ガクチカ

「ガクチカ」とは「学生時代に力を入れたこと」を略した、就職活動中の学生の間でよく使われる就活用語の一つです。

「ガクチカ」という言葉が生まれた背景

「ガクチカ」という略語が生まれたのは、新卒採用面接において「学生時代に力を入れたことは何か」という質問が必ずといっていいほど訊かれるからです。エントリーシートにおいても、ほとんどの企業が質問項目の一つに入れています。

「ガクチカ」を聞く理由

学生に対して何に力を入れてきたかを訊くことで、その学生の趣味嗜好、価値観が分かります。さらに、具体的にどのような取り組みをしたのか、それを通して何を学んだのかなど、話を広げていけば、学生についてより深く知る手がかりになります。

学生の「ガクチカ」づくり

「ガクチカ」をネタ勝負と捉える学生も多く、「ガクチカ」をつくるために被災地へボランティア活動をしに行く学生も現れています。

シェアお願いします!