モチベーション・マネジメント

「モチベーション・マネジメント」とは、従業員が目標をもって意欲的に仕事に取り組むことができるように、企業が行う施策や管理のことを指します。

モチベーション・マネジメントの効果

(1)従業員の生産性向上

従業員のモチベーションを高く保つように管理することによって生産性や成果を高めることができます。

(2)従業員の離職率防止

従業員のモチベーションをリアルタイムで把握することで、モチベーションが低い従業員のフォローを行うことができます。その結果、従業員の離職率低下につながります。

モチベーション・マネジメントの実践例

(1)従業員との積極的なコミュニケーション

従業員に対して「声をかける」「ほめる」「意見を聞く」「情報を共有する」「一緒に考える」「ヒントを与える」などのコミュニケーションを積極的に行うことによって、従業員は自分がチームの一員であると自覚することができ、モチベーションの向上につながります。

(2)ピアボーナス制度の導入

ピアボーナス制度とは、表面化されにくい仕事による成果に対して、従業員同士が成果給を送りあうことができる制度のことです。この制度によって従業員同士がお互いの良い部分に気づきやすくなり、これまで表面化されていなかった仕事も評価されるようになるため、従業員のモチベーション向上につながります。

シェアお願いします!