リファラル採用成功への道、国内外サービス比較

こんにちは。digireka!HR編集部です。今回は日増しに重要性が高まっている「リファラル採用」のメリットデメリットおよび、国内外サービスの比較を行いました。本記事を参考に、これからの採用の在り方について考えてみてください。

そもそもリファラル採用とは?

リファラル採用とは、社員が友人などの人材を自社に紹介する採用方法のことであり、近年注目を集めています。リファラルリクルーティングや社員紹介採用とも呼ばれています。

リファラル採用はアメリカでは8割を超える企業が実施しているというデータも出ており、日本でもこれからの採用方法として期待されています。

リファラル採用が注目される背景は?

なぜ、今リファラル採用が広がってきているのか、その背景を見ていきましょう。日本企業は、人材不足と雇用のミスマッチによる離職率の高騰という大きな問題に直面しています。

人材不足


参照及び引用:厚生労働省「人手不足の現状把握について

平成30年に厚生労働省によって出された「人手不足の現状把握について」によると産業別にみてもかなりの産業で人手不足が本格化していきます。


参照:)『マイナビ転職 中途採用サポネット』中途採用状況調査

そのため、企業の採用にかける採用予算やコストは年々大きくなり、だれでもいいから人を集めていくという広告求人から、よりマッチング率の高い人材紹介会社への予算の分配がなされてきています。

それでも、「年々採用コストが高騰している」「お金をかけて採用したのに、半年でやめてしまった。」など、企業は採用において様々な課題に直面しています。

雇用のミスマッチの増加


参照及び引用:厚生労働省「雇用動向調査」https://www.jil.go.jp/kokunai/statistics/timeseries/pdf/g0210.pdf

求職者側と求人側の意見や能力把握の不一致によって、早期退職者や失業者が増加しています。平均すると、1年で1企業あたり15%従業員が離職しているという現状があります。新卒であっても3年以内での離職率は3割を超えていました。(https://news.mynavi.jp/article/20181024-712660/

トヨタ自動車の豊田社長が「終身雇用を守っていくのは難しい局面に入ってきた。」と発言し、終身雇用、年功序列、新卒一括採用の崩壊が徐々に現実味を帯びていきています。大手企業に入ったら一生安泰という日本特有の考えも徐々に説得力を伴わなくなっています。

リファラル採用のメリット

マッチング率の担保

実際に雰囲気や評価制度など内部を知っている社員から能力や性格を知っている人を紹介してもらうため、紹介時点である程度のマッチングが保証されています。また、求職者側も知り合いに本音の話を聞くことができるので、入社時のギャップが最小限になります。

採用コストの削減

社員が直接紹介するため、メディアやエージェントの仲介料がかかりません。そのため、転職エージェントを使うと平均で100万かかると言われているコストを削減し、人材を獲得できることになります。

リファラル採用のデメリット

紹介者への依存

リファラル採用の注意点として、マッチング率やボンド構築(社内の関係構築)に関しても、紹介者に依存します。

友人や身内とはいっても、一緒に仕事をしたことがなかったり、他者へのコミュニケーションに問題があったりとミスマッチにつながる可能性があります。また、リファラルの誘い方や会社への認識も属人的になってしまいます。

他社員の理解

会社や社員によっては、いわゆる「コネ入社」のようなものであるリファラル採用をよく思ってない人が出てくる可能性があります。

社員の理解がないままに人事がリファラル採用を推し進めることで、社員のエンゲージメントが落ちる恐れがあることを忘れてはいけません。

国内サービス・アプリ比較(特徴、導入実績)

Myrefer

特徴・スマートフォンに最適化され、ワンクリックで簡単に紹介!
・ゲーミフィケーションの要素を取り入れ、紹介を加速!
・既存の求人票を一括で、社員に告知!
・社員紹介状況をリアルタイムで可視化!
・退社した社員にも、再入社の案内!
導入実績:約3000社

Refcome

特徴・シンプルな紹介フローで手続きを効率化!
・可視化分析でボトルネックを早期発見!
・安心の専任コンサルタント制!
・すでにリファラル採用を導入していても支援可能!
導入実績:約850社

GLOVER Refer


特徴・設計から振り返り、改善まで、プロがサポート!
・ランキングなどで推進状況を可視化
・社員情報からテンプレートまで一括送信で業務簡略化!
契約会社数:約150社

海外のリファラル採用事例は?

紹介ボーナス

アメリカでは8割が紹介ボーナスの仕組みを取り入れています(CXR調査より出典:CareerXroads ,Brown Bag Lunch Webinar REFERRAL Practices,2012年1月)。

ボーナス対象者を社員だけではなく、社風を十分に理解している社外人材にまで適用範囲を拡大している企業もあります。ボーナスを支払うタイミングは、新規採用者の入社30日~4か月と企業によってばらつきがあり、最高で$25,000(およそ270万円)ものボーナスを出している企業もあるそうです。

LinkedIn


LinkedInは、2010年に「Referral Engine」を発表しました。マッチングテクノロジーによって自身が登録した人脈の中から求人に合う最高候補者3人がトップページに来るようになっています。

また、定期的に社員にリファラルについて配信を行っていくため、社員にリファラルの候補者について考える機会を提供しています。

国内のリファラル採用事例は?

メルカリ

メルカリでは、リファラル採用で社員の約6割が採用されており、会食の費用などを全額会社負担するなど、社員がリファラル採用しやすいような環境づくりができています。

また、自社メディアである「mercan(メルカン)」を立ち上げ、社員にバリューを浸透させるという働きかけもしています。社員へのバリュー浸透によってエンゲージメントが上がり、リファラル採用に意欲的な社員が増えるなどの効果が出ているとの事です。

LINE

LINE株式会社では、2019年7月1日より、リファラル採用を強化していく方針を発表しました。「LINE STYLE」に共感する優秀な人材を社員とともに作り上げていきたいとしています。人材紹介と比べて、応募から就社までのパーセンテージが約10倍と精度の高いものになってる現状から、この決断に踏み切りました。

ビズリーチ

ビズリーチは創業当初からリファラル採用を行ってきました。リファラルで入社した社員が最も多く、「事業作りは仲間探し」というキャッチフレーズでリファラル採用を推し進めています。チーム制を置いており、チームで協力しながらリファラルの母数を増やしています。優秀者には、豪華ディナーをプレゼントするというインセンティブを設けています。

日本企業でリファラル採用は成功するのか?

これからはリファラル採用が主流になっていく

アメリカでは最も主流な採用方法であるリファラル採用がなぜ日本では遅れているか?それは日本企業の従業員には自社愛がないため、他人や知り合いに自社を勧めたいと思わないという理由が考えられます。

この図で分かるように、日本の熱意溢れる社員の割合は6%とかなり低く、会社をよりよくするために動いている社員が少なく、ましてや友人や身内を自社で働かせようという気は起きません。これがリファラル採用が普及してこなかった一番の原因ではないかと考えられます。

少子高齢化、離職率増加により人材不足に苦しむ企業は、社員のエンゲージメントを高め、社員が会社を好きに、愛を持ってもらえるような働きかけをしていく必要性が高まっています。現在のエンゲージメント6%から、自社愛を持った人が増えれば増えるほど、リファラル採用の可能性は広がっていきます。

リファラル採用成功のカギは、従業員の企業に対するエンゲージメントをいかに高めていけるかになっていくのではないでしょうか。

まとめ

いかがでしたでしょうか?日本企業が抱えている2つの大きな問題に対して、採用という方法からアプローチしていく時代がもう来ています。日本企業も続々とリファラル採用を本格的に取り入れ始めています。これからリファラルに関してもたくさんのサービスや方法が出てくると思います。

エンゲージメントを高め、社員の協力を得ることができるかどうかがリファラル採用の肝になってきそうです。これからの採用戦線に目が離せません。

【関連記事】
採用代行(RPO)サービス比較26選!業務内容、費用、メリット・デメリットまで徹底解説
企業は新卒採用において「就活クールビズ」を導入するべきか?
企業がインターンシップを行う目的とは?種類、実施内容、実施状況、メリット、実施する際のポイントを解説
コンピテンシー面接とは?企業が導入するメリット、実施方法など徹底解説!
徹底解説!採用選考や研修で実施できるグループワークの種類や手法
【採用担当者必見】内定辞退を防止する方法!内定辞退者の現状や取り組み事例まとめ

人事課題をお持ちのご担当者様へ

✓広告業界最大手グループのネット広告代理店等、50社以上との取引実績あり
契約継続率90%以上を誇る高品質サービス
月額200,000円~の圧倒的コストパフォーマンスを実現
✓デジタルマーケティング業界出身のコンサルタントだからこそ業界・事業を熟知
✓少数精鋭だからこそ実現出来る、柔軟なサービス設計・ご対応

 

▼サービスに関するお問い合わせはこちらから

お名前 (必須)

会社名 (必須)

お電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

選択してください

シェアお願いします!