有の熱量も重要ですが、人事担当者も成果物のみに着目するのではなく、専門書からは得られないような経験を体験しようとする心意気・行動が重要です。

人事担当者の評価制度設計に関わる労力の削減

評価制度設計については膨大な工数を要します。外注することで、設計を効率的にかつ専門知識を得ながら進めつつも、浮いた工数分を他の業務に当てることが可能です。

人事評価制度の構築を外注するデメリット

自社にノウハウが培われない

専門領域を外注すると、手法を学べる側面がある一歩で、委託した領域のノウハウを社内に蓄積することが難しくなります。この生じえるデメリットを最小化するためには、外注先に業務仕様書の作成や、定期的な双方のすり合わせの実施などのお願いをすると良いでしょう。

コストが膨らむ場合がある

外注したからといって必ずコストの削減には繋がりません。当初想定していなかった領域での制度見直しが必要になるなど想定外な自体が発生し、従来よりもコストが膨らんでしまう場合があります。

選定が難しい

人事評価コンサルティング会社は多数を存在するため、一つに選定することが難しいです。以下で、選定する際のポイントをまとめましたので参考にしてください。

人事評価制度の構築の依頼先を選ぶポイント

実績・ノウハウ

実績・ノウハウの多い企業を選定しましょう。多くの企業は、実績をHPなどで提示しているため確認するようにしてください。(提示していない場合は、直接確認してみましょう。)実績がない企業に外注した場合、現実的でない評価制度の設計で話が進んでしまう可能性があります。

自社のニーズとサービス内容の合致性

人事評価コンサルティングのサービス内容は多岐に渡るため、外注する場合には、あらかじめ自社の人事制度の見直したい事を明確化しましょう。その上で、明確化した業務を委託可能な企業を選定するようにしましょう。

また、中小企業特化、○○業界特化などの場合もあるので、外注先の得意・不得意も確認しておくと良いでしょう。

担当者との相性

選定する1つの観点として「相性」を取り入れておく必要があります。知識が足りない担当者の場合変更してもらうのは当たり前ですが、知識がある場合でも「相性」は馬鹿にできない項目です。

費用

人事制度の構築や見直しに関しては、サービスを受けてみないことには、結果が分かりません。価格の安さを一番の選定ポイントにしてしまい、結果、失敗に終わってしまっては基も子もありません。しかし、なるべく効果は高く、費用は安く抑えたいものです。

人事評価コンサルティングの費用・料金相場

人事評価コンサルティングにかかる費用は、等級・職種の数、従業員数、コンサルタントが関与する範囲や程度によって変わってきます。基本的に従業員数が多いほど費用も高くなるという認識で間違いありません。

目安としては、従業員30人以下であれば、契約期間半年60万円・1年間120万円100人以上の企業になると、半年120万円・1年間240万円200人以上のある程度の規模が大きい企業になると半年180万円・1年間360万円となります。

人事評価コンサルティング会社15選

株式会社uloqo

株式会社uloqo」の取引先企業数は、50社以上にのぼり、契約継続数が90%を超えます。人事評価制度コンサルティングだけでなく、人事業務におけるあらゆる業務の代行が可能です。柔軟なサービス設計や深い専門知識を有したコンサルタントが在籍している点が特徴です。

「人事評価/人事制度設計」
企画設計にみにとどまらず、実行、その後の運用まで一貫した支援が可能。
費用月額20万~

株式会社リブ・コンサルティング

株式会社リブ・コンサルティング」は、「100年後の世界を良くする会社を増やす」ことを使命として掲げている企業です。ベンチャー、準大手がメインのクライアントとなっており、年間プロジェクト数は800を上回ります。また、顧客満足度は90%を超えており、業界平均を圧倒的に上回っています。

「人事評価制度コンサルティング」
貴社の理念・ビジョン・戦略との競合性を取りながら、いかに人材の採用・育成・評価へと落とし込んでいくかを重要視した制度設計。
費用HPに掲載なし。要問い合わせ。

株式会社ブレインパートナー

株式会社ブレインパートナー」は、大手、中小企業、零細企業まであらゆる規模のクライアントに導入実績があります。HPでは、詳細にコンサルタント紹介がされているためぜひご覧になってください。

「人事評価制度診断」

コンサルタントが、貴社の人事評価制度を分析し、課題抽出を支援します。報告会では、課題に対する具体的な解決策を聞くことができるため、専門領域のノウハウを吸収することが可能です。アドバイスの範囲は、目標設定、目標管理、人事評価、報酬制度などから時間外労働対策など幅広く支援可能。

費用50名以下規模 約2週間 60万円

50~150名規模 約2週間 100万円

「人事評価・目標管理制度設計」

プラン内容について記載なし。人事制度の中でも、人事評価制度構築または、それに加えて目標管理制度構築を支援。

費用300名~500名規模 人事評価制度構築 6か月 480万円

150~300名規模  人事評価制度構築 9ヶ月 720万円

50名~150名規模 人事評価制度構築+目標管理制度設計支援 4ヶ月 240万円

50名以下規模企業 人事評価制度構築+目標管理制度設計支援 6ヶ月 360万円

株式会社モアコンサルティンググループ

株式会社モアコンサルティンググループ」は、変革を加速する新感覚の人事コンサルティングを提供しています。導入事例先も、情報サービス、アパレル、専門商社など業界問わず可能です。HPの導入事例では、幅広い業界のクライアントへの実績が掲載されています。

「人事評価制度(業種や目的に応じたプランに枝分かれ)」

「人事評価制度」支援をサービスの中に、業種や目的に応じてプランが枝分かれしています。(「デザイナー人事評価」「クリエイティブスキル評価」「営業職の人事評価」「目標管理・業績評価制度」など)

費用HPに掲載なし。要問い合わせ。

株式会社インソース

 

株式会社インソース」は、評価制度コンサルティングは広告業界、人材サービス業界をメインに12回の実績となっているものの、応対コンサルティングなどは191回の導入実績。

「人事評価制度コンサルティング」

人の評価ではなく、「人材育成」のための評価を目的として支援を行い、評価制度の定着を狙います。

費用HPに掲載なし。要問い合わせ。

株式会社アッシュ・マネジメント・コンサルティング

株式会社アッシュ・マネジメント・コンサルティング」は、様々な業種・規模においてコンサルティング実勢があります。HPに、クライアントの業種、従業員数、支援テーマなど詳細を提示した実績が公開されています。

「人事評価コンサルティング」

人事評価の定着は「構築2割、運用割」で決まると考えており、人事評価制度構築に多額のコストをかけず、運用を重視することで制度の定着を狙う。

費用HPに掲載なし。要問い合わせ。

グロスウィズ株式会社

グロスウィズ株式会社」は、中小・ベンチャー企業1000社以上に人事評価制度導入があります。また、株式会社あしたのチームの認定コンサルタントにも任命されています。

「人事制度構築 コンサルティング」

サービスの中に「現状の評価制度分析」「人事評価制度構築・導入・運用コンサルティング」が含まれます。運用コンサルティングに関しては、2年間の運用支援を通じて人事評価制度の定着付けを行う。

費用HPに掲載なし。要問い合わせ。

株式会社アルファ・コム

株式会社アルファ・コム」は、会議指導による月次サイクル活性化支援を通じて、目標達成に向けたスケジューリングを徹底して行うことで、導入内容の定着を支援する企業です。また、地域活性化にも力を入れています。

「人事評価制度構築支援」

人事制度構築だけでなく、導入後の運用における手厚い支援が特徴。PDCAサイクルのスケジューリングを徹底することで(毎月の研修スケジュールの実施など)クライアントが自立して課題に向けて行動する循環を定着させることを目的とする。

費用HPに掲載なし。要問い合わせ。

有限会社ヒューマンリソースコンサルタント

有限会社ヒューマンリソースコンサルタント」は、「実際使える仕組み」「オリジナルの仕組み」「クライアントが主導の仕組み作り」などの実現に注力している企業です。

「評価制度構築」

構築から運用までの支援が可能。運用フェーズにおいては、制度導入1年目が肝であることから、1年間に及ぶ試験導入期間を設けている。また、本格導入後も安心できる2年間無料サポート(評価制度導入後の運用サポート、人事・労務面のトータルサポート)付き。

費用基本料金445万円+25万円(1職種または1等級につき)=料金総額(追加料金なし、」制度完成までの定額設計)

※打合せ機関が伸びた場合も一切追加料金なし

※その他オプション制度もあり

フォー・ノーツ株式会社

フォー・ノーツ株式会社」は、人材育成を目的にクライアントの事情と理念に応じながら、制度を設計することを重視しています。導入実績は、300社を上回ります。代表が記した「人事の超プロが明かす評価基準」は何度も増進に至っていることから、フォー・ノーツの提案する人事制度が普遍的かつ汎用的かつ網羅的であることが分かります。

評価制度導入実績は、業界問わずでベンチャー・中小企業がメインとなっています。

「人事制度構築」

普遍的な評価制度をクライアント各社のニーズに応じて適応させ、実際の運用まで支援可能。

費用HPに掲載なし。要問い合わせ。

株式会社ネクストプレナーズ

株式会社ネクストブレナーズ」は、現在まで約2000社以上の診断実績があり、中小企業だけでなく、1000名以上の大企業などへの導入実績があります。

人事評価制度コンサルティング
社員の頑張りや成果が報酬と連動する仕組みを株式会社あしたのチームの「ゼッタイ!評価」を使い構築。運用面でも徹底的なサポート付き(毎月の定期訪問など)。
費用HPに掲載なし。要問い合わせ。

株式会社常進パートナーズ

株式会社常進パートナーズ」は、サービス業(美容系、整体系、スポーツジム、飲食系など)への導入実績が充実しています。

「人事評価制度構築」
評価制度構築の際に、従業員の将来像を明確化し、会社の経営計画と従業員の夢の実現をリンクさせることを重視し、評価基準へ落とし込みを行う。その後、従業員の納得感を高めるため、評価結果と昇進・昇給の関係性を明確化。
費用HPに掲載なし。要問い合わせ。

マックブレイン株式会社

マックブレイン株式会社」は、100名以下から4500名以上の規模感のクライアントに導入実績があります。人事評価領域に関しては、「コンピテンシー評価」「役割・役職・職務各評価作成」「上司評価」「360度評価」などの評価制度を設ける支援をしています。
「人事考課コンサルティングサービス」
サービス内には「コンピテンシー評価」「アンケート評価」「役割・役職・職務各評価作成」「360度評価」「上司評価」など様々な評価制度の設計支援が可能。
費用HPに掲載なし。要問い合わせ。

TOMAコンサルタンツグループ株式会社

TOMAコンサルタンツグループ株式会社」は、税理士、公認会計士、社労福祉士、中小企業診断士など様々な分野の専門家が200名在籍しているため、一貫したソリューションで経営課題をトータルサポートすることができます。会計業務を中心としていますが、人事領域におけるコンサルティングも行っています。

人事制度コンサルティング
構築のみにとどまらず、導入後も継続的に運用をフォローし、新たに発生する課題の解決を行う。また、「web人事評価制度」や「社員満足度調査」など、運用を助長するツールの提供も可能。

費用

HPに記載なし。要問い合わせ。

株式会社あしたのチーム

株式会社あしたのチーム」は、20年間にも及ぶノウハウを基に、500を上回る導入実績があります。また、中小・ベンチャー企業に特化した制度構築を行っています。
制度構築「コンサルティング」
コンサルティングサービスは、「目標シート設計&スタートアップフォローサービス」と「報酬制度設計」の2つのプラン。
導入スケジュールとして4~8回に及ぶミーティングを組み込み、評価制度を始動するまで、詳細に支援可能。

費用

「目標シート設計&スタートアップフォローサービス」 MTG6回+考課者研修+社員説明会+目標添削 300万円~
「報酬制度設計」MTG5回  200万円~

まとめ

いかがでしたでしょうか。人事評価コンサルティングサービスを利用する際には、選定する際のポイントを踏まえたうえで自社に最適な評価制度の導入を行うようにしましょう。

【関連記事】
人事業務代行(人事アウトソーシング)とは?サービス16選比較!
人事考課の書き方から例文、考課時エラー要素について徹底解説します。
人材ポートフォリオとは?人材配置における利用上のメリットや手順、注意点を徹底解説します

人材育成担当必見!人材研修サービス20選!
失敗しない人事評価制度の作り方とは?評価基準や評価方法について徹底解説!

人事評価制度コンサルティングならお任せください

✓広告業界最大手グループのネット広告代理店等、50社以上との取引実績あり
契約継続率90%以上を誇る高品質サービス
月額200,000円~の圧倒的コストパフォーマンスを実現
✓調査から制度検討、シュミレーション、運用までトータルでサポート
✓評価者研修、従業員に向けた説明会、評価シート作成、1on1面談コンサルティング等も実施
✓少数精鋭だからこそ実現出来る、柔軟なサービス設計・ご対応

 

▼サービスに関するお問い合わせはこちらから

お名前 (必須)

会社名 (必須)

お電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

選択してください

シェアお願いします!