【面接官必見】面接のやり方、優秀な人材を見抜く質問例、タブーな質問などまとめ

こんにちは。digireka!HR編集部です。採用面接では、いかに自社に合った優秀な人材を見極めるかが鍵になります。今回は、面接で優秀な人材を見極めるポイントと、実際に使える質問例、聞いてはいけないタブーな質問をご紹介します。

面接の流れ、やり方

まずは面接の基本的な流れ、やり方を確認していきましょう。

(1)アイスブレイク

面接に来た応募者は緊張していることが多いです。
まずは、いきなり質問を投げかけるのではなく、まずはアイスブレイク(軽い雑談)からスタートして応募者の緊張をほぐしましょう。

当日の天気や応募者の来社方法など、面接とは直接関係のないテーマで会話してみて下さい。

(2)会社の説明

続いては、会社の説明です。
具体的な質問に入る前に、会社の事業、今後の展望、任せたい業務内容等を簡潔に説明する時間を設けましょう。

会社説明の時間を設けることで、応募者の会社への正しい理解を促すだけでなく、「丁寧な会社」という良い印象を与えることができます。

(3)履歴書、経歴書からの質問

応募者を見極めるうえで、最も重要となるのがこの履歴書・経歴書を見ながらの質問です。
事前に質問する項目を整理しておき、一方的に質問するのではなく、会話のキャッチボールとなるように進めることを意識してみてください。

(4)応募者からの質問

一通りこちらからの質問が終わったら、応募者から質問したいことがないか聞いてみましょう。

「○○さんからは質問はございますか?」
「ご不明点や気になる点など、なんでもご質問ください」

といったように伝えてみてください。

応募者の不安や疑問をできる限り解決しておかなければ、「○○が不安だから内定を辞退しよう」といった事にもつながりかねません。自社の志望度を高めるためにも丁寧に説明することを心がけましょう。

事務的な確認

最後は事務的な確認をして終了です。
内定承諾書の提出期限や入社日、最後に伝えておきたい諸連絡があれば忘れず伝えるようにしてください。

以上が理想的な面接の流れになります。

面接で優秀な人材を見抜くポイント

(1)自社にとっての優秀な人材を明確にする

前提として、自社にとっての優秀な人材を明確にする必要があります。「世間一般でいう優秀さ」をそのまま自社に持ち込んでしまうと、実際の業務内容と本人の特性のミスマッチを招きかねません。

例えば、明るい性格と行動力を見込んで採用したものの、黙々とこなす事務作業が多かったため、会社として見込んだ長所を活かすことができなかった、といったケースがあります。

自社で活躍している社員がどのような活動をしているのか分析した上で、自社が考える「優秀な人材」を明確に定義することが大切です。

(2)応募者の普段の姿を引き出す

優秀な人材を見極めるうえで、応募者の本音や本当の実力を引き出す必要があります。そのためには、応募者がリラックスして話ができる心地よい環境・雰囲気を作ることが大事です。

面接官が上から目線の態度だと、応募者はなかなかリラックスできず、率直な考えをを言いにくいでしょう。応募者が自然体で話すことができる雰囲気は、良い面接の基盤とも言えます。

(3)質問の内容を深堀りする

どのような質問を投げかける場合でも、「なぜ?」「具体的には?」と話題を掘り下げるための問いかけが欠かせません。深掘りして質問することで、より詳しい求職者の人となりや考え方を知ることができます。また、質問を重ねることで、応募者の理解度や回答の整合性をチェックすることもできます。

ただし、繰り返し「なぜ?」と聞いてばかりでは、求職者に圧迫感を与えかねません。下記の例のように、あくまで話を掘り下げたり、話題を広げる目的で利用するように気を付けてください。

(例)

「当社にどのようなイメージを持ちましたか?」
「なぜ、そのように思ったのですか?」

「今後、身に付けたいスキルはありますか?」
「なぜ、そのスキルを身に付けたいのですか?」

優秀な人材を見抜く質問例

(1)スキル・能力を見る質問

応募者のスキル・能力・資格などの専門スキルが、自社ににマッチしているか見極める必要があります。自社が応募者にどのようなスキルを求めるのか明確にしておきましょう。

(例)

「当社で活かせる経験やスキルはありますか」
「どのように会社に貢献することができますか?」

(2)性格・価値観を見る質問

応募者の人柄や性格をチェックし、自社で活躍できるポテンシャルを持っているか見極めましょう。応募者がしっかりと自己分析できているか確認することも大切です。

(例)

「長所と短所を教えてください。」
「普段、周りの人からどんな人だと言われますか?」
「今までに熱中したことや、好きなことはありますか?」

(3)カルチャーマッチを見る質問

自社の社風や理念、考え方に合った人材でなければ、周囲との軋轢を生みやすく、短期間での離職も起こりやすくなります。応募者が会社のカルチャーに共感しているか、そしてマッチしているか見極めましょう。

(例)

「弊社はどのような企業だとお考えですか?印象を教えてください。」
「どのような環境下で働きたいですか?」

(4)コミュニケーションスキルを見る質問

仕事を円滑に行う上でコミュニケーション能力は必須です。応募者が周囲と良好な関係を築くことができるか見極めましょう。

(例)

「上司や同僚とコミュニケーションにおいて、大事なことは何だと思いますか?」
「チームで業務に取り組んだ際のエピソードを教えてください。」

(5)ストレス耐性・問題解決力を見る質問

応募者がストレスを感じる時やその場合の対処法を聞くことで、その人のセルフマネジメント力を見極めるだけでなく、採用後のサポートにも役立てることができます。

(例)

「これまでに直面した難題について教えてください。また、どのように解決しましたか?」
「現在の職場で抱えている課題を教えてください。」
「業務中にフラストレーションを感じた経験はありますか?それはどのようなシーンで起こったことですか?」

(6)志望度・入社意欲を見る質問

会社への志望度が高いほど、入社後に向上心を持って仕事に向かい、早期成長につながることが期待できます。どの程度自社のことを理解して意欲を持っているか見極めましょう。

(例)

「なぜ弊社で働きたいと思ったのか教えてください。」
「具体的に弊社のどういった点に興味がありますか?」
「どのような視点で志望企業を選んでいますか?」

聞いてはいけない!タブーな質問例

応募者の緊張感を和らげたい、リラックスした雰囲気で面接を進めて本音を引き出したい、ということから、話しやすい身近な話題から質問を切り出すことは少なくありません。

しかし、出生地、家族状況など「本人に責任のない事項」や、愛読書、尊敬する人など「本来自由であるべきもの」にかかわる事項についての質問は避けなければならないとされています。

面接で聞いてはいけない、タブーな質問項目を具体的に見ていきましょう。

(1)「本籍・出生地」に関する質問
(2)「家族」に関する質問(職業・続柄・健康・地位・学歴・収入・資産など)
(3)「住宅状況」に関する質問(間取り・部屋数・住宅の種類・近隣の施設など)
(4)「生活環境・家庭環境」などに関する質問
(5)「思想・宗教」に関する質問
(6)「支持政党」に関する質問
(7)「尊敬する人物」に関する質問
(8)「労働組合・学生運動」など社会運動に関する質問
(9)「購読新聞・雑誌・愛読書」などに関する質問
(10)「交際・結婚・出産」に関する質問

自社の採用面接において、上記に該当するような質問が行われていないか、改めて確認してみてください。
質問によっては違法行為と認定されることもあり、何より応募者に不信感、不快感を与えかねません。また、タブーとされる質問をしてしまったことがマスコミやインターネットなどで広がると、企業の社会的信頼が失墜してしまう恐れもあります。

まとめ

いかがだったでしょうか。今回は、面接で優秀な人材を見極めるポイントと、実際に使える質問例、聞いてはいけないタブーな質問をご紹介しました。

自社が求める人物要件を明確にし、それをクリアした優秀な人材を見極めましょう。

人事課題をお持ちのご担当者様へ

✓広告業界最大手グループのネット広告代理店等、50社以上との取引実績あり
契約継続率90%以上を誇る高品質サービス
月額200,000円~の圧倒的コストパフォーマンスを実現
✓デジタルマーケティング業界出身のコンサルタントだからこそ業界・事業を熟知
✓少数精鋭だからこそ実現出来る、柔軟なサービス設計・ご対応

 

▼サービスに関するお問い合わせはこちらから

お名前 (必須)

会社名 (必須)

お電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

選択してください

シェアお願いします!