Instagramを使った採用活動は効果的?活用ポイントから事例まで、徹底解説します!

Last Updated on 2021年1月11日 by uloqo

こんにちは。digireka!HR編集部です。近年、採用活動において「Facebook」や「Twitter」などのSNSを活用している企業も多いかと思います。

そこで今回は、そうした主要SNSの中で最もユーザー数の伸びが大きい「Instagram」に着目し、企業が採用活動においてInstagramを活用するメリットデメリットや活用ポイント、活用事例などについて詳しくご紹介します!

Instagramのユーザー数・年齢層

まずは、Instagramのユーザー数・年齢層を見ていきましょう。

ユーザー数は年々増加しており、2019年度6月時点で国内の月間アクティブユーザーは3300万人を突破しました。年代別で見ると、10代・20代の6割以上が利用しており、30代でも約50%が利用しています。

このデータから見て、新卒採用における活用はもちろんのこと、中途採用においてもInstagramを有効活用できる企業が多いのではないでしょうか。

Instagramを採用に活用するメリット

会社の魅力を視覚的にアピールできる

就職や転職で会社を探す際、職場の雰囲気や人間関係、働きやすさを重視する人は多いです。

Instagramは他の主要SNSと比べてビジュアルに特化しているため、普段の職場の風景や社内イベントの様子などを投稿することで視覚的に会社の魅力をアピールできます。

採用後のミスマッチを減らせる

採用活動には多くの人的・時間的コストがかかります。そのため、採用後のミスマッチは企業にとって大きな痛手となります。

Instagramでは日常の一コマを投稿することで、職場のリアルな雰囲気を伝えることができます。また質問があればコメントで対応ができるため、採用のミスマッチは生まれにくくなります。

採用コストの削減が見込める

Instagramは無料で利用できます。仮にInstagram経由で採用が決まった場合、採用にかかる広告費は「0円」ということになるため、運用方法によっては採用コストを大幅に削減することができます。

Instagramを採用に活用するデメリット

継続的な運用が必要

Instagramに限らずすべてのSNSに言えることですが、写真の撮影や加工、投稿文の作成など、コンテンツの企画には多くの手間がかかります。

また、成果をあげるためには定期的に投稿することが重要になってくるため、継続的に運用できる体制を整える必要があります。

運用方法や投稿内容によってはイメージを下げることも

SNSで気を付けなければならないことは、炎上や誤解を生む可能性が潜んでいるということです。企業の人間がSNSで不適切な発言をして、それが瞬く間に広がって炎上したというケースはたびたび見受けられます。

ネット炎上による企業のイメージダウン、経済的損失は計り知れないものがあるため、投稿の文言や投稿写真には常に注意しながら運用しましょう。

Instagramを採用に活用するポイント

ターゲット層を明確にする

採用したい人材のターゲット層を明確にしたうえで運用することが大切になります。

ターゲットに自社のどのような魅力をアピールするべきか、どの時間帯に更新をすればより多くのターゲットに届くのか、ターゲットはどんなハッシュタグで検索するか、といったこと考慮したうえで投稿をしましょう。

会社の雰囲気をイメージしやすい投稿を心がける

写真や動画を投稿する際には、社員紹介や職場の紹介、社内イベントの紹介など求職者が会社の雰囲気をイメージしやすくなるような投稿を心がけましょう。

「#採用」などで検索すると、様々な企業の採用Instagramアカウントを見ることができるため、ぜひチェックしてみてください。

継続的に更新をする

成果をあげるためには継続的にに更新することが大切になります。アカウントが中途半端に放置されていたりすると、企業イメージの悪化を招く可能性もあります。

はじめは2~3日に1回程度のペースで更新して、様子を見てみましょう。

ハッシュタグ(#)を活用する

Instagramの投稿には最大で30個までハッシュタグをつけることができます。ハッシュタグは自社のコンテンツに合うキーワードをできるだけ多く記載することが重要です。ハッシュタグが多ければ多いほどユーザーの検索に引っかかりやすくなります。

ハッシュタグ例

#採用#採用担当#採用情報#新卒採用#中途採用#人事部#インターン

Instagramを採用に活用した事例

三井住友カード株式会社の事例

三井住友カード株式会社の採用Instagramでは、各部門の業務内容や一日のスケジュール、社員インタビュー、社員のプライベートの様子などが掲載されています。会社HPだけでは伝えきれない会社の雰囲気や魅力が伝わる投稿内容になっています。

株式会社JALスカイの事例

株式会社JALスカイの採用Instagramでは、仕事風景や社員インタビューなどが掲載されています。会社の暖かい雰囲気が伝わる投稿内容になっており、会社について楽しく理解を深めることができます。

株式会社DYMの事例

株式会社DYMの採用Instagramでは、社員インタビューや社内外のイベントの様子などが掲載されています。入社して間もない社員の方や新入社員の方が多く取り上げられており、転職や就職を考えている人向けのコンテンツになっています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、企業が採用活動においてInstagramを活用するメリットデメリットや活用ポイント、活用事例などについてご紹介しました。

SNSで情報収集する人が多い時代だからこそ、Instagramを使った採用活動は非常に効果的です。本記事を参考にして、ぜひInstagramを採用に活用してみてください。

【関連記事】
ソーシャルリクルーティングとは?メリット・デメリット、事例、おすすめサービス4選をご紹介!
Facebookを用いた採用方法とは?求人広告の出し方やポイントを徹底解説!
【中途採用向け】ダイレクトリクルーティングツール11選徹底比較!特徴・料金まとめ
【新卒採用向け】ダイレクトリクルーティングツール10選徹底比較!特徴・料金まとめ

採用代行(RPO)サービス比較30選!業務内容、費用、メリット・デメリットまで徹底解説
新卒求人サイト・ナビサイト9選比較!特徴・掲載料金などまとめ
新卒紹介サービスおすすめ15選比較!特徴、料金、実績などまとめ
新卒採用コンサルティングサービス17選!費用やサービス内容について詳しくご紹介します。
理系学生を採用するポイントや理系向け新卒紹介サービスをご紹介します!
アルバイト求人サイト6選比較!掲載料金や特徴をご紹介します。
パート・アルバイト採用代行企業13選!メリットや利用のポイントを徹底解説します。

採用代行はuloqoにお任せください

「普通の運用代行」ではない、
プロフェッショナルリクルーターによるRPOサービスです。

①月額20万円~からご予算と課題に応じてカスタマイズ型でサービス提供が可能。支援後は追加費用の発生一切なし。
②累計50社取引クライアント様の契約継続率は驚異の90%超。
③あらゆる採用媒体活用実績を活かしたプランニング、実行により、採用目標達成率は87%超。
④上流工程の企画から、下流工程の実業務まで一気通貫で支援。もちろん採用広報もベーシックプランから提供可能です。
⑤独自の業界リサーチで、業界専門用語や市場におけるクライアントのポジションについて、徹底的にインプットを行います。
⑥エンジニア・データサイエンティスト・デジタルマーケター等、専門職種についてはテクノロジー領域専門のコンサルタントが担当します。

▼サービスに関するお問い合わせはこちらから

お名前 (必須)

会社名 (必須)

お電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

選択してください

シェアお願いします!