内定ブルー

「内定ブルー」とは、就職活動で企業から内定を獲得した学生が、入社企業を決めた後にも漠然とした不安を感じて気分が沈んでしまう状態を表した言葉です。

第一志望でも「内定ブルー」に陥る理由

例え内定先が第一志望であったとしても、学生が「内定ブルー」に陥ってしまう不安要素として挙げられるのが、

(1)社会人としてやっていけるのか
(2)同期や社員と良い関係性を築けるのか
(3)選んだ企業が最適であったのか
(4)働きたくない・社会人になりたくない などです。

転職でも起こり得る「内定ブルー」

「内定ブルー」に陥ってしまうのは新卒の学生だけではなく、転職先の内定を獲得した社会人でも起こり得ます。必死に得た内定であっても、内定先が決まった途端に今の職場が良く見えてきたり、新しい職場での人間関係に不安を感じたりなど、漠然とした不安を感じてしまうことがあります。

「内定ブルー」に陥ってしまった学生・社会人に対して企業ができること

「内定ブルー」に陥っているほとんどの学生や社会人は、特に理由もなく漠然とした不安を感じてしまっています。企業は、入社を控えている内定者の不安をできるだけ取り除いてあげる必要があります。例として、

(1)事前に懇親会を開いたり、紹介の場を設けるなど人間関係の不安を取り除く
(2)頻繁に内定後面談を実施したり、相談しやすい環境を作る

などが挙げられます。

シェアお願いします!