ファブレス経営

「ファブレス経営」とは、メーカーが自社で生産設備を持たず、商品の製造を全て他社に委託する経営方式です。

「ファブレス」の意味

「ファブレス(fabless)」とは、工場(fabrication facilityの略fab)を持たない(less)という意味があります。 つまり、工場を持たないメーカーが自社で企画・開発した商品の製造を他社の生産工場に委託して、自社ブランドとして販売を行う経営方式のことをいいます。

ファブレス経営のメリット

ファブレス経営のメリットとして、主に次の4つが挙げられます。

(1)初期の設備投資などが基本的に不要
(2)生産に伴う経営コストの削減が可能
(3)浮いた経営資源を自社が持っている強みに注力できる
(4)資金が固定化してないため市場の変化に柔軟に対応できる

ファブレス経営のデメリット

反対に、ファブレス経営のデメリットとして、主に次の4つが挙げられます。

(1)経営コストが抑えられる反面で外注コストがかかる
(2)外部に製造を委託するため、安定した品質管理がしづらい
(3)外部に製造を委託するため、製造ノウハウの蓄積や改善点の把握ができない
(4)情報漏えいのリスクがある

ファブレス経営を取り入れている企業

実際にファブレス経営を取り入れている企業として、 キーエンス、アップル、伊藤園 などが挙げられます。

シェアお願いします!