社外取締役

「社外取締役」とは、社内から昇格した取締役とは異なり、取引きや資本関係のない社外から迎えられた取締役のことです。企業経営をチェックする役割を果たします。

社外取締役を設置するメリット

・社外からの視点を取り入れることによって、取締役会の議論の活性化が期待できる。
・企業の取締役を監視することで、企業不祥事を予防できる。
・企業の透明性を高めることができる。

社外取締役を設置するデメリット

・議論が活性化する反面、明確な方向性へ舵を切ることができるリーダーシップが経営者に必要とされる。

シェアお願いします!