プレミアムフライデー

「プレミアムフライデー」とは、簡潔に説明すると、「月末の金曜日は早めに仕事を終えましょう」というキャンペーンです。

プレミアムフライデーの目的

プレミアムフライデーは、2017年から始まった新しいキャンペーンで、個人消費を促すとともに働き方改革への波及効果を目的としています。

2019年におけるプレミアムフライデーの現状

「プレミアムフライデー」は、経済産業省と経済団体連合会が中心となって提唱・推進しているものの、義務化されているわけではなく、導入は企業の判断に任されています。 開始から2年経った2019年現在では、プレミアムフライデーが発表された当時の熱はほぼ冷めていて、存在自体がすでに忘れ去られている様子も見られます。

「プレミアムフライデー」導入企業の割合

ゼネラルリサーチが2019年に発表した「プレミアムフライデーに関する意識調査」によれば、プレミアムフライデー自体の認知度は90%を超えたものの、実際に導入している企業は約10%と非常に低いことが判明しています。

参照:) 「ゼネラルリサーチ プレミアムフライデーに関する意識調査

シェアお願いします!