キミスカの特徴、費用、スカウトの流れなどを詳しくご紹介します!

こんにちは。digireka!HR編集部です。新卒向けダイレクトリクルーティングサービス「キミスカ」をご存じでしょうか?

今回は、キミスカの特徴、費用、スカウトの流れなどを詳しくご紹介します!

キミスカとは?

キミスカは、株式会社グローアップが運営する、国内最大級の新卒向けダイレクトリクルーティングサービスです。

ダイレクトリクルーティングとは、企業が学生にアプローチをする、いわゆる攻めの採用として注目されている手法です。

キミスカの特徴

登録学生数7万人以上

2019年卒学生の77,000名以上がキミスカへ登録しており、2018年卒から124%増加となっています。

登録学生の大学群割合としても、毎年6割以上を国公立GMARCH以上の学生が占めています。インターンシップ実績などの登録フォームが充実しているため、就活早期の段階で登録をしている意欲的な学生が多いことも特徴です。

スカウト開封率約70~80%

キミスカから学生へ送られるスカウト開封率は約70%~80%にのぼり、既存の大手採用サイトよりも高い数値を誇っています。

キミスカで送ることのできる「プラチナ・本気スカウト」というスカウト送信は、学生から の反応が非常に高く、ピンポイントでの採用に最適です。

 さらに、「気になるスカウト」は、無制限に配信できるうえに一括送信も可能であるため、自社の認知を高め、学生の母集団形成にも活用できます。

工数を抑えてスカウト送信可能

キミスカでは、スカウトメールの配信や予約も1つの画面だけで操作可能です。

さらに説明会の管理等もキミスカの管理画面内ででき、スカウトから採用までキミスカで完結することが可能です。

スカウト代行サービスが充実

キミスカはスカウト代行サービスも充実しています。

送信のみで月10万円、送信と返信対応で月20万円といった料金設定になっています。

キミスカの利用料金・費用

キミスカの利用料金は非公開となっています。

月額料金型プランや成果報酬型プランなど、ニーズに合わせて様々な用意されているそうですので、詳しくは公式サイトからお問い合わせください。

キミスカのスカウトの主な流れ

①自社にマッチした人材を検索

スカウト型のため個人情報は伏せた状態ですが、基本情報のほかインターン実績や気になるキーワードから検索可能です。

興味のある、マッチしそうな学生のみを対象にスカウトを発信することが可能になります。

②気になった学生に向けてスカウトメールを送信

スカウトメールは3種類あります。「プラチナスカウト」「本気スカウト」が月ごとの通数に限定があるスカウトで、「気になるスカウト」が無制限のスカウトになります。

貴社のターゲットに合わせた訴求が可能になります。

③学生からの返信到着後、採用試験&面接を通じて内定

キミスカでは学生をスカウトした後も、そのまま説明会などへ招待する機能も付いているため、最終的な内定までノンストップで効率よく進めることができます。

キミスカの実績

採用単価を大幅に低下させることに成功!
■大手メーカーA社様の場合

– 採用担当者様の課題
・多数あるエントリーからのスクリーニングに限界を感じている。
・将来幹部候補となるような主体性のある新卒社員が欲しい。
・高い内定辞退率を少しでも下げたい。
・現在の採用単価が一人あたり300万を超えているので削減したい。
・業界に関心の高い学生さんだけにアプローチしたい。

学生の本質を見極めるには質問力もそうですが、いかに本音を引き出せるかが重要で、本音を引き出すにはある程度時間を要するというのを痛感しました。
モチベーションや意識の低い不特定多数のエントリーからスクリーニングする時間に多大な労力を掛けるのであれば、こちらからスカウトした少数の学生さんとコミュニケーションを図ったうえで、その人間性や主体性を見極めた方が効率的だということを改めて認識、事前にある程度の人間性や性格などを把握しておけば、上司が今時の若者をマネジメントできずに離職を招くという非効率なことも避けられると確信、結果として採用コストも大幅に削減することができました。


ターゲットゾーンを絞り、スカウトで22名の内定を獲得!
■中堅金融B社様の場合

– 採用担当者様の課題
・費用を増やし様々な媒体に出すが応募数そのものが少ない。
・企業としての強みや魅力が上手く訴求できず学生さんの興味がひけない。
・募集する業務内容が既に学生さんにイメージされていて振り向いてもらえていない。

これまではとにかく母集団の確保のみに注力していましたが、年々質は低下し、内定辞退はもちろん、入社後の早期離職率も高かったため、今回は質を軸足にしたことが奏功しました。
金融セクションはなかなか他社との差別化が図りにくいうえ、要求する能力に対して待遇や魅力が不釣合いという採用難易度の高い業種ではありますが、これまでも金融セクションを中心に就職活動を行っている学生さんにアプローチできたことで、業界のことをある程度勉強している学生さんのみに絞り込めました。
掛かる時間も大幅に削減でき、その分自社の魅力の説明やイベント面談に時間を割くことができました。

参照:)「キミスカ 公式サイト

キミスカの利用企業

キミスカの導入企業数は約300社にのぼります。ここでは、キミスカ公式サイトで公開されている一部導入企業をご紹介します。

株式会社エヌ・ティ・ティ・データ、ロート製薬株式会社、キリン株式会社、Sansan株式会社など

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、キミスカの特徴、費用、スカウトの流れなどを詳しくご紹介しました。

ぜひ、本記事を参考にキミスカを活用してみてください!

【関連記事】
新卒求人サイト・ナビサイト9選比較!特徴・掲載料金などまとめ
新卒紹介サービスおすすめ15選比較!特徴、料金、実績などまとめ
新卒採用コンサルティングサービス17選!費用やサービス内容について詳しくご紹介します。
【新卒採用向け】ダイレクトリクルーティングツール10選徹底比較!特徴・料金まとめ
OfferBoxの料金プラン、特徴、参加企業などを詳しくご紹介します!

iroots(アイルーツ)の特徴、利用料金、利用企業などを詳しくご紹介します!
ジョブラス新卒(JOBRASS新卒)の評判、料金、導入事例などを詳しくご紹介します。

新卒採用に課題をお持ちのご担当者様へ

上流工程の戦略立案から、実業務代行まで、一気通貫で新卒採用におけるコンサルティングサービスを提供しています。網羅的な支援範囲に加え、業界平均よりも格安な価格帯でのご支援が可能です。密な支援を強みに、様々な代行サービスを提供するuloqoのクライアント企業契約継続率は90%を超えています。

▼サービスに関するお問い合わせはこちらから

お名前 (必須)

会社名 (必須)

お電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

選択してください

シェアお願いします!