科学的管理法

「科学的管理法」とは、人材を客観的、科学的に整理し管理するマネジメント方法です。20世紀初頭、アメリカ人のフレデリック・テイラーが提唱した方法で、「テイラー・システム」と呼ばれることもあります。

科学的管理法の三つの方法

(1)課業管理
労働者それぞれの仕事量を正確に図り、経営者の主観的なカンや目分量ではないような客観的な科学的ノルマを決定します。1日の仕事量をタイマーなどで分析し、どのような手法が効率的であり生産性があるのかを研究します。

(2)作業の標準化
労働者の仕事の流れなどをマニュアル化します。作業の研究から明らかになった効率性の高い手法を基に特定の作業に費やす時間を明確にします。

(3)最適な組織形態
給料を出来高制にし、ノルマ達成した者と達成しなかった者の給料を差別化します。出来高制にすることによりそれがノルマ達成のインセンティブになります。

科学的管理法とフォード社の関係

1903年に創業したフォード社は科学的管理法を適切に活用し成功を収めました。アメリカの機械産業に大きな影響を与え、現代にもこの方法が広がりました。

科学的管理法は現代でも有効なのか

現代でも当たり前のように使われている手法だといえます。しかし、機械化が進んだことによって、必要性が薄れてきています。機械産業ではない、知識や対人関係などが重視される産業が盛んな日本の現代でも、労働効率を上げる方法として応用していくことが大切であると言えます。

シェアお願いします!