ブラインド採用とは?5つのメリットとその具体的な方法

こんにちは。digireka!HR編集部です。

「即戦力採用がうまくいかない…」「従業員の多様性をもう少し向上させたい…」
そんな悩みをお持ちではありませんか?ブラインド採用を行うことで、即戦力採用や従業員の多様性の向上が期待できます。

今回は、ブラインド採用のメリットとそれを実現するための具体的な方法を解説します。

ブラインド採用とは?

ブラインド採用とは、一言で言うと「選考過程において個人情報を取り除き、能力のみで応募者を評価して採用すること」です。
つまり、ブラインド採用は応募者の情報を見ない状態で行う採用方式であると言えます。

ブラインド採用は、選考過程の中では履歴書や職務経歴書などによって得られる名前や性別、年齢、学歴などの個人情報を取り除くことによって、先入観が介入することなく選考を行うことができます。
採用担当者にとって、応募者の能力を見極める必要がある場合、どうしても個人情報の事前情報に目を通す過程で無意識な偏見や先入観を持ってしまうことがよくあります。

採用担当者自身も気付いていない偏見や先入観による選考で、企業に似たようなタイプの人材が集まってしまい、従業員に多様性がなくなってしまうといった問題を防ぐといった点でもブラインド採用は効果的です。

なぜブラインド採用が注目されているのか?

近年ではダイバーシティ(多様性)という言葉が注目されています。

働き方改革などの影響もあり、多種多様な人材の採用・活用が求められ、多様性といった言葉がより注目されるようになりました。そこで、企業の多様性を実現する「ブラインド採用」が効果的であると考えられるようになります。

ブラインド採用は主に海外の企業を中心に導入されており、人種差別の撤廃・男女格差などの改善の動きからブラインド採用は広まり始めました。
しかし、近年では海外だけでなく日本でも導入企業が増えてきており、今後もさらに増加していくことが予想されます。

また、ブラインド採用の注目される理由として、多様性の持った従業員を確保することが現代のビジネス環境に適合しているといったことがあります
現代において情報化社会や少子高齢化などの社会問題や、急激な時代の変遷によりビジネスは変化を余儀なくされています。

そんな中で多様性を持った社員が増えると、消費者のニーズも急速に変化する中で、消費者の考えや価値観などに適応した商品やサービスを開発することができるので企業の成長への貢献が期待できます。

つまり、ブラインド採用は即戦力採用や多様性を持った人材の獲得に効果的な手段であり、即座に適応することが必須な現代において適した採用方法であると言えます。

ブラインド採用のメリット

ブラインド採用によって得られるメリットは

・従業員の多様性の促進
・優秀な人材の確保
・多様な社会のニーズに対応できる
・人材採用による新しい視点からの社内改革が可能
・採用基準の統一により公平な採用ができる

などが挙げられます。

従業員の多様性の促進

採用担当者の先入観や偏見によって採用者の特徴や考え方などが似つかわしくなってしまうことがあります。採用担当者の無意識のうちに「気付いたら採用者のタイプが似てしまった…」といった悩みを持つ方もいるかと思います。

ブラインド採用を行うことによって、先入観や偏見に囚われる事なく採用選考を行うことができ、社内に多様性を持った従業員を確保することができます。

優秀な人材の確保

普段の採用選考において、無意識に取り除いていた優秀な人材を確保することかできます。ブラインド採用は実力主義の採用方式です。
採用担当者による先入観や偏見を取り除き、単純に応募者のスキルや職歴で評価することができるので、採用担当者の主観的な採用基準に左右されることなく、高いスキルを持った人材を確保することができます。

また、ブラインド採用はスキルを重視している採用方式なので、即戦力の人材を確保する上でも非常に有効です。

多様な社会のニーズに対応できる

現代において、人々の価値観はより一層多様化し、社会の変化が著しくなっています。
そんな中で、ブラインド採用により多種多様な従業員を確保することで、従業員の高いスキルや様々な個性のアイデアにより、消費者のニーズに合わせた商品サービスを開発することができるようになります。

その結果、企業の競争力や企業の価値を高めることができます。

人材採用による新しい視点からの社内改革が可能

ブラインド採用をうまく活用することで社内に多様性が得られ、新しい考え方や価値観によって革新的な商品サービスを展開することが可能になります。
また、日本の場合では生産性を重視されている時期がありましたが、現代において求められているのは革新的な商品サービスであり、イノベーションです。

従来では採用しなかったような人材が得られるようになることで、人材採用の新たな側面から社内改革を実現することが可能です。

採用基準の統一により公平な採用ができる

従来の採用方式であれば学歴や年齢によって除外されていたような、スキルはあるのに先入観や偏見によって評価されなかった応募者に対しても採用基準の統一から公平に判断することができます。

ブラインド採用のデメリット

ブラインド採用のデメリットとしては主に、

・入社後のミスマッチが起こりやすい
・採用活動が長期化しやすい
・従業員の年齢や性別のばらつきが大きくなりやすい

などが挙げられます。

入社後のミスマッチが起こりやすい

ブラインド採用は応募者を能力のみで判断するため、自社の社風と応募者の価値観が合っているかどうかの判断が難しく、入社後のミスマッチが起こりやすいというデメリットがあります。

採用活動が長期化しやすい

ブラインド採用において選考過程で、個人情報を完全に除外した選考方式のため、応募者の資格や職務経験の部分でしか選考できず、長期化しやすい傾向があります。
また、公平な採用選考を行うために、事前に個人情報を厳密に削除しなければなりません。

従業員の年齢の性別のばらつきが大きくなりやすい

採用担当者の採用基準を年齢や性別を除外して考えるため、社内の年齢層や性別のバランスを保ちにくく、ばらつきが大きくなってしまう可能性があります。

ブラインド採用の具体的な方法

ブラインド採用の具体的な方法としては、採用担当者と事務的な処理をする人を分け、採用担当者には評価に関わる個人情報を削除した状態で譲渡する必要があります。

また、ブラインド採用を徹底的に行う場合は、面接の際にも音声の漏れや、外見など採用担当者に確認できないようにするといったことも効果的です。

ブラインド採用を実施する際のポイント

ブラインド採用は、応募者を能力のみで評価して採否を決定する手法のため、多様性の促進や優秀な人材の確保につながるというメリットがある反面、入社後のミスマッチを引き起こす可能性が高まるというデメリットもあります。

そのためブラインド採用を導入する際は、せっかく採用した人材が入社後のミスマッチによって早期離職してしまうことを防ぐために、能力だけでなく、自社の社風と応募者の性格や仕事に対する価値観がマッチしているかという評価基準も設けておくとよいでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回はブラインド採用のメリット・デメリットと具体的な方法について説明しました。
ブラインド採用は企業成長に効果的な取り組みであり、今後行う企業も増えてくることが予想されます。

企業成長のために即戦力やスキルのある人材を確保して、企業の多様化につなげていきましょう。

【関連記事】
採用動画の効果とは?動画制作のコツや事例などもご紹介します!
採用パンフレットとは?内容や作り方や活用事例などを徹底解説します!
採用代行(RPO)サービス比較30選!業務内容、費用、メリット・デメリットまで徹底解説
ダイレクトリクルーティングにおけるスカウト代行サービス10選!特徴、費用などをまとめました。
新卒採用コンサルティングサービス17選!費用やサービス内容について詳しくご紹介します。
採用に悩むスタートアップ企業必見!「スタートアップの採用戦略」について徹底解説します
採用フローの作り方とは?フローチャートを利用した作成手順を詳しく解説!
採用戦略におけるKPIとは?採用効果から目標設定の方法まで紹介します。
【新卒採用】人事担当者が抱える悩みと解決策を徹底解説!
2020年の採用トレンドは?withコロナ時代の新しい採用手法をご紹介!
ソーシャルリクルーティングとは?メリット・デメリット、事例、おすすめサービス4選をご紹介!
【企業17選】新卒採用コンサルティングとは?費用や業務内容を徹底解説!
採用業務委託サービス12選!委託できる内容や活用メリット、注意点など徹底解説
【2022年卒版】新卒採用スケジュールの組み方を徹底解説!

採用代行はuloqoにお任せください

「普通の運用代行」ではない、
プロフェッショナルリクルーターによるRPOサービスです。

①月額20万円~からご予算と課題に応じてカスタマイズ型でサービス提供が可能。支援後は追加費用の発生一切なし。
②累計50社取引クライアント様の契約継続率は驚異の90%超。
③あらゆる採用媒体活用実績を活かしたプランニング、実行により、採用目標達成率は87%超。
④上流工程の企画から、下流工程の実業務まで一気通貫で支援。もちろん採用広報もベーシックプランから提供可能です。
⑤独自の業界リサーチで、業界専門用語や市場におけるクライアントのポジションについて、徹底的にインプットを行います。
⑥エンジニア・データサイエンティスト・デジタルマーケター等、専門職種についてはテクノロジー領域専門のコンサルタントが担当します。

▼サービスに関するお問い合わせはこちらから

お名前 (必須)

会社名 (必須)

お電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

選択してください

 

シェアお願いします!