ソーシャルリクルーティングとは?メリット・デメリット、事例、おすすめサービス4選をご紹介!

こんにちは。digireka!HR編集部です。ソーシャルリクルーティングとは、SNSを活用した新しい採用手法で、近年日本においても活用している企業が増えています。そこで今回は、ソーシャルリクルーティングの特徴と、おすすめサービスの4選をご紹介いたします。採用手法でお悩みの担当者様は是非、参考にしてみてください。

ソーシャルリクルーティングとは?

「ソーシャルリクルーティング」とは、FacebookやTwitterなどのSNSを利用した新しい採用手法です。
従来の人材採用では、求職者が応募をし企業が採用選考をする順序が一般的でした。一方でソーシャルリクルーティングでは、SNSを通して人と人を繋げ最初に信頼関係を構築してから、採用選考に進むという順序が一般的となっています。ソーシャルリクルーティングを活用することで、自社の情報をより多くの人に共有することができ、効率的に採用活動が行えます。

ソーシャルリクルーティングとダイレクトリクルーティングの違い

ソーシャルリクルーティングとダイレクトリクルーティングは、企業側が候補者に直接アプローチをかけるという点で同じことを意味しますが、両者では使用するツールが異なります。

ソーシャルリクルーティングは、SNSを用いて自社の魅力を発信したり、候補者に直接アプローチをかけたりすることを意味するのに対し、ダイレクトリクルーティングでは手段は問わず、候補者に直接アプローチするという行為自体のことを指します。

つまり、ダイレクトリクルーティングの中でも、SNSを用いて採用活動を実施することをソーシャルリクルーティングと呼びます。

ソーシャルリクルーティングサービスの特徴・メリット

ソーシャルリクルーティングサービスの特徴として、下記のことがあげられます。

比較的安価で利用できる

ソーシャルリクルーティングサービスは他の採用媒体と異なり、比較的安価で利用することができます。一般的に、情報掲載は無料〜数万円となっていて、気軽にサービスの利用を開始できることが特徴となっています。

人的ネットワークが構築できる

ソーシャルリクルーティングサービスの利用にあたり、採用を目的としていない企業も少なくありません。求職者を探すだけではなく、単純に人材と企業をつなぐ場としてサービスが提供されていて、人的ネットワークの幅が広がります。

企業と求職者のミスマッチを防ぐことができる

従来の採用ステップとは異なり、ソーシャルリクルーティングサービスでは求職者が「応募」する以前に「気になる」などの意思表示から始まります。このように時間をかけてお互いを知ることにより、書類選考や面接だけでは起きやすいミスマッチを防ぐことができ、企業にとって最適な人材を確保できる確率が上がります。

ソーシャルリクルーティングのデメリット

自社の魅力を様々なコンテンツで自由に発信できたり、気になる人材に対して、直接アプローチしたりすることが可能なソーシャルリクルーティングですが、労力がかかるという大きなデメリットもあります。

ソーシャルリクルーティングでの採用を実現するためには、更新頻度がポイントとなります。更新頻度が高く、最新情報が豊富であるほど、アカウントの信憑性は高まります。

これに加え、従来の採用方法とは異なり、企業側が能動的に行動を起こす必要があるため、ターゲットになり得る候補者を探したり、彼らに直接コンタクトをとったりしなければならない点で、業務量がとかかる時間がともに増えることは明らかです。

ソーシャルリクルーティングサービスを効果的に運用するための注意点

一方で、ソーシャルリクルーティングサービスの利用にあたり、下記のような注意点があげられます。

急募・大規模採用には向いていない

上記でも記載した通り、ソーシャルリクルーティングサービスでは選考前からある程度お互いの理解度を深める必要があります。そのため、迅速に人手が必要な場合や、大規模採用の場合にはあまり向いてないと考えられます。

頻繁に情報共有や更新を行う必要がある

ソーシャルリクルーティングサービスを最大限に活かしより多くの人材の注目を集めるためには、頻繁に自社の情報共有や投稿の更新を行う必要があります。そのため、効果的にソーシャルリクルーティングサービスを活用するには時間及び労力が必要となってきます。

情報漏洩・炎上のリスク

ソーシャルリクルーティングはSNSを利用して採用活動を行うため、情報漏洩や炎上のリスクも伴います。しかし、安心できるソーシャルリクルーティングサービスを活用することで、インターネットに不慣れな企業でもこのようなリスクを避けることができます。

おすすめ4選!ソーシャルリクルーティングサービス

Wantedly Admin

「Wantedly Admin」とは、国内において代表的なソーシャルリクルーティングサービスで、ウォンテッドリー株式会社により2012年にリリースされました。

特徴・Facebookと提携している
・自社の紹介のみならず、イベントの企画が可能
・履歴書、職務経歴書が不要
・直接会い理想の人材を見つけることができる
・成果報酬0円
・返信率の高いスカウト
・リファラル採用も可能
・ソーシャルグラフ(相関関係)や友人の評価など多角的な情報から判断可能
費用・月3.75万円〜(プランによって異なる。詳しくはURLにて)
・30日間の無料トライアルあり

URL:https://www.wantedly.com/about/list?appeal=name&argument=bR22mkVT&dmai=a5d9c2414adf76&gclid=EAIaIQobChMI4P7G9u-i5gIVDKmWCh0LRwE5EAAYASAAEgKGyvD_BwE

Green

Greenとは、IT・Web業界の人材に特化したソーシャルリクルーティングサービスです。

特徴・IT・Web系求人数が業界最大級
・インタラクティブコミュニケーション機能あり
・掲載期間や掲載求人数、アプローチが無制限
・成功報酬型
費用・掲載料無料
・採用1人につき30万円〜90万円

URL:https://www2.green-japan.com/lp?utm_source=google&utm_medium=cpc#argument=sRrG93Nh&ai=a5ba20b2f0d90f

Forkwell Jobs

Forkwell Jobsとは、エンジニアに特化したソーシャルリクルーティングサービスです。

特徴・エンジニアに特化した詳細なスキル・経験を記載したポートフォリオの作成が可能
・ソーシャルメディアを通じてリファラル採用も可能
・ソーシャルグラフで救助クシャの情報を多角的に得られる
・優秀なエンジニアが集まるイベント・セミナーを活用できる
費用HP上記載なし。詳しくはお問い合わせにて

URL:https://forkwell.com/about/recruiting?utm_campaign=fs_lp&utm_medium=fs_lp&utm_source=fs_lp

OfferBox

OfferBoxとは、株式会社i-plugがリリースした、新卒採用向けのソーシャルリクルーティングサービスです。

特徴・新卒採用に特化
・学生プロフィールの比較、オリジナルの適性判断が可能
・きになる人材をお気に入り登録できる
・成功報酬型
費用・システム利用料5万円〜
・学生1名につき38万円(税別)

URL:https://offerbox.jp/company/

ソーシャルリクルーティングを用いた採用事例<新卒採用>

株式会社NTTドコモ

株式会社NTTドコモでは、新卒向けの採用活動をするにあたり、自社の特設Facebookを設け、限定Liveセミナーや社員へのインタビューなどを含むコンテンツを用いて、選考に関する情報や自社の魅力を積極的に発信し、競合他社との差別化を図るだけでなく、より多くの応募者数を獲得しているそうです。

参照:)「株式会社ドコモ公式HP

三井住友カード株式会社

三井住友カード株式会社では、新卒採用を行うにあたり、自社の特設Instagramを開設し、採用情報だけでなく、オフィスの様子や社員・内定者インタビューなどを定期的に発信しています。

SNSの使用頻度が高い学生に対して、Instagramを通して実際に働いている社員の方を紹介することで、社内の雰囲気をダイレクトに伝え、より効果的な採用活動を行なっているそうです。

参照:)「三井住友カード株式会社公式Instagram

ソーシャルリクルーティングを用いた採用事例<中途採用>

株式会社メグラス

介護、保育施設を運営する株式会社メグラスでは、業界に対するネガティブなイメージと内定者とのミスマッチで、採用活動に大きな悩みを抱えていたそうです。

企業と求職者の共感マッチングをコンセプトとしたWantedlyを運用し、自社の魅力を最大限に引き出す求人票の作成やカルチャーを紹介できるブログ記事を定期的に更新するようにしたことで、自社のカルチャーにフィットした方や異業種からキャリアチェンジされた方などの採用に成功したそうです。

参照:)「Wantedly公式HP

株式会社ブレイブソフト

アプリ開発を手がける株式会社ブレインソフトでは、エンジニア採用に特化したGreenを用い、高いスキルをもったエンジニア10名以上の採用に成功したそうです。

自社の魅力を伝えるコンテンツを掲載したり、スカウト機能を最大限に利用し、気になる人材に対して積極的にアプローチをかけ、スピーディーにレスポンスを返したりするということが成功の要因として挙げられます。

参照:)「Green公式HP

まとめ

いかがでしたでしょうか。ソーシャルリクルーティングは比較的安価で選考前から求職者と信頼関係を構築できるとして、現在多くの企業の採用手法の一つとなっています。

また、ソーシャルリクルーティングは従来の採用手法と異なりミスマッチを可能な限り防げる事がメリットとしてあげられます。しかし、ソーシャルリクルーティングサービスにはそれぞれ特徴があるため、是非、上記を参考に自社に最適なサービスをお選びください。

【関連記事】
採用代行(RPO)サービス比較26選!業務内容、費用、メリット・デメリットまで徹底解説
Wantedlyを活用した採用事例10選!事例から見る採用成功のポイントとは?
エンジニア採用におすすめの転職サイト14選を徹底比較!
【中途採用向け】ダイレクトリクルーティングツール11選徹底比較!特徴・料金まとめ
【新卒採用向け】ダイレクトリクルーティングツール10選徹底比較!特徴・料金まとめ
Webマーケターの採用を実現するための効果的な手法・チャネルとは?

人事課題をお持ちのご担当者様へ

✓広告業界最大手グループのネット広告代理店等、50社以上との取引実績あり
契約継続率90%以上を誇る高品質サービス
月額200,000円~の圧倒的コストパフォーマンスを実現
✓デジタルマーケティング業界出身のコンサルタントだからこそ業界・事業を熟知
✓少数精鋭だからこそ実現出来る、柔軟なサービス設計・ご対応

▼サービスに関するお問い合わせはこちらから

お名前 (必須)

会社名 (必須)

お電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

選択してください

シェアお願いします!