リファレンスチェックサービスのback checkとは?仕組みや料金などをご紹介します!

Last Updated on 2021年2月8日 by uloqo

こんにちは。digireka!HR編集部です。オンラインで気軽にリファレンスチェックを実施できるサービス「back check」をご存じでしょうか?

今回はback checkの仕組み、特徴や違法性などについて詳しくご紹介します!

back checkとは

ROXX社が提供する「back check」とは、オンラインで完結するリファレンスチェックサービスです。2019年10月にリリースされ、サイバーエージェント株式会社や株式会社メルカリなど大手IT企業を中心に500社以上の企業への導入実績があります。

リファレンスチェックとは、採用候補者の前職での人物像や働きぶりなどを、一緒に働いた第三者から確認することです。通常、書類選考や採用面接の情報だけでは経歴・職歴詐称の可能性があります。また、面接で普段の自分と異なる姿を演じることで、企業とのミスマッチが生じるリスクもあります。そこで、リファレンスチェックによって候補者をスクリーニングすることで、採用のミスマッチを最小化することができます。

リファレンスチェックには、企業が候補者から推薦者を直接紹介してもらう方法と、企業に依頼された外部業者がリファレンスの推薦者を探す方法があります。back checkは後者の方法で、企業のリファレンスチェックを支援するサービスです。

back checkの仕組み

次に、back checkが提供するリファレンスチェックの具体的な利用の流れを紹介します。

①候補者にリファレンスチェックを依頼

企業はback check にログインし、採用候補の方の情報を登録します。登録された採用候補者には、リファレンスチェックをしてもらうための案内がback checkからメールで送信されます。
通常、採用担当者が候補者にリファレンスチェックについて説明し、候補者から同意を取る必要があります。back checkはそうした手続きをオンラインで一括で引き受けています。

②推薦者へリファレンスへの回答を依頼

前職で候補者と働いた経験を持つ第三者を「推薦者」として、候補者のリファレンスチェックを依頼します。候補者がback check上で推薦者の簡単な連絡先情報を入力するだけで簡単に回答を依頼することができます。

③推薦者がリファレンスへ回答

推薦者が依頼された内容にそってリファレンスへ回答します。企業は本人確認書類の提出を指定することもできます。

これでリファレンスチェックは完了します。回答したリファレンスチェックの結果はback check上で確認できます。企業はback checkに登録するだけで、全てオンラインで完結できるのです。

back checkの特徴

オンラインで完結するため低コスト

back checkの最大の特徴は、リファレンスチェックの手続きが全てオンライン上で完結することです。そのため、通常は電話で行われるリファレンスチェックをオンライン記述式で手軽に行うことで、低コストで実施できるようになりました。

従来のリファレンスチェックサービスの単価が1件あたり4~10万円なのに対し、back checkは1カ月定額で使い放題です。プランにもよりますが、1件あたりの金額は従来の1/5〜1/10以下となっています。

適切な偽装対策

オンラインでは、回答する推薦者が偽造や詐称を行う危険性もあるでしょう。back checkでは推薦者に本人確認のための画像認証を行なっており、推薦者本人にしか回答できないシステムになっています。

短期間で高い回答率を実現

back checkでは平均3日、90%以上の回答率でリファレンスチェックを実施することができます。質問は全部で20~30問ほどで所要時間は30分程度であるため、オンラインで気軽にリファレンスチェックを行えます。

back checkの質問内容

リファレンスチェックの質問内容は大きく3つに分類されます。

働きぶりについて

・どれくらいの期間一緒に仕事をしましたか?
・前職でどのような仕事をしていましたか?
・遅刻や欠勤は多くありませんでしたか?

採用候補者の在籍期間や実績などが書類や面接の内容と相違ないか確認を行います。

人物像について

・職場でどのような人でしたか?人間性を含めて教えてください。
・また一緒に働きたいと思いますか?回答に対する理由も教えてください。
・個人とチームどちらで働くことに適していると思いますか?

候補者のコミュニケーション能力や性格など、面接では知ることのできなかった人物像を知ることができます。こうした情報は、採用後のミスマッチの軽減につながります。

仕事能力について

・候補者の長所と短所を教えてください。
・問題解決能力や決断力はありましたか?
・部下がいた場合、部下の教育はできていましたか?

一緒に働いた第三者視点で見た、候補者の長所・短所や仕事上の能力を確認できます。自社で必要なスキルを持ち合わせているのか事前に知ることができます。

リファレンスチェックは違法?back checkは合法なのか

リファレンスチェックは必要な同意を取らないと「個人情報保護法」に抵触して違法になります。そのため、リファレンスチェックを行うためには、候補者や推薦者の情報を取得することと、企業に情報が開示されることについて、事前に候補者本人の同意を取る必要があります。

back checkは導入企業が個人情報保護法に該当しないよう入念に設計されているため、安全にリファレンスチェックを実施することができます。

まとめ

back checkはオンラインでリファレンスチェックを実施できるため、低コストで採用ミスマッチを未然に防ぎ、自社に合う人材を採用できます。ぜひ本記事を参考にして、back checkの活用を検討してみてください。

【関連記事】
採用代行(RPO)サービス比較30選!業務内容、費用、メリット・デメリットまで徹底解説
中途採用の流れ、基礎知識、メリットなどを解説します!
【中途採用向け】ダイレクトリクルーティングツール11選徹底比較!特徴・料金まとめ
ダイレクトリクルーティングにおけるスカウト代行サービス10選!特徴、費用などをまとめました。
【研修担当者必見】中途採用社員にも研修が必要な理由と効果的な手法

採用業務委託サービス12選!委託できる内容や活用メリット、注意点など徹底解説
採用に悩むスタートアップ企業必見!「スタートアップの採用戦略」について徹底解説します

採用管理システム(ATS)33選!選び方とそれぞれの特徴を解説・比較します!
中途採用の流れ、面接のポイントを詳しく解説します。
リファラル採用成功への道、国内外サービス比較
職業体験してから転職する「お試し転職」とは?サービス概要や提供企業などを徹底解説
副業人材を採用できる、YOUTRUSTとは?特徴や料金などをご紹介します!

採用代行はuloqoにお任せください

「普通の運用代行」ではない、
プロフェッショナルリクルーターによるRPOサービスです。

①月額20万円~からご予算と課題に応じてカスタマイズ型でサービス提供が可能。支援後は追加費用の発生一切なし。
②累計50社取引クライアント様の契約継続率は驚異の90%超。
③あらゆる採用媒体活用実績を活かしたプランニング、実行により、採用目標達成率は87%超。
④上流工程の企画から、下流工程の実業務まで一気通貫で支援。もちろん採用広報もベーシックプランから提供可能です。
⑤独自の業界リサーチで、業界専門用語や市場におけるクライアントのポジションについて、徹底的にインプットを行います。
⑥エンジニア・データサイエンティスト・デジタルマーケター等、専門職種についてはテクノロジー領域専門のコンサルタントが担当します。

▼サービスに関するお問い合わせはこちらから

お名前 (必須)

会社名 (必須)

お電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

選択してください

シェアお願いします!