採用CX(候補者体験)とは?重要視される背景や導入事例などについてご紹介します!

こんにちは。digireka!HR編集部です。近年、採用において「候補者体験/CX(Candidate Experience)」という概念が注目を集めています。

そこで本記事では、採用CXについて、重視される背景や導入事例などを詳しくご紹介します!

採用CX(Candidate Experience)とは?

採用活動におけるCXとは、「Candidate Experience」の略で「候補者体験」のことです。

つまり採用CXとは、候補者(求職者)が企業を認知してから選考〜採用されるまでに起こる全てのタッチポイント(体験)のことを指します。

採用CXが重要視される背景

人材獲得競争の激化

総務省統計局の調査によると、日本の人口は減少の一途をたどっており、2060年には9,000万人を下回るとも予測されています。

労働人口の減少により、企業間の人材獲得競争も激しさを増しており、企業はこれまで以上に候補者から選ばれる立場になってきているのです。

終身雇用制度の崩壊

トヨタ社や経団連の会見で「企業が終身雇用を続けていくのは難しい」との発言がありました。

終身雇用制度の崩壊により、人材の流動性がこれまで以上に高まっています。そのため、これまで人材獲得に悩まなかった大企業ですら、自社を選んでもらうためにさまざまな施策を行なうようになっています。

インターネットの普及に伴う採用情報のオープン化

インターネットの普及により、SNSや口コミサイトで誰でも思ったことや感じたことを書き込める時代になりました。

SNSや口コミサイトで企業の悪い評判が広まれば、応募者の減少や採用力の低下にもつながりかねません。

採用CXの全体像(タッチポイント)

採用CXには、①認知②応募③選考④内定入社という4つのフェーズが存在します。その4つのフェーズの中で候補者に対して、どのようなタッチポイント(体験)があるのかを整理していきます。

①認知

認知の段階では、いかに自社に好印象を抱いてもらうかが大切になります。

採用サイトやSNSなどを駆使し、候補者に興味を持ってもらえるような対策を施す必要があります。

タッチポイント例・インタビュー記事(人、組織、事業、待遇)
・求人票
・プレスリリース
・ウェブメディアへの露出
・社員SNS
・SEO
・Youtube
・コーポレートサイト
・採用サイト
・自社イベント・交流会

②応募

多くの求職者は、求人サイトやエージェントを利用して複数の企業に応募しています。

その中で、次の選考フローに進んでもらうためには、候補者への素早いレスポンスや的確なコミュニケーションが重要になります。

タッチポイント例・求人票
・スカウトメール
・リファラル
・人材紹介
・SNSのDM
・応募フォーム
・採用担当者からの返信

③選考

面接時の対応次第で候補者の入社意欲が変わってきます。応募者に寄り添った対応をすることを意識し、自社の魅力だけではなく、課題も含めてしっかりと伝えましょう。

タッチポイント例・オフィスに入った時の社員の対応・挨拶
・オフィスの雰囲気・内装
・採用ピッチ資料
・面談時のアイスブレイク
・面接官の質問
・求職者の質問に対する回答
・クロージング
・1日体験入社
・選考中のコミュニケーション
・インタビュー記事(人、組織、事業、待遇)
・ウェブ面接

④内定入社

同時に複数社から内定をもらっている候補者も多く、内定を出したからと言って必ずしも入社してくれるとは限りません。そのため、内定承諾をしてもらうためのフォローやケアも大切になります。

タッチポイント例・条件交渉
・内定通知
・内定フォロー
・社内イベント参加
・入社前研修

採用CXを改善・向上させるポイント

スピーディーな応募者対応

候補者は連絡が遅いほど「不安になる」「信用ができない」と感じる傾向があります。また「返信の遅いような会社はいい加減な会社だと思う」「当日中に連絡が来ない企業・職場では働きたくない」との意見もあり、スピーディな応募者対応を心がけることが採用CXを改善・向上させるためのポイントであるといえます。

採用管理システムの活用

採用管理システムの活用により、応募者情報や選考情報などのデータを一元管理することができます。これらの情報をふまえて、応募者一人ひとりに適した採用CXを提供し、さらにその体験を採用管理システムに蓄積していきます。この繰り返しにより、採用ノウハウが蓄積され、採用CXの改善・向上が期待できます。

また、従来の採用システムや紙媒体と比べて採用に関わる工数を大幅に削減することが可能になります。そのため、細かい事務作業が減り、より面接や内定者フォローなど、採用の成否に関わる重要な業務に時間を割くことが可能になります。

採用管理システムについて詳しく知りたい方は、下記の記事をご参照ください。

メルカリの採用CX導入事例

メルカリは採用CXとして、選考の結果たとえ不採用であっても「選考を受けてよかった」と思ってもらえるための施策を行っています。

具体的には選考を終えた候補者に対してアンケートを実施し、選考に対するフィードバックを候補者から受けています。また、応募職種やポジションが増え、採用に携わる社員が増えたことをきっかけに、面接の構造化模擬面接による面接官トレーニングも実施しています。

メルカリの場合、候補者がそのままサービスのユーザーであることが多いですが、そうでなくても企業に対して好印象を持ってもらうことは採用の成否に大きく関わってきます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。本記事では、採用CXについて、全体像や導入事例などをご紹介しました。

採用CXは、この採用難の時代だからこそ非常に重要な取り組みだといえます。採用CXを向上させ、優秀な人材から選ばれる企業を目指していきましょう。

【関連記事】
採用ブランディングとは?メリット・デメリットや企業の成功事例をご紹介します。
採用動画の効果とは?動画制作のコツや事例などもご紹介します!
採用パンフレットとは?内容や作り方や活用事例などを徹底解説します!
採用代行(RPO)サービス比較30選!業務内容、費用、メリット・デメリットまで徹底解説
ダイレクトリクルーティングにおけるスカウト代行サービス10選!特徴、費用などをまとめました。
採用に悩むスタートアップ企業必見!「スタートアップの採用戦略」について徹底解説します
採用フローの作り方とは?フローチャートを利用した作成手順を詳しく解説!
採用戦略におけるKPIとは?採用効果から目標設定の方法まで紹介します。
2020年の採用トレンドは?withコロナ時代の新しい採用手法をご紹介!
ソーシャルリクルーティングとは?メリット・デメリット、事例、おすすめサービス4選をご紹介!
採用業務委託サービス12選!委託できる内容や活用メリット、注意点など徹底解説

採用代行はuloqoにお任せください

「普通の運用代行」ではない、
プロフェッショナルリクルーターによるRPOサービスです。

①月額20万円~からご予算と課題に応じてカスタマイズ型でサービス提供が可能。支援後は追加費用の発生一切なし。
②累計50社取引クライアント様の契約継続率は驚異の90%超。
③あらゆる採用媒体活用実績を活かしたプランニング、実行により、採用目標達成率は87%超。
④上流工程の企画から、下流工程の実業務まで一気通貫で支援。もちろん採用広報もベーシックプランから提供可能です。
⑤独自の業界リサーチで、業界専門用語や市場におけるクライアントのポジションについて、徹底的にインプットを行います。
⑥エンジニア・データサイエンティスト・デジタルマーケター等、専門職種についてはテクノロジー領域専門のコンサルタントが担当します。

▼サービスに関するお問い合わせはこちらから

お名前 (必須)

会社名 (必須)

お電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

選択してください

シェアお願いします!