コーチング

「コーチング」とは、コーチングを受ける人(クライアント)を目標に導くことを言います。

コーチング(coaching)とティーチング(teaching)の違い

ティーチングとはクライアントに対して何かを教え、目標に近づけることを目的としています。そのため、ティーチングする側が話す量が圧倒的に多くなります。
一方で、コーチングとはクライアントが話すことが7割以上あり、それを聞きクライアントの持つ力を引き出し目標に近づけることを言います。

コーチングのやり方や手法、スキル向上のために・・・

(1)傾聴

クライアントが上司や経営者に対し、何でも話せるような環境作りをする必要があります。上司が一方的に話し、部下が話せない環境が多く見受けられる現代の日本社会で、コーチングを行うためにはこのような環境改善が必要です。

(2)質問

より相手の話を深く探るため、質問をし、クライアントが理解するまで続けるようにしましょう。クライアントが独自に正しい答えに行きつくようにサポート役に徹底する必要があります。さらにクライアントが理解に時間がかかる場合もあるので十分に時間を取る必要があります。

(3)承認

相手のすることを正確に認め評価することが必要です。話した内容に正しい部分、間違った部分を論理的に明白に伝え評価します。また、外見の変化に一言「いいね」と言ったり、成長の変化「プレゼンがうまくなったね」と言ったりすることが重要です。

シェアお願いします!