スクラム採用とは?導入のメリットデメリットや企業事例などをご紹介します。

こんにちは。digireka!HR編集部です。リファラル採用やダイレクトリクルーティングなど採用手法の多様化が進む中、新たな採用手法として「スクラム採用」が注目を集めています。

今回は、スクラム採用について、導入のメリットデメリットや導入企業事例などをご紹介します。

スクラム採用とは?

スクラム採用とは、社員主導型の採用活動であり、株式会社HERPによって提唱された概念です。ラグビーでスクラムを組むように、採用におけるゴール(採用目標)の達成に向けて全社員が一丸となり取り組む採用方式のことです。

スクラム採用では、「権限委譲」「成果の可視化」「採用担当のプロジェクトマネージャー化」という3つの条件が定義されています。以下ではこの3つの条件について詳しくご紹介します。

①権限委譲

採用活動のワークフローを分解し、各フローの権限を最適な担当者に委譲するというものです。各職種ごとの最適な採用方法に関して、検討や改善を現場主導で行うことも意味します。

②成果の可視化

採用活動を通して得られた成果を全社員にフィードバックし、定期的な振り返りができている状況のことです。

③採用担当のプロジェクトマネージャー化

採用担当者が、採用活動というプロジェクト全体を管理するプロジェクトマネージャーとして機能している状況のことです。採用関連の知見を現場社員に提供する役割を担っています。

スクラム採用の導入メリット

自社にマッチした人材を確保できる

業務への理解度が高い現場の社員が採用活動を行うことで、自社にマッチした人材を確保できる可能性が高いです。

従来の人事部が主体となって行う採用活動では、現場の業務について詳しく把握しないまま新しい人材の配属が行われるケースが多くあり、業務と人物像との間にズレが生じることがしばしばありました。

スクラム採用では現場が主体となって採用活動を行うため、現場の事情を把握した上での採用活動が可能になり、自社の業務にマッチした人材を確保することができます。

採用担当者の負担を軽減できる

採用活動における業務を細分化して複数の部署や社員に振り分けることで、採用担当者の業務負担を軽減できます。

前述の通り、スクラム採用では採用担当者がプロジェクトマネージャーとして機能することが重要になってきます。

採用担当者の業務負担が軽減されれば、その分全体のマネジメントに集中できるようになり、効率よく業務を進められるようになります。

社員のエンゲージメントが向上する

社員が自ら採用活動に関わるため、会社の魅力やビジョンへの理解が深まり、結果的に社員のエンゲージメントが高まります。

社員が自社の魅力を再確認し、優秀な人材の獲得に向けて互いに協力し合うことで更なるエンゲージメントの向上が期待できます。

スクラム採用の導入デメリット

採用業務が煩雑化する

スクラム採用では、それまで人事部だけで行っていた採用活動に複数の部署や社員が携わるため、どうしても採用の業務が煩雑化します。

採用に関する明確な役割分担や適切な情報共有ができていないと、かえって採用担当者の負担が大きくなる恐れがあります。

社員の意識を醸成するのに時間がかかる

社員にとって、通常業務を抱えながら採用業務をこなしたり、採用関連の知識を身に付けることは大きな負担になります。

そのため、全社員が一丸となって採用活動に取り組む意識が定着するまでに時間がかかることがあります。

株式会社メルカリのスクラム採用導入事例

フリマアプリを運営する株式会社メルカリでは、創業当時からリファラル採用に力を入れており、社員全員が採用活動に参加する文化が根付いています。

同社はあらゆる施策において「新たな価値を生み出す世界的なマーケットプレイスを創る」というミッションと、「Go Bold(大胆にやろう)」「All for One(全ては成功のために)」「Be Professional(プロフェッショナルであれ)」という3つのバリューを軸に展開しています。

スクラム採用の実践においては、各領域のプロフェッショナルがそれぞれの価値を発揮することで、人事担当以外のメンバーが活躍しているそうです。

また、経営陣のコミットメントも非常に重要で、週1で開催される全社会議の場において採用に対するメッセージを発信していると言います。

バリューからの落とし込みと、経営陣のコミットメントによって積極的にスクラム採用を進めているそうです。

その他スクラム採用の導入企業事例

ヘイ株式会社の事例

キャッシュレス決済サービスやオンライン運営サービスなどを手掛けるヘイ株式会社では、人事と現場の役割を明確にし、現場への権限譲渡を徹底してスクラム採用を実施しています。

また、「採用は全員の仕事」という考えをベースに、毎週「Hello hey」という会社説明会を開き、社員の9割が参加しているそうです。

株式会社PR Tableの事例

PR活動支援サービスを展開する株式会社PR Tableでは、全社PRパーソンという考え方に基づき、採用活動に対しても全社で取り組んでいます。

社内外の企業理解を深めるための情報公開・共有を積極的に行っています。実際に、面接のフィードバックや選考プロセスなど、オファー時の給与を除くすべての情報を全社員にオープンにしています。

スクラム採用専用のツール「HERP(ハープ)」について

冒頭でもご紹介した株式会社HERPは、スクラム採用を定義化し、スクラム採用専用のツール「HERP」を開発・提供しています。

HERPで出来ることは、

・求人票の作成・公開や求人媒体からの情報連携
・メッセージの管理
・リファラル採用・社員紹介
・面接スケジュールの管理
・効果分析など

採用活動に必要なものは、基本的に全て組み込まれています。

SlackやChatworkなどのコミュニケーションツールとも連携しており、スクラム採用に参加する社員同士のスムーズなコミュニケーションや情報共有が可能です。

ベンチャー・スタートアップから上場企業まで、200社以上がこのHERPを導入しており、中にはミクシィやクラウドワークス、BASE、日本経済新聞社なども名を連ねています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、スクラム採用について、導入のメリットデメリットや導入企業事例などをご紹介しました。

スクラム採用はまだまだ新しい採用手法ですが、今後さらに導入する企業は増えてくると予想されます。上手く活用すれば自社にマッチした人材の獲得や採用担当者の負担軽減など、様々なメリットが期待できます。

是非本記事を参考にして、スクラム採用の導入を検討してみてください。

【関連記事】
採用代行(RPO)サービス比較30選!業務内容、費用、メリット・デメリットまで徹底解説
面接代行サービス22選!特徴・料金を徹底比較しました!
ダイレクトリクルーティングにおけるスカウト代行サービス10選!特徴、費用などをまとめました。
人事業務代行(人事アウトソーシング)とは?サービス16選比較!
新卒採用コンサルティングサービス17選!費用やサービス内容について詳しくご紹介します。
採用業務委託サービス12選!委託できる内容や活用メリット、注意点など徹底解説
採用に悩むスタートアップ企業必見!「スタートアップの採用戦略」について徹底解説します

【2022年卒版】新卒採用スケジュールの組み方を徹底解説!

採用代行はuloqoにお任せください

「普通の運用代行」ではない、
プロフェッショナルリクルーターによるRPOサービスです。

①月額20万円~からご予算と課題に応じてカスタマイズ型でサービス提供が可能。支援後は追加費用の発生一切なし。
②累計50社取引クライアント様の契約継続率は驚異の90%超。
③あらゆる採用媒体活用実績を活かしたプランニング、実行により、採用目標達成率は87%超。
④上流工程の企画から、下流工程の実業務まで一気通貫で支援。もちろん採用広報もベーシックプランから提供可能です。
⑤独自の業界リサーチで、業界専門用語や市場におけるクライアントのポジションについて、徹底的にインプットを行います。
⑥エンジニア・データサイエンティスト・デジタルマーケター等、専門職種についてはテクノロジー領域専門のコンサルタントが担当します。

▼サービスに関するお問い合わせはこちらから

お名前 (必須)

会社名 (必須)

お電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

選択してください

シェアお願いします!