昼寝制度

「昼寝制度」とは、企業が社員に対して、就業時間中に仮眠をとることを認める制度のことです。

「昼寝制度」の目的・メリット

目的としては、作業能率の改善やミスの防止があります。また、仮眠をとることにより脳が活性化され、生産性が高まるメリットもあるとされています。

「パワーナップ」とは?

昼寝をすることによって得られる効能は、「パワーナップ」として世界中から注目が集められています。昼寝を意味する「nap」と、パワーアップの「power-up」をつなげた言葉となっています。

「シエスタ」とは?

「シエスタ」とは、スペインの習慣の一つで、昼寝の有無に限らず、約2時間という長いお昼休憩をとることを指します。

「昼寝制度」を導入している海外の企業

欧米では、グーグルやナイキなどの多くの有名企業が「昼寝制度」を導入しています。

「昼寝制度」や「仮眠制度」を導入している日本の会社

日本では、2018年から三菱地所が「仮眠制度」を導入し、仮眠室を整備しています。

シェアお願いします!