サクセッションプランニング

「サクセッションプランニング」とは若手の中から潜在能力を持っている幹部人材や経営者人材を長期的な計画の元に育てていくことを言います。外部からの登用ではないため採用・育成コストが低いというメリットがあります。

サクセッションプランニングの重要性

発展してきた企業がこれからも発展していくためには、今までの経営者かそれ以上の能力を持った人を確保しなくてはいけません。

サクセッションプランニングにおけるコーポレートガバナンスコード

コーポレートガバナンス・コード(上場企業が守るべき企業統治指針)によると「取締役会は、会社の目指すところ(経営理念等)や具体的な経営戦略を踏まえ、最高経営責任者等の後継者の計画(プランニング)について適切に監督を行うべきである。」と定められています。

日本企業における課題

廃業する中小企業のうちおよそ二割が後継者不在により廃業しています。そして日本企業において中小企業はその99%を占めています。日本において後継者育成は大きな課題といえます。

シェアお願いします!