シックスシグマ

「シックスシグマ(Six Sigma)」とは、主に製造業で使用される経営管理手法・品質管理手法です。日本企業によるQCサークル活動(職場で働く人々が小グループで自発的に製品・サービス・仕事などの質の管理・改善する活動)を参考にしながら、そこに統計学的手法を取り入れ、品質管理活動に定量的な評価を与えられるように開発されました。品質のばらつきの抑制のすることに主眼が置かれています。

シックスシグマの進め方

シックスシグマは「DMAIC」と呼ばれる5つのステップを通して行われます。
1.Define(定義)
2.Measure(測定)
3.Analyze(分析)
4.Improve(改善)
5.Control(定着)

シックスシグマのメリット

・様々な業種の組織で活用できることから、汎用性がある。
・組織内の価値観を可能な限り排除して客観的に調べる必要があるため、客観的なデータを活用できる。
・活動遂行の過程でマネジメントスキルやコミュニケーションスキルなどが必要とされるため、メンバーの能力向上が期待できる。

シェアお願いします!