採用代行(RPO)サービス比較26選!業務内容、費用、メリットデメリットまで徹底解説

こんにちは。digireka!HR編集部です。「なかなか良い人材を獲得できない」「人手不足で採用活動に時間を割けない」などの悩みを抱える採用担当者様も多いのではないでしょうか。

今回は、そんな担当者様に役立つ採用代行(RPO)サービス26選をご紹介いたします

採用代行について、業務内容、費用の相場、メリット、デメリット、導入のポイントなども併せてご紹介していますので、ご参考いただけると幸いです!

採用代行(RPO)とは?

採用代行=RPO (Recruitment Process Outsourcing)とは、採用活動の一部を社外に委託する採用方法です。

各企業にあった人材を紹介する人材紹介会社とは異なり、実際に「採用計画の立案→母集団形成→応募者管理→選考→内定」という採用活動のプロセスにおいて、実際に業務を担うのが採用代行です。

就活ルールの廃止やそれに伴う採用方法の多様化だけでなく、働き方改革によって、新制度の構築や人事評価制度の見直し・改善など、採用以外の人事業務は増え続けています。そこで、「効率よくスピーディーな採用」を実現する手段として、採用代行が挙げられます。

採用代行を導入することで、限られたリソースでも、効率よく業務を遂行することが可能になります。また、採用代行では、自社の現状や課題に合わせて、委託する範囲を自由に決めることができます。

採用代行の業務内容

まずは、「導入・企画、母集団形成、応募者管理、面接、内定者フォロー」といった採用活動の各プロセスごとに、採用代行に依頼できる業務内容について詳しくご紹介します。

導入・企画

導入や企画段階での採用代行では、採用計画の立案や求める人物像の言語化、パンフレット・HPの作成、管理などの委託が可能です。

とくに、漠然としてしまいがちな、求める人物像を的確な言葉で設定するには、時間やノウハウが必要になりますが、プロに任せることでより効率よく進めることができます。

さらに、代行会社によっては、面接官の育成も実施しています。採用の計画を進めつつ、面接までの限られた時間の中で、面接官を育成することが可能になります。

母集団形成

母集団形成の段階では、採用する人材候補者を増やすため、自社の認知度をあげるための業務を委託することができます。募集ターゲットに合わせた求人媒体の選定や人材紹介会社との打ち合わせや説明会の企画などが含まれます。

最近増えてきている、ダイレクトリクルーティングを実施する際の、スカウトメールの送付も委託することができます。求める人材にマッチした候補者へ、直接オファーを送る手間を省くことができ、よりスムーズに選考へ進めることができます。

応募者管理

応募者から寄せられた書類の管理や選定、通過者との面接の日程調整などの委託も可能です。

複数の面接を同時進行している場合や、応募者が多数存在する場合、多くの書類に目を通す作業を外部に任せることで、時間や手間を省くことができるだけでなく、よりマッチした人材を見いだす確率を上げることができます。

さらに、より重要なステップとなる、面接での選考に専念することが可能になります。

面接

面接を担当する人材や時間が確保できなかったり、的確な人物を面接で見極めるノウハウを持っていなかったりという悩みを解決する場合、企業によっては面接の代行も依頼が可能です。

とくに、面接官育成には、時間やコストがかかってしまうので、短期間でマッチする人材を確保したい場合、効率よく採用活動を行うことが可能になります。

しかしながら、面接で採用代行を導入する場合、採用後のミスマッチを防ぐために、依頼するサービスを提供する企業との密なコミュニケーションが必要不可欠です。

内定後のフォロー

内定通知後、メールでの連絡や入社前の研修の企画など、内定者に対するフォローについても、代行を依頼することが可能です。

辞退者の増加を防ぐためには、内定者と継続的にコミュニケーションをとることが重要です。採用代行を導入することで、継続中の他の選考に専念することが可能になります。

採用代行にかかる費用の相場

採用代行費用は業務全般又は部分的に委託するか、スタッフを常駐又は非常駐とするかなど依頼する業務内容により異なります。また、月額制や成果報酬制など報酬形態により大幅に変動されます。

各社により委託できる業務内容及び料金体系が異なるため注意が必要です。委託したい業務を明確にし、予算を考慮した上で自社にマッチしたサービスを選択しましょう。

費用相場を一概に言うことはできませんが、参考として算出方法や各社の料金体系をご紹介していきます。

月額一律料金型

作業項目ごとに月額料金を算出するケースです。業務依頼内容が多い企業の場合、お得になる可能性があります。

反対に、業務ボリュームが少ない企業の場合、高額となる可能性があるため注意が必要です。

成果報酬型

業務内容に応じて支払う報酬が異なる支払い形態です。

基本的に採用成功まで一切報酬はかからないものが多いですが、初期費用がかかるケースや面接時に追加料金がかかるケースなど企業によって様々な報酬形態があります。

新卒採用代行

新卒採用における費用の相場は5~70万円/月となります。

中途採用代行

中途採用における費用の相場は10~70万円/月となります。

業務別代行費用の一例

面接日時設定:月5万円~
DM・スカウト配信:月3万円~
面接実施:1回1万円~
評価シート作成:1回3千円~
欠席者フォロー・別日程案内:月2万円~
次回面接日時連絡:月2万円~
合否連絡:月2万円~
内定通知書発送:月2万円~

採用代行を導入するメリット

採用計画の考案から、実際に内定を通知するプロセスに至るまで、採用代行を導入することで、様々な業務について工数を削減することができます。その他にも多くのメリットがあるので、ご紹介します!

コア業務に集中できる

採用に関する業務をアウトソーシングすることで、会社のリソースをコア業務に集中させることができます。

合否の最終決定や人事・採用戦略の立案など、採用活動を実施するうえで本来注力すべきコア業務に十分な時間を割くことが可能になります。

コストを削減できる

設定したコストの範囲内で採用代行サービスを活用することで、採用にかかるコストを削減することができる可能性もあります。

ただし、依頼する会社との間で事前に採用単価を擦り合わせておくこと、採用単価を低減させた場合の目標達成確度についても十分にすり合わせしておく必要があります。

短期間で効果的な採用を実現できる

ノウハウをもったプロに委託することで、短期間であってもより効率的な採用を実現することが可能になります。

企業選定の際は、自社に見合った当該市場における知見含め、十分なノウハウを有しているかの見極めも重要です。

応募者への丁寧な対応ができる

限られた期間での採用活動では、複数の業務の同時進行は必要不可欠です。その際に、見落としがちになってしまうのが、応募者への「スピィーディーかつ丁寧な対応」です。

応募や選考後のレスポンスが早ければ早いほど、応募者に信頼してもらいやすくなります。その結果、応募者を集めやすくなったり、内定の辞退者を最小限に抑えることに繋がります。見落としがちなポイントだからこそ、採用代行を導入することで、より効果的な採用活動が見込めるでしょう。

時代の流れを汲んだ最先端のプランニングを基に採用活動を展開できる

採用のプロに依頼することで、時代に合った採用方法を取り入れることができます。前提として、最先端がよい、というわけではなく、必要に応じて必要な選択肢を余すことなく検討出来る、という意味です。

新卒採用では、ルール廃止によって就職活動自体が早期化し、中途採用では、転職が一般的なものとして捉えられるようになり、採用方法が多様化してきています。時代の変化が激しいからこそ、優秀な人材や自社にマッチする人材を確保するためには、それぞれの時代に合った採用方法を見極め、瞬時に実施することが必要です。

時間をかけて自社で、採用のスキルをもった人材を育成することも可能ですが、プロへの依頼と併行することで、ノウハウを蓄積しつつ、時代に合った採用方法を導入をすることができるでしょう。

採用代行導入に伴うデメリット

採用活動では、「自社にマッチするか」「自社での活躍が見込めるか」が鍵になってきます。そのため、採用代行を導入する際には、自社が理想とする採用基準に関する意思疎通が十分にできていなければ、採用後のミスマッチを引き起こしてしまうというデメリットもあります。

的確に採用代行を利用し、より効果的な採用活動を実施するために、デメリットも認識しておく必要があります。

認識のズレが生じる可能性がある

依頼先サービスとの認識のズレは、採用後のミスマッチに繋がる大きな要因になりかねません。そのため、依頼先にしっかりとヒアリングしてもらい、細かい点まで伝える必要があります。

依頼内容にもよりますが、とくに書類選考や面接など、選考で大きな役割を果たすポイントでは、密にコミュニケーションをとり、お互いの認識を一致させることが欠かせません。

適切なサービスの選定が難しい

採用代行と言っても、数多くのサービスが存在します。提供しているサービスやコストも様々なので、自社の採用活動におけるニーズや、どの段階で代行を依頼するのかを明確にし、希望するコストを設定したうえで、適切なサービスを選択する必要があります。

曖昧な判断の元での採用代行の導入は、かえって多くのコストを招いてしまうこともあるので注意しましょう。

応募者・内定者との関係性が弱くなってしまう可能性がある

とくに、内定通知後の、内定者へのフォローを委託する場合、自社と内定者との関係性をしっかり持つことを心がける必要があるでしょう。内定辞退を防ぐためにも、採用代行サービスに頼りすぎず、自社から積極的にコミュニケーションをとることを意識しましょう。

採用に関するノウハウが自社に残らない

採用のプロに任せることで、時代に合わせた採用方法を取り入れることができ、優秀な人材の確保や効果的な採用活動を実施することが可能になります。

一方で、採用を「委託」するので、社内でのノウハウの構築が難しくなるでしょう。面接官の育成プログラムを提供するサービスなどを利用して、効率の良い採用活動を行いつつも、自社での人材育成にも注力することを心がけましょう。

採用代行の活用がおすすめの企業とは?

中小企業など、まだまだ自社の認知度が十分でないと感じる企業

自社の認知度に不安を抱く企業では、母集団形成段階での採用代行の導入がおすすめです。採用活動において、認知度を高めることは、応募者を増やすことに繋がり、求める人材に出会うチャンスを増やすきっかけになるでしょう。

マンパワーやノウハウの不足を抱えている企業

人材不足や採用に関するノウハウを十分に持っていないと感じる企業には、とくに採用計画の導入〜応募者管理の段階での採用代行の導入がおすすめです。

限られたリソースで複数の業務を同時進行した際に起こり得るミスを防ぐために、候補者の絞り込みを外部に委託することで、コア業務に専念することが可能になります。

応募者が多数になる人気企業

書類提出の段階で、応募者多数になる人気企業では、応募者管理の段階での導入がおすすめです。

面接など、選考において重要性の高い選考に進めるまでに、効率よく募集者を絞ることが可能になります。人数を減らすことで、優秀な人材や自社にマッチする人物をより効率よく見つけられるようになるでしょう。

大量採用を試みる企業

一度に多くの人材の採用を試みる企業には、内定者フォローの段階での導入がおすすめです。

内定通知後に、辞退を防ぐためには、内定者との密なコミュニケーションが必要不可欠です。その際、他の選考が多数続いていると、コミュニケーションが弱くなってしまいがちです。そこで、採用代行に依頼することで、採用する人材との連携を確実に行い、人材を確保することに繋げましょう。

採用代行を導入する際に注意すべきポイント

採用代行で委託できる業務は多岐にわたるので、自社で不足しているリソースや改善点を明確にすることで、無駄なコストや時間を省き、最適な採用代行を導入しましょう。

応募者や内定者と十分なコミュニケーションをとることを心がける

採用代行で、応募者管理や内定者フォローに関する業務を委託していても、応募者や内定者への丁寧なレスポンスや的確なコミュニケーションをとることを意識しましょう。スピーディー且つ、継続した連絡をとることで、信頼関係を構築し、応募・内定辞退を防ぐことに繋がります。

以上のメリットやデメリット、注意点などを踏まえたうえで、自社のニーズにあったサービスを選定しましょう。

【26選】採用代行サービス提供会社

採用代行を中心としたアウトソーシングサービスを行う企業26社をまとめさせていただきました。企業ごとの特徴、費用等を詳しくご紹介いたします。

株式会社uloqo

特徴・広告業界最大手グループのネット広告代理店、リサーチ業界最大手企業等、50社以上との取引実績あり。
契約継続率90%以上を誇る高品質サービス。
・深い理解と専門知識を有したコンサルタントによる支援で、採用ペルソナ設計から面接代行まで、すべての段階においてスムーズな対応が可能。
・少数精鋭だからこそ、柔軟なサービス設定と対応が可能。また、大手企業では実現しない低コストから(月額200,000円〜※税別)サービスを提供。
費用詳しくはお問合せにて。

 

株式会社ネオキャリア

特徴業界トップクラス10,000社以上の導入実績があり、新卒、中途、アルバイトなど幅広い採用代行サービスを展開。
説明会・面接などの日程設定、応募者対応、面接代行など、採用における様々なサービスに対応。
最新のチャットボットやAIの活用などを含め、時代の変化に対応したサービスを実施しており、土日対応も可能。
費用・新卒、中途、アルバイトによって異なる価格設定。
・月10万円からのお得なキャンペーンも実施。

 

株式会社トライアンフ

特徴3,000社以上の導入実績があり、企業の採用強化、組織強化、人事・労務の効率化をサポート。
Web求人媒体からのエントリー受付、会社説明会の案内告知、応募者データ管理、面接日程調整、面接結果連絡など採用業務全般の対応が可能。
現状把握から来期提案の検討まで、長期的な視点を持った採用代行を実施。
・常駐型アウトソーシングも実施しており、採用経験の豊富なスタッフを企業に派遣することも可能。
費用HP上記載なし。詳しくはお問合せにて。

 

株式会社ONE

特徴約3,000案件を誇る採用代行実績があり、雇用形態、募集する業種・職種、時期やトレンド、面接フローや選考スピードなどを様々な点を考慮した採用代行プランを提供。
会社の人材戦略に合わせたオーダーメイドプランを提案し、費用対効果の良い採用を実現。
・新卒採用・中途採用・アルバイト採用の雇用形態を問わず対応。
・中小企業から大企業まで数多くの企業をサポート。
費用・サービス内容や期間に合わせてお見積もり。
・採用代行パッケージプラン、オーダーメイドプランあり。

 

株式会社パソナ

特徴「専門性」「実績」「経験力」を持つ採用のプロが採用課題の解決を支援。
各企業のニーズに合わせたオペレーション体制の構築が可能。
・求人サイトやエージェント、採用手法の適切な組合せでコスト削減が可能。
・入社後の研修・オンボーディングのオペレーション支援も対応。
費用HP上記載なし。詳しくはお問い合わせにて。

 

パーソルテンプスタッフ株式会社

特徴応募者管理などの部分的なアウトソーシングから、採用計画~入社対応までのフルアウトソーシングが可能。
・採用センターを活用したセンター型支援から経験豊富なコンサルタントが企業に常駐するオンサイト型支援まで、企業ごとの課題や採用プロセスに応じて支援可能。
・採用規模の大きい、大型採用プロジェクトの対応が可能。
費用HP上記載なし。詳しくはお問い合わせにて。

 

株式会社人材研究所


特徴・採用のプロが、人材アセスメントや採用プロジェクトマネジメントを代行。
・テンポラリーな採用チームとして、採用業務の全てまたは一部を代行。
・共に考えながら業務にあたり、各企業に最適な採用スキームを構築することが可能。
説明会・面接代行、リクルーター代行、内定学生向け「動機付けコンテンツ」の企画・実施、内定者研修など、幅広いアウトソーシング・サービスを実施。
費用HP上記載なし。詳しくはお問合せにて。

 

株式会社HRアソシエ

特徴リピート率90%以上で多くの採用活動を成功に導き、継続的な付き合いを実現。
・最適なプランを適正価格で提供し、採用予算の投資対効果を最大限に高める。
企業の採用状況の変化に合わせて柔軟に対応し、採用業務のほぼすべて代行可能。
費用サービス導入に必要な予算は50万円~(サポート期間や内容によって変動)。

 

株式会社レジェンダ

特徴550社以上の採用支援で培ったノウハウで企業の採用活動をサポート。
・社内プロモーション、求人媒体管理、応募・選考管理、人材紹介会社管理、アセッサー代行、イベント運営、セミナープレゼンター、インターンシップ運営、ブッキング、入社手続きなど、幅広い業務委託が可能。
・採用チームのマンパワー不足にお悩みの企業に、スタッフが常駐し活動を支援することも可能。
費用HP上記載なし。詳しくはお問合せにて。

 

株式会社ジーズコンサルティング

特徴リピート率98%を誇り、採用ニーズに合わせた柔軟なサポートが可能。
新卒・中途採用領域にて、すべてまたは部分的な代行が可能。
・採用成功にコミットし、「人事担当者の一員として」応募者とのコミュニケーションに対応。
・スピーディかつ親身な対応で合否・選考の案内を行うため、辞退を減らすことが可能。
費用HP上記載なし。詳しくはお問合せにて。

 

株式会社マイナビ

特徴・総合人材サービス企業として全国で大型案件の実績が多数。
新卒・中途・アルバイト・派遣など、幅広い採用市況に精通。
・採用業務に関するあらゆる業務を貴社専任の採用プロジェクトチームが代行。
・求人サイト運営で培った、応募効果最大化のノウハウが強み。
費用HP上記載なし。詳しくはお問合せにて。

 

株式会社キャリアマート

特徴年間約500社以上の採用をサポートし、業種に合わせたアウトソーシングを実施。
・マイナビ、リクナビからAOL、R-ship、SONARなど様々なシステムのアウトソーシング実績あり。
・約600体の採用ロボットが大量の業務を超短時間で処理し、ミスの無い正確な代行が可能。
・採用数に応じたアウトソーシングプランを提供し、月5万円~対応が可能。
費用HP上記載なし。詳しくはお問合せにて。

 

株式会社ディスコ

特徴・企業の継続率9割以上を誇る、満足度の高さ。
採用プロセスの企画立案および業務フロー構築をサポート。
・アウトソーシングによる効率化や労力の軽減による採用活動の生産性の向上はもちろん、将来を担う優秀な人財を採用するためのすべてをサポート。
費用HP上記載なし。詳しくはお問合せにて。

 

株式会社学情

特徴数多くの企業で導入実績があり、蓄積されたノウハウに基づいた運用が好評。
・採用活動全体のコンセプト策定から、スケジュールの調整、就職サイトの運営代行、エントリー学生のデータ管理、メール・電話サービス、企業説明会の代行、面接の代行・フォローまで、幅広く採用活動を支援。
学生の最新動向や志向性、地域や企業ごとの傾向、市場の動きなどに基づいたアドバイス・コンサルティングも実施。
費用HP上記載なし。詳しくはお問合せにて。

 

株式会社ツナグ・ソリューションズ

特徴・アルバイト・パート採用に特化しており、約330社、90,000店舗の採用活動をサポートした実績あり。
募集手段の設計・展開、媒体選定・発注などの業務代行だけでなく、応募受付から面接設定に至るまでの応募者対応も含めた一括代行サービスを実施。
・365日稼働の応募受付専門コールセンターにて、丁寧な対応で応募先への動機付けをすることで、着実に選考に足を運んでもらうための最適化を実施。
専任コンサルタントが、採用担当の一員として専門知識の活用、客観的な現状業務の把握、問題提起、原因分析、対策・戦略立案を通して採用成功を支援。
費用HP上記載なし。詳しくはお問合せにて。

 

NOC日本アウトソーシング株式会社

特徴年間600名の採用実績に基づいたノウハウやオペレーションを提供。
新卒、中途、アルバイト・パートの雇用形態を問わず、完全パートナー型のサービスを実施。
・採用実務経験者が中心となった精鋭スタッフが、採用担当の一員として採用活動をサポートし、コンタクトの拡大や採用プロセス全体のスピード・アップを支援。
費用HP上記載なし。詳しくはお問合せにて。

 

マンパワーグループ株式会社

特徴・全世界に2,600以上、日本国内に約115拠点のオフィスを持つ、世界第3位の総合人材サービス会社。
・新卒採用・中途採用において、採用改善の提案から実務の代行まで、企業の採用活動を成功に導くサービスを実施。
蓄積されたノウハウをもとに、費用対効果の高い採用方法を提案し、内定・入社後の定着まで支援。
費用HP上記載なし。詳しくはお問合せにて。

 

アデコ株式会社

特徴総合人材サービス業として売上高は世界一を誇り、60カ国以上でサービス展開。
新卒、中途、契約社員、パート・アルバイト採用に対応し、トータルでサポート。
・募集、エントリー受付、応募者コミュニケーション、スクリーニング・選考など採用全般に対応。
・候補者への動機づけや的確な候補者の見極め、きめ細かな対応で、ミスマッチのない 採用を実現。
費用HP上記載なし。詳しくはお問合せにて。

 

株式会社リンクアンドモチベーション

特徴採用活動のプロセスを可視化し、進むべきプランを設計。
・企業採用ホームページ、各種ナビ媒体、合同説明会・学内説明会での直接接触者など、入り口の違うエントリー学生を一つのシステムで管理し、学生の動機醸成及び業務支援を行う管理システム「SCOPE」。
採用戦略の立案、説明会・インターンシップ・選考プロセス等の設計・運用、選考プロセスの細部にわたる実務サポート。
費用HP上記載なし。詳しくはお問合せにて。

 

株式会社採用総研

特徴就職サイトの運用から、説明会動員、内定者フォローまで幅広い採用代行を実施。
会社説明会の企画・運営の代行や選考の企画運営も対応可能。
・採用の「作業部分」をアウトソーシングし、学生と直接話し合うコア部分に専念できる。
費用HP上記載なし。詳しくはお問合せにて。

 

株式会社ウィルオブ・ワーク

特徴日本全国に39の拠点を持ち、それぞれの地域特性を把握した採用ノウハウをもとに採用代行サービスが可能。
採用活動全体または一部のみを抜粋したサービスも対応可能。
・日本全国の約180媒体の特性を熟知しており、求人媒体からの応募効率を最大限引き上げることが可能。
・運用チームの各ポジションに専門的な技術を持った人物を配置しており、要望に合わせて、柔軟にチーム構成や人数を変更することが可能。
費用HP上記載なし。詳しくはお問合せにて。

 

株式会社アールナイン

特徴1,200社以上の導入実績があり、最適な採用コンサルティングと採用実務サポートを提供。
・採用に関わる様々なニーズに対応できるサービスを、全国の主要都市で展開。
採用のあらゆるプロセスを最適化し、必要な人材を適材適所に配置。
・面接・説明会代行、リクルーター制度導入、リクルーター代行、面接官・リクルータートレーニングなど幅広いサポートを実施。
費用HP上記載なし。詳しくはお問合せにて。

 

株式会社ヒューマントラスト

特徴・採用戦略立案・実行、説明会企画・運営、採用試験の企画・提案・作成、応募者受付・管理、内定者フォロー、書類選考、面接代行、合否通知など採用業務全般をトータルにサポート。
・企業のコスト軽減と業務の負担減及び業務の効率化を実現。
新卒・中途採用に対応しており、スタッフが常駐するタイプの「常駐型アウトソーシングサービス」も実施。
費用HP上記載なし。詳しくはお問合せにて。

 

株式会社クイック

特徴新卒・中途・アルバイト採用それぞれ、トータルでサポートが可能。
・各種媒体を軸とした母集団形成戦略、求職者(エントリー)データの管理、求職者フォローなどコミュニケーション対応から、合否連絡など各種事務業務まで採用業務フロー全域に対応。
各企業の採用フローにカスタマイズしたアウトソーシングサービスも提供。
費用HP上記載なし。詳しくはお問い合わせにて。

 

株式会社ワイエスプランニング

特徴企業の考え方や姿勢を理解し、かつ採用目標を共有しながらさまざまな人事・総務業務を代行。
・リクナビの応募管理システム「RICS」など各種応募者DBの管理代行をはじめとした「応募者管理」、応募者を説明会にアテンドするためのアウトバウンドコールや各種問い合わせに対しての「インバウンド」などを実施する「テレマーケティング」を実施。
・さらに説明会・選考の企画立案や会場の選定、備品のレンタル手配などを行う「説明会・選考支援」など、採用選考フローに応じて各種サービスを提供。
費用HP上記載なし。詳しくはお問い合わせにて。

 

株式会社ピーアール・デイリー

特徴新卒・中途・アルバイトなど幅広い領域における採用業務支援サービスを提供。
各種採用サイトの運営管理、DM・スカウトメールの検索・設定・配信、資料発送、応募者の採用データ集計など、採用に関する各種業務を代行・支援。
・採用担当者が本来力を入れるべき業務に注力してもらうことで、企業の『採用力』を高め、採用を成功へ導く。
費用HP上記載なし。詳しくはお問い合わせにて。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、採用代行を中心としたアウトソーシングサービスを行う企業26社をご紹介いたしました。

採用方法の多様化に伴い、採用にかかわる業務が増加し、優秀層や自社にマッチする人材の確保が難しくなってきています。

しかし、専門のノウハウをもった外部サービスに委託することで、より効果的な採用活動の実現に繋がります。採用代行を検討される際は、自社に不足しているリソースや採用活動における弱みなどを明確にし、最適なサービスを最適な方法で導入することを心がけましょう。

【関連記事】
エンジニア採用に強い採用代行業者の見極め方とは?
Webマーケターの採用を実現するための効果的な手法・チャネル・おすすめの転職エージェントとは?
採用に悩むスタートアップ企業必見!「スタートアップの採用戦略」について徹底解説します
面接代行サービス20選!特徴・費用を徹底比較しました!
ダイレクトリクルーティングにおけるスカウト代行サービス10選!特徴、費用などをまとめました。

人事課題をお持ちのご担当者様へ

✓広告業界最大手グループのネット広告代理店等、50社以上との取引実績あり
契約継続率90%以上を誇る高品質サービス
月額200,000円~の圧倒的コストパフォーマンスを実現
✓デジタルマーケティング業界出身のコンサルタントだからこそ業界・事業を熟知
✓少数精鋭だからこそ実現出来る、柔軟なサービス設計・ご対応

 

▼サービスに関するお問い合わせはこちらから

お名前 (必須)

会社名 (必須)

お電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

選択してください

 

シェアお願いします!