キャリア段位制度

「キャリア段位制度」とは政府の新成長戦略である「21の国家プロジェクト」のひとつで、実践キャリア・アップ戦略の成長分野における人材育成を進めることにより、労働移動を促すための実践的な職業能力の評価・認定制度です。

キャリア段位制度を詳しく

実践的な職業能力に重点を置いており、「知識」と「実践的スキル」の両面から評価し、7段階のレベル分けをする方法です。

認定対象となる3つの分野とは?

(1)介護プロフェッショナル

主に高齢者の介護を仕事にしている方です。資格認定をもらっているというだけでなく、現場でどのようなスキルを持ち貢献しているかを客観的評価に基づきレベル分けし、給与などを考える際、判断基準にすることができます。

(2)カーボンマネジャー

省エネと温室効果ガス(GHG)を削減と吸収に関する診断、アドバイス実践ができる方のことです。省エネから炭素クレジットなど幅広い知識、知識、技能などを評価と認定を受けることにより、総合的なマネジメントができることを、広くアピールすることができます。

(3)食の6次産業化プロデューサー

1次産業2次産業3次産業の一体化や連携を行い、新たな価値のあるビジネスを創造する人のことです。より高い認定をもらうことでビジネスパートナーやクライアント、消費者などからの信頼感が生まれます。

 

シェアお願いします!