計画された偶発性理論

計画的偶発性理論についての解説です。

「計画的偶発性理論」とは

米国スタンフォード大学のジョン・D・クランボルツ教授が提唱したキャリア理論です。
「キャリア形成の8割は予期しない、偶然起こることで形成される」としています。
その予期せぬ出来事に出会った際にポジティブに向き合い、解決にベストを尽くしていくということの積み重ねにより、よいキャリアが形成されていくと提唱しています。

計画的偶発性理論を実践する方法

どうすればあらゆるチャンスを活かすことができるのか、クランボルツ教授は5つの行動指針を上げています。

(1)好奇心

常に新しい学習の機会を模索し続けること
(2)持続性
失敗に屈せず、努力し続けること
(3)楽観性
新しい機会は必ず実現し、可能になるとポジティブに考えること
(4)柔軟性
こだわりに固執せず、信念、概念、態度、行動を変えること
(5)冒険心
結果が不確実であっても、リスクに恐れず行動を起こすこと

 

シェアお願いします!