ゆでガエル理論

「ゆでガエル理論」とは、寓話の一種で、ゆっくりと進行する危機や環境変化は非常に気が付きにくく、すぐに対応することが難しいという状態を表します。「カエルをいきなり熱湯の中に入れると驚いて飛び出すが、常温の水に入れて徐々に熱すると、カエルは温度変化に気づくことなく、ゆであがってしまう」という話です。「ゆでガエル現象」や「ゆでガエルの法則」とも呼ばれています。

仕事における「ゆでガエル理論」とは?

ビジネスにおいて「ゆでガエル理論」は、グローバル化・IT化・技術革新などの変化が激しいビジネス業界で、喚起を促すための比喩として用いられています。現状の組織や仕事のやり方に満足していると、社会変化が激しいビジネス業界では、周りに取り残されてしまうからです。

「ゆでガエル世代」とは?

「ゆでガエル世代」とは、主に1957から1966年に生まれた世代の人々を指す言葉として使われています。バブル時代の当時、右肩上がりに景気が成長しつづける経験しかしなかった人々は、バブル崩壊後もすぐに対処ができず、取り返しのつかない事態に陥ってしまう人が多かったためです。

シェアお願いします!