健康経営

「健康経営」とは、従業員の健康促進を行い、企業内の生産性と活力の向上を上げて効率的な経営につながるようにする、「健康」と「経営」を関連させた経営戦略である。

健康経営のメリット

(1)従業員のモチベーションにつながる

健康増進に伴い、生産性や活力が向上され目標に達しやすい環境作りができる。

(2)企業経営の向上

従業員の生産性や活力が向上すれば、企業の経営も好調に発展できるのは必然です。

(3)人材問題解消

健康に力の入れている企業は働きやすく、従業員のエンゲージメント向上につながります。さらに健康経営の取り組みは「ホワイト企業」という位置づけに代わり、採用に関して優秀な人材が集まりやすくなることがあります。

経済産業省と厚生労働省の連携

政府もこの取り組みを促しており、「ホワイト500」への認定などを行っている。経済産業省によると、大規模法人部門に817法人、中小規模法人部門に2502法人が、日本健康会議により健康経営優良法人2019に認定されています。
参照:)経産省HP

シェアお願いします!