働き方改革

「働き方改革」とは、「一億総活躍社会」の実現に向けた取り組みで、多様な働き方を可能にし、中間層の増加を試み、格差の固定化を除外し、成長と分配の好循環を生み出すことを目的としています。

「働き方改革」とは?

「働き方改革」とは、今日本のおかれている状況を打破する為に2016年頃から安倍内閣により進み出した改革です。 日本の総人口は日々減少しており、それに伴い労働人口も急速に減っています。 働き手が減少することで国の生産力も当然落ちてしまうため、他国が急激に経済的に伸長する中、日本だけ取り残されてしまう恐れがあります。 この現状を解消するために、「働き方改革」では少ない労働人口の中でも効率的に日本の経済を回す取り組みが行われています。

働き方革命法案の概要・内容

働き方革命を推進するために、2019年に法律の整備が一部施行されました。
(1)働き方改革の総合的かつ継続的な推進
(2)長時間労働の是正、多様で柔軟な働き方の実現等
(3)雇用形態にかかわらない公正な待遇の確保

シェアお願いします!