ハインリッヒの法則

Last Updated on 2019年10月11日 by uloqo

「ハインリッヒの法則」とは、労働災害における経験則の一つで、1つの重大事故の背後には29の軽微な事故があり、その背景には300の異常が隠れているというものです。「1:29:300の法則」とも呼ばれます。

1929年にハーバート・ウィリアム・ハインリッヒにより論じられ、現在でも医療や介護など様々な分野で危機管理対策や災害防止のために活用されています。

ハインリッヒの法則と介護

介護事故は人命に関わる重大な事故に発展する可能性も高いため、ハインリッヒの法則を活用した危機管理対応マニュアルが作成されています。

ハインリッヒの法則と医療

医療分野では、介護分野以上に重大な事故に発展する可能性が高いため、ハインリッヒの法則を基に医療事故防止施策が作成されています。

シェアお願いします!