テクノ失業

「テクノ失業」とは、人工知能やインターネットなどの最新テクノロジーの発達に連れたち人間の知的や肉体労働が置き換えられたことにより発生する、失業のことです。

迫りくる「テクノ失業」

野村総研が2015年に発表したレポートによると、今後10年から20年の間に日本の労働総人口の約50%がテクノロジーにより置き換えられる可能性があるということです。失業する可能性が高い主な職種分野として、AIが得意とする ①識別 ②予測 ③実行に関するものが多いといわれています。

例として、

(1)窓口・受付業務
(2)レジ係
(3)ドライバー などがあげられます。

参照:) 「野村総合研究所 日本の労働人口の49%が人工知能やロボット等で代替可能に」

「テクノ失業」の対策法

「テクノ失業」に備えるためには、人工知能やコンピューターに置き換えられない職種やスキルを得ることが必要となります。「テクノ失業」に強い職種の例として、

(1)クリエイティブ関連
(2)編集者・記者・ディレクター
(3)各種カウンセラー・インストラクター

などが挙げられます。

シェアお願いします!