圧迫面接を採用活動に取り入れるのは?面接官が圧迫面接をやめるべき理由を徹底解説!

Last Updated on 2021年8月18日 by uloqo

こんにちは。digireka!HR編集部です。近年多くの求職者に取りざたされる圧迫面接をご存知でしょうか。圧迫面接は採用面接活動において注意を払わなければいけない、極めて重要な問題になっています。本記事では圧迫面接の実態について徹底解説します。

圧迫面接とは?

圧迫面接とは、面接官の高圧的な態度や発言により、求職者が返答し難い面接のことです。もっともよくある例が、面接中に面接官が話を聞かない全く興味がない様子を示す、といった態度によって求職者を圧迫するものです。また近年では面接官が深く鋭い質問を投げかけたことによって、「圧迫面接をされた」と捉える学生も多いです。意図せず圧迫面接と捉えられないようにするためにも、圧迫面接について詳しく知っていくことが必要です。

圧迫面接が行われていた理由

圧迫面接はここ最近まで多くの企業で行われているケースがありましたが、近年圧迫面接を導入している企業の数は減少しています。
かつて圧迫面接が取り入れられていたのは、求職者にストレス耐性があるか、難題にも立ち向かえる機転を持ち合わせているか、ということを確かめるためにありました。業界職種によっては、顧客や営業先からのクレームによってストレスがたまる場面がよくあります。

圧迫面接をするデメリット

圧迫面接を導入することには多くのデメリットがあります。多々ある導入デメリットについて、今回は企業イメージが悪くなる、内定を出しても辞退される可能性がある、圧迫面接を受けた人材への悪影響、の3つについてご紹介します。

企業イメージが悪くなる

企業の人材採用者が最も気を付けなくてはならないのが、企業イメージや評判を育成し、守り続けるということです。近年圧迫面接は多くの求職者に嫌われる傾向にあります。つまり圧迫面接を求職者に施すと、圧迫面接の「企業晒し」をされる場合があります。
「企業晒し」とは、圧迫面接を施した企業をSNSにて共有し、さらに多くの求職者が知ることができるように晒す、ということです。採用活動の面接で企業ブランドを下落させる事は出来るだけ避けた方が良いのではないでしょうか。

また圧迫面接に限らず、面接で不採用となってしまった求職者は、不合格となった企業に対してマイナスなイメージを、持ち続けるということも良くあるケースです。企業にマイナスな印象を持っているままでは、サービスや商品を購入しないということだけでなく、SNSでのネガティブキャンペーンをされる可能性もあります。自社のブランドを守るためにも、採用活動には細心の注意を払う必要があります。

内定を出しても辞退される可能性がある

圧迫面接を行う2つ目のデメリットに、内定を出したとしても辞退される可能性がある、ということが挙げられます。圧迫面接を行っている企業は、マイナスなイメージを持たれることが良くあります。そのため企業に就職したとしても、職場環境が良くないのではないかという不安から内定辞退を申し出る人も多いです。

採用担当者の多大なコストをかけて、選出した内定者が辞退してしまうことは、非常に効率が悪いです。できるだけ内定者の辞退を防ぐような工夫が必要になってくるのではないでしょうか。

圧迫面接中に帰りだす求職者も

圧迫面接は求職者にとって大きなストレスです。そのため多くの求職者は我慢をし、必死に面接を受け続ける方が多いです。ですが中には、圧迫面接を未だに導入しているような会社には就職したくないという思いから、面接中に帰り始める求職者もいます。面接中に帰られてしまうような状況を作り出してしまうことは、企業にとっても求職者にとっても良い状況ではないため、避ける事が必要ではないでしょうか。

圧迫面接でよくある面接実態例

圧迫面接でよく行われる面接実態例について紹介します。

人格を否定する

圧迫面接で多く見られる実態の1つに人格を否定することがあります。人格を否定する事は、最も求職者を屈辱することの1つです。そもそも人格を否定することは、面接官という高い立場を盾に、求職者を苦しめることであるため、絶対に行ってはいけません。また刑法における屈辱罪にあたります。

求職者を追い詰め、苦しめる

求職者を追い詰め、苦しめるということも圧迫面接にて行われる実態例です。追い詰めるということには具体的に、「なぜその企業でなくてはダメなのか。」「なぜあなたを雇うことにメリットはあるのか。」という発言に当たります。また必要以上に求職者に質問を投げかけることも、追い詰め苦しめる事に当たる可能性もあるため、発言の選択をしっかり行うことも必要です。

求職者を怒鳴りつける

その他にも求職者を怒鳴りつけるということがあります。近年面接時に怒鳴りつけるという採用担当者様は、ほぼいらっしゃらないでしょう。怒鳴りつけるということは言うまでもなく面接において不適切な行動です。

圧迫面接は時代に合っていない

圧迫面接は多くの求職者に好まれない面接スタイルです。そのため現代において圧迫面接を導入している事はあまり良くないと捉えられる事が多いです。
そもそも求職者の中には圧迫面接を受けたくないため、圧迫面接を行う企業を志望しないという人もいます。より優れた人材を低コストで獲得するために圧迫面接を取り入れることは不適当です。そのため圧迫面接を取り入れている担当者様は、もう一度面接スタイルについて考え直してみるのはいかがでしょうか。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は近年多くの求職者が選考を受ける際に懸念する圧迫面接についてご紹介しました。圧迫面接を採用担当が意図せずしない為に、この記事を参考に採用活動について取り組まれてみてはいかがでしょうか。

 

【関連記事】
人事制度コンサルティングとは?業務内容や費用を解説します。
降格人事とは?違法性や処分内容、注意点などについてご紹介します!
人材ポートフォリオとは?人材配置における利用上のメリットや手順、注意点を徹底解説します
複線型人事制度とは?メリット・デメリット、事例や導入企業を詳しく解説します
CHRO (CHO) とは?人事部長との違いや役割を徹底解説
メンター制度を導入するメリット、導入事例、注意点など徹底解説!
ブラザーシスター制度とは?目的、メリット、導入事例をご紹介します!
【事例あり】アルムナイ制度とは?メリット、デメリットなどを徹底解説
社外取締役を導入するメリット、導入事例、注意点など徹底解説!
ジョブカードとは?制度、メリット、作成方法、記入例などを徹底解説!
玉突き人事とは?適切な人事異動のポイントを徹底解説!

内部通報制度とは?窓口の設置目的や設計方法、運用ポイントをご紹介します!

人事課題をお持ちのご担当者様へ

✓広告業界最大手グループのネット広告代理店等、50社以上との取引実績あり
契約継続率90%以上を誇る高品質サービス
月額200,000円~の圧倒的コストパフォーマンスを実現
✓デジタルマーケティング業界出身のコンサルタントだからこそ業界・事業を熟知
✓少数精鋭だからこそ実現出来る、柔軟なサービス設計・ご対応

 

▼サービスに関するお問い合わせはこちらから

お名前 (必須)

会社名 (必須)

お電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

選択してください

シェアお願いします!