エージェントバンクが提供する「求人データベース」とは?その他のサービス各社も徹底比較!

Last Updated on 2021年5月28日 by uloqo

こんにちは。digireka!HR編集部です。人材紹介ビジネスに特化した「求人データベースサービス」をご存知しょうか?豊富な業種・職種の求人案件があるため求人開拓をする必要がなく、業務の効率化につながります。今回は、各社の求人データベースサービスを徹底比較します。

求人データベースとは

求人データベースとは、自社で求人開拓をせずに、他社が保有する求人案件を自社の求職者に紹介できるという人材紹介会社向けのサービスです。

求人データベースには豊富な業種・職種の求人案件があるため、人材紹介会社は求人企業に営業せずともを求職者に紹介する求人を取り揃えることができます。また、一元管理システムによって求職者や求人の管理にかかる工数も削減できます。

現在では、agent bank(エージェントバンク)をはじめとした求人データベースサービスが数多く存在します。各社のサービスについては後ほどご紹介します。

求人開拓に有効!求人データベースのメリット

求人開拓せずに人材紹介業を始められる

求人データベースの最大のメリットは、自社で求人開拓しなくても、求職者を集めるだけで人材紹介を起業できることです。人材紹介業を始めるには、求職者の集客とそれに合わせた求人が必要です。紹介する求人を求人データベースで補うことで、人材紹介業を始めることができます。一般的な求人データベースは幅広いニーズに応えられる求人案件を豊富に取り揃えているため、活用しやすいでしょう。

求人開拓にかかる営業リソースを抑えられる

人材紹介会社は、求職者に紹介するために多くの求人を集める必要があります。通常、求人開拓には、求人企業に営業して商談を設定し、求人票をもらうという営業リソースがかかります。しかし、求人データベースを活用すれば、自社で求人開拓せずとも豊富な求人案件を確保できます。そのため、求人開拓担当者の採用費や人件費を削減したり、今まで割いてきた営業リソースを他の作業に費やしたりことができます。

管理にかかる工数を削減できる

人材紹介会社は、求人と求職者のデータを管理したり新しい情報に更新したりする必要があります。求人データベースを活用することで、求人と求職者の情報をシステム内で正確に一元管理できます。これにより、管理にかかる工数を削減でき、業務効率を大幅にアップできるでしょう。

求人データベースのデメリット

求人データベース利用料がかかる

月額固定で求人データベースの利用料がかかります。しかし、メリットで先述した通り求人開拓コストを削減できるため、相対的に利益率を上げることが可能です。

他社と競合する可能性がある

求人データベースサービスでは、複数の人材紹介会社が登録し、同じ求人情報を閲覧しています。そのため、人気求人の場合、他社とバッティングして求職者を紹介しても成約できないことがあります。他社と競合する人気求人の場合、自社求人より丁寧な書類対策や面接対策をおこなう必要があります。

求人企業に直接交渉ができない

求人データベース上の求人には、既に求人データベースの運営企業がヒアリングした採用条件が記載されています。自社の求職者のために求人の条件変更をしたくても、人材紹介会社が直接求人企業に交渉することはできません。条件交渉を求人データベース企業に依頼することは可能ですが、間接的な依頼になるため、柔軟に受け入れてもらいづらいです。

agent bank(エージェントバンク)

agent bank(エージェントバンク)は求職者の集客と求人開拓の両方を支援する人材紹介プラットフォームです。求人データベースのみの利用も可能です。幅広いニーズに応えられる求人案件を取り揃えており、いずれも採用意欲の高い企業であるため、求職者に紹介しやすい案件が多いと言われています。求職者の入社数・決定数は業界トップです。

ポイント求人数:非公開
特徴:転職者の入社数・決定数No.1
費用:非公開

Crowd Agent

CrowdAgentは、豊富な求人領域を持つため幅広い求職者に対応可能な求人データベースです。求人数・導入数は業界トップで5,000件以上の求人を常に取り揃えています。求職者層の厚い人材紹介会社に向いているといえるでしょう。サポート内容も充実しており、人材紹介の起業から事業成功まで多角的にサポートしてくれます。

ポイント求人数:5000件以上
特徴:求人数・導入数No. 1
費用:非公開

マイナビジョブシェアリング

マイナビジョブシェアリングもagent bank同様、求人だけでなく求職者の集客ができる求人データベースサービスです。様々な人材サービスを展開するマイナビのネットワークと、全国49拠点におよぶマイナビの営業拠点網を使った求人開拓によって、他にはないような地方案件などニッチな案件も取り揃えていることが特徴です。

ポイント求人数:非公開
特徴:地方採用案件も充実
費用:非公開(初期費用は0円)

JoBins

JoBinsは完全無料の求人データベースサービスです。応募者・業務管理機能を無料提供しており、月額利用料が無料かつ成果報酬課金なしであらゆる求人に推薦できます。そのためどれだけ推薦・採用決定してもサービス利用料はかかりません。求職者集客機能付きのプレミアムプランもあります。

ポイント求人数:非公開
特徴:月額利用料0円・成果報酬課金なし
費用:完全無料

料金やカスタマーサービスに注目!サービス選びのポイント

各社の求人データベースサービスを紹介しましたが、ここではサービス選びで見るべきポイントをご紹介します。

料金

料金体系は各サービスによって全く異なります。自社の求職者数に対して、どれだけ成約すれば採算が合うのかを考えながらサービス導入することをおすすめします。そのため、まずは各社の料金を比較することから始めましょう。

サポートの充実度

求人データベースサービスはいずれも豊富な求人案件を抱えていますが、そのサポート内容は異なります。人材紹介会社が集客率・成約率を上げて売上を伸ばすためには、サービス会社が成功のために手厚いサポートをしてくれるかが重要です。人材紹介業の成功ノウハウを提供したりセミナーを定期開催したりするサービスが多いですが、その中身の充実度を確認しましょう。また、万が一、求人データベース上でトラブルがあった場合、速やかに対応してもらえなければ業務が滞ります。こうしたフォローやサポートが充実しているかを事前にチェックすることが大切です。

求人の質

求人データベースサービスに豊富な求人があっても自社の求職者に合う求人が無ければ意味がありません。そのため、事前に求人データベース内の求人の中身を確認しておく必要があります。求職者の集客層について職種や居住地に偏りがある場合は、それに適した求人データベースであるべきです。そのため、性別や年齢、経験の有無など様々な条件で自社の求職者層を確認した上でそれに見合ったサービスと契約しましょう。

まとめ

いかがでしたか。求人データベースサービスは、人材紹介業に欠かせない求人開拓を省略することができる便利なサービスです。本記事を参考に導入を検討してみてはいかがでしょうか。

【関連記事】
採用代行(RPO)サービス比較30選!業務内容、費用、メリット・デメリットまで徹底解説
ダイレクトリクルーティングにおけるスカウト代行サービス10選!特徴、費用などをまとめました。
新卒求人サイト・ナビサイト9選比較!特徴・掲載料金などまとめ
新卒採用コンサルティングサービス17選!費用やサービス内容について詳しくご紹介します。
採用業務委託サービス12選!委託できる内容や活用メリット、注意点など徹底解説
採用に悩むスタートアップ企業必見!「スタートアップの採用戦略」について徹底解説します
主婦採用のメリットとは?主婦向けの求人広告の作り方とポイントも解説!

パート・アルバイト採用代行企業13選!メリットや利用のポイントを徹底解説します。
エンジニア採用におすすめの転職サイト14選を徹底比較!
キャリア採用とは?中途採用との違いや成功させるポイントなどを徹底解説!
ポテンシャル採用とは?メリットデメリットや導入事例などをご紹介します!

採用代行はuloqoにお任せください

「普通の運用代行」ではない、
プロフェッショナルリクルーターによるRPOサービスです。

①月額20万円~からご予算と課題に応じてカスタマイズ型でサービス提供が可能。支援後は追加費用の発生一切なし。
②累計50社取引クライアント様の契約継続率は驚異の90%超。
③あらゆる採用媒体活用実績を活かしたプランニング、実行により、採用目標達成率は87%超。
④上流工程の企画から、下流工程の実業務まで一気通貫で支援。もちろん採用広報もベーシックプランから提供可能です。
⑤独自の業界リサーチで、業界専門用語や市場におけるクライアントのポジションについて、徹底的にインプットを行います。
⑥エンジニア・データサイエンティスト・デジタルマーケター等、専門職種についてはテクノロジー領域専門のコンサルタントが担当します。

▼サービスに関するお問い合わせはこちらから

お名前 (必須)

会社名 (必須)

お電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

選択してください

シェアお願いします!