女性管理職比率

Last Updated on 2019年10月7日 by uloqo

「女性管理職比率」とは、企業または、その分野での管理職における女性の割合のことです。日本は世界の中でも女性管理職比率が低く、日本社会が抱える大きな課題の一つとなっています。

世界の女性管理職比率は?

国際労働機関(ILO)の発表によると、2018年に世界の管理職に占める女性の割合は27.1%でした。

日本の女性管理職比率は?

日本の女性管理職比率は12%と主要7カ国(G7)で最下位であり、女性の管理職への登用は遅れています。

シェアお願いします!