採用管理システム(ATS)33選!選び方とそれぞれの特徴を解説!

こんにちは。digireka!HR編集部です。多くの企業が人材の採用に多くの時間と人を割いています。そこで今回は採用担当者の負担を軽くし効率化する採用管理システム(ATS)についてご説明します!

採用管理システム(ATS)とは?

採用管理システムは採用におけるプロセスを一元的に管理するシステムです。英訳は「Applicant Tracking System」であり、採用の応募者がどの段階にいてどのような評価を受けているかTracking(追跡)できるシステムです。

採用管理システム(ATS)が管理する主要な4項目

・求人管理
自社の求人に興味を持っている求職者を集める母集団作成や、求人ページや広告の作成・管理を行います。
・情報管理
応募してきた求職者の履歴書の情報などを管理します。
・選考管理
面接や入社試験の評価、選考の段階の進捗具合などを管理します。
・内定者管理
内定者への通知やフィードバックなどを行います。

採用管理システムはこれらの項目を同一のシステム上で行うことができます。

採用管理システム(ATS)のメリット

採用担当者の負担軽減

従来の採用システムと比べて採用に関わる工数を削減できます。人事担当者がやるはずだった作業の多くを機械化できるためです。選考の進捗状況が可視化され、情報の共有が容易になったため1人1人の応募者に費やす時間が短くなります。

採用者の質の向上

採用管理システムを導入することで採用のスピードを上げ、より多くの求職者に出会うことができます。また採用結果がすぐに決まることは人材紹介会社からの評価が高くなる要因であり、より良質な人材を紹介してもらえるようになります

採用データの蓄積・分析

どの媒体からどのくらいの応募があったのか、採用コストはどれくらいかかったかということを把握し共有することができます。また、採用基準なども履歴が残り、目安が設けられるため自社の中でノウハウを蓄積することができます。そのため担当が変わったとしても同じように引き継ぐことができます。

採用管理システム(ATS)を導入する際の注意点

採用管理システムは様々な会社による様々なタイプがあり、月額の費用も無料のものから数十万円のものまで存在します。それぞれの特徴が自社の採用方針に沿うのかどうかを比較検討することが大切です。

雇用形態にマッチするか

例えば新卒を採用したい場合は、新卒採用に強い採用管理システムを選択するべきであり、中途やアルバイトとして採用したい場合はそれぞれに適した採用管理システムを選択するのが適切です。採用管理システムは幅広い雇用形態に対応したものから特定の雇用形態に特化したものまで存在します。

外部ツールとの連携

自社で既に採用しているタレントマネジメントシステムがある場合、そのシステムとの連携があるかどうかを確認する必要があります。また、その他のよく使う求人媒体や業務連絡ツールとの連携があればなお良いでしょう。

タレントマネジメントシステムに関してはこちらの記事をどうぞ タレントマネジメントシステム10選比較!機能、特徴、料金などをまとめました。

企業の採用規模にマッチするか

年間に少人数の採用しかしないような会社の場合、採用管理システムの恩恵が少なく、コスト面で損をしてしまうことがあります。自社の採用規模に適合する採用管理システムを選択するようにしましょう。

採用業務に適応できるか

採用業務の中に機械で一元化できないようなアナログな業務がある場合、採用管理システムは有効度が低くなります。そのような場合は採用代行(RPO)サービスの導入が適切でしょう。

採用代行(RPO)サービスに関してはこちらの記事をどうぞ 採用代行(RPO)サービス比較30選!業務内容、費用、メリット・デメリットまで徹底解説

採用管理システム(ATS)の選び方

ここでは採用管理システムを選ぶ際に判断材料となる機能について紹介します。

求人の編集・公開機能

採用管理システムは自社のHPに求人募集フォームを簡単に開設できる機能がある場合があります。その場合にどのようなレイアウトのフォーマットなのか、ユーザーサイドから見て使い勝手は良いのかなどを検討します。

応募者の管理機能・進捗状況

採用管理システムのなかで最も頻繁に利用される機能です。応募者の情報や採用の進捗の管理を行います。この機能の使いやすさと見やすさが採用管理システムを選ぶ際の大きなポイントとなります。

コミュニケーション機能

採用担当者は多くの応募者とコミュニケーションをとる必要があります。コミュニケーション機能は多くのメールを一元で管理し、細かな情報も見落としにくくなる機能です。またLINEやSlackなどのツールなどとも連携してコミュニケーションを行える採用管理システムもあります。

また日程調整や外部のカレンダーツールとの連携などの機能を持った採用管理システムもあり、採用担当者の使いやすさを考慮して検討する必要があります。

おすすめの採用管理システム(ATS)の比較

ここでは具体的に採用管理システムを紹介していきます。その特徴、強み、料金などを比較します。なお、ここで記載されている料金はすべて税抜きの料金となります。

幅広いニーズに応えた採用管理システム(ATS)

HRMOS採用


株式会社ビズリーチが運営する採用管理システムです。
URL:https://hrmos.co/ats/
【特徴】
・多数の有名企業で導入されている大規模採用に対応。
・柔軟な権限設定により情報共有が容易に。
・採用にかかわる全ての業務をシンプルに一元化した。

【費用】
・都度問い合わせ

HERP Hire

株式会社HERP Hireが運営する採用管理システムです。
URL:https://herp.cloud/
【特徴】
・現場の社員が採用に積極参加する「スクラム採用」を実現
・SlackやChatworkと連携し手織りスムーズに書類選考や面接スケジュールを管理できる。
・シンプルなUIで誰にでも操作が可能。

【費用】
・月額:69,800円~

リクナビHRTech 採用管理


リクルートキャリアが運営する採用管理システムです。
URLhttps://hrtech.rikunabi.com/ats/
【特徴】
・ユーザーアカウント、紹介会社、候補者ともに登録数に上限がない。
・初期費用、月額費用、追加料金など一切発生しない

【費用】
・無料

talentio

株式会社タレンティオが運営する採用管理システムです。
URL:https://www.talentio.co.jp/
【特徴】
・中途採用業務を効率的に行える。
・多くの機能を使用できるフリープランがある
・トレンドや通過率の分析ができる

【費用】
<FREE>0円/月(候補者数:50名/月、データ保存期間:1年間)
<STANDARD>2万5,000円/月(候補者数:200名/月)
<PLUS>7万円/月(候補者数:無制限)

ジョブカン


株式会社Donutsが運営する採用管理システムです。
URL:https://ats.jobcan.ne.jp/#price-title
【特徴】
・SEO対策やスマートフォン最適化など求人ページの作成に力を入れている
・LINEでのコミュニケーションが可能
・カレンダーとの強い連携がありミスや重複を防ぐ

【費用】
・8,500円/月(候補者数50名/月、データ保存期間:10年間)
・30,000円/月(候補者数51~150名、求人媒体自動連携機能あり)
・70,000円/月(151~300名/月、求人媒体自動連携機能あり)

ジョブスイート


株式会社ステラスが運営する採用管理システムです。
URL:https://jobsuite.jp/
【特徴】
・歴史が古く実績を積み重ねており、一通りの機能がそろっている。
・リクナビNEXTやwantedlyとの連携がある。
・雇用体系別のサービスプランに分かれており、柔軟な対応ができる。

【費用】
・都度問い合わせ

GoQ採用管理

株式会社GoQSystemが運営する採用管理システムです。
URL:https://goq.jobs/
【特徴】
・自社の採用サイトが誰でも簡単に作れる。ドメイン取得も不要
・採用管理で作成した求人情報がそのままIndeedに掲載されるため、安定した応募の見込みがある。
・応募者の進捗が一目で分かる
【費用】
・初期費用:30,000円
・月額:19,800円
・オプション:Indeed広告40,000円~120,000円

MOCHICA

 

株式会社ネオキャリアが運営する採用管理システムです。
URL:https://official.mochica.jp/

【特徴】
・LINE連携しており、自動で選考の日程の調整が行え、時間の大幅な削減につながる
・業界最安値の月額5,000円からの利用が可能
・中途から新卒まで幅広く活用できる

【費用】
・月額:5000円~65,000円

 

EHR採用


レジェンダ・コーポレーション株式会社が運営する採用管理システムです。
URL:https://www.leggenda.co.jp/services/recruit/system.html
【特徴】
・クラウド型システムで柔軟な機能拡張をサポート
・マイナンバーの管理機能がある

【費用】
・都度問い合わせ

 

MatchinGood


株式会社ブレイン・ラボが運営する採用管理システムです。
URL:https://www.matchingood.co.jp/
【特徴】
・250社以上の人材紹介会社と連携する機能がある。
・各種求人媒体と連携。
・派遣社員にも対応
【費用】
・月額20,000円~
・初期費用を払う代わりに、月額料金を割り引くコースもある。(詳細は要問い合わせ)

RPM


株式会社ゼクウが運営する採用管理システムです。
URL:https://zeku.co.jp/product/rpm.html
【特徴】
・多種多様な採用効果の分析ができる。
・システムが自動で面接の設定をしてくれる。
・本格的な自社採用サイトを立ち上げることができる。

【費用】
・月額85,000円~ 200,000円
・システム設定の初期費用も別途かかる。(詳細は要問合せ)

TalentCloud


株式会社タレントクラウドが運営する採用管理システムです。
URL:https://talentcloud.jp/
【特徴】
・ブランディングに特化した採用サイト作成機能やブログ機能がある。
・一度は採用を見送った人材とも関係を継続できる。
・「リファラルリクルーティング」を社内で簡単に実践出来る機能がある。

【費用】
・登録人数に応じて月額20,000円~100,000円のプランがある。

Zoho Recruit


ゾーホージャパン株式会社が運営する採用管理システムです。
URL:https://www.zoho.com/jp/recruit/
【特徴】
・モバイル対応によりいつでもどこでも採用業務ができる。
・候補者のスキルを評価するための事前審査の評価を作成可能。

【費用】
・スタンダード:月額2,500円
・プロフェッショナル:月額5,000円
・エンタープライズ:月額7,500円

HR PRIME


Micoworks株式会社が運営する採用管理システムです。
URL:https://hr-prime.jp/?cid=cgjvn412c9sx&p=pgfojnj8j8tw
【特徴】
・採用活動を行っていない期間がある企業向けに最大6か月の休眠期間を設けている。
・LINEとの強固な連携がある。
・属性分けした求職者に対してそれぞれに対応したLINE配信が可能

【費用】
・初期費用:200,000円
・月額45,000円~

SONAR ATS


Thinkings株式会社が運営する採用管理システムです。
URL:https://s8.aspservice.jp/neocareer/link.php?i=pggruqt3ufr6&m=mggdrjvlzxsz
【特徴】
・採用状況をフロー図で分かりやすく管理できる。
・LINE連携システムの中でも低価格で利用できる。
・各種媒体、スカウトサービス、適性検査、動画面接ツールと連携可能。

【費用】
・月額20,000円~

アクセスオンラインキャリア


株式会社マイナビが運営する採用管理システムです。
URL:https://careerlab.tenshoku.mynavi.jp/btob/lineup/aolc/1900/
【特徴】
・応募者の登録数はアカウントの作成数に制限がない。
・人材紹介会社との連絡をスムーズにできる。
・強固なセキュリティ

【費用】
・初期費用:600,000円
・月額:50,000円

SuccessFactors Recruiting


SAP Success Factorsが運営する採用管理システムです。
URL:https://www.sap.com/japan/products/recruiting-software.html
【特徴】
・グローバル人材の採用に対応。
・大量採用から管理職採用まで柔軟に対応している。
・機械学習による給与の提案や、職務要件からのバイアス(人種、性別など)の排除を実現。

【費用】
・都度問い合わせ

HITO-Linkリクルーティング


パーソルプロセス&テクノロジー株式会社が運営する採用管理システムです。
URL:https://www.hito-link.jp/recruiting/
【特徴】
・オペレーション業務をとことん自動化。
・データ蓄積と分析で採用課題を発見。

【費用】
・月額:70,000円~

ジョブオプ採用管理


株式会社リクルートジョブスが運営する採用管理システムです。
URL:http://jobop.jp/ats/
【特徴】
・登録人数は無制限で定額。
・24時間365日の有人監視などにより高いセキュリティを実現。

【費用】
都度問い合わせ

Dot-Entry


クロスセル株式会社が運営する採用管理システムです。
URL:https://www.dot-entry.com/
【特徴】
・応募フォームを作成し、応募者の情報を一括管理
・pdfファイルに変換し、管理することも容易

【費用】
・ライトプラン:月額1,000円
・スタンダードプラン:月額3,000円
・12か月契約の場合1か月無料サービス

Jobギア採用管理


株式会社アイデムが運営する採用管理システムです。
URL:https://www.aidem.co.jp/business/jsk/index.html
【特徴】
・一つのIDとパスワードで全ての応募者を管理できる。
・モバイル対応している。設定によりアクセス不可にすることも可能。
・担当不在時においても進捗状況を確認することができ、応募者へのスムーズな対応につながる。

【費用】
・Aプラン:月額30,000円
・Bプラン:月額60,000円
・Cプラン:月額90,000円

 

新卒採用に特化した採用管理システム(ATS)

i-web

iweb

株式会社ヒューマネージが運営する採用管理システムです。
URL:https://www.humanage.co.jp/service/i-web/about_iweb/index.html
【特徴】
・「リクナビ」「キャリタス就活」とシームレスに連携している。
・新卒採用に特化した採用支援システム。新卒向けでは導入シェア1位。
・人材の定着・活用に対応する多彩なモデルを展開している。

【費用】
・都度問い合わせ

TAIS(Talent Acquisition Intelligence Service)


日本データビジョン株式会社が運営する採用管理システムです。
URL:https://www.jdv.co.jp/
【特徴】
・ロボットに作業を行わせることにより学生との対面の機会を増やすことができる。
・採用の合格・不合格のジャッジを自動で行うことが可能。
・短時間、低コストで採用ページを作成することができる。

【費用】
・都度問い合わせ

あさがくナビコミュニケーター

株式会社学情が運営する採用管理システムです。
URL:https://service.gakujo.ne.jp/newgraduate/communicator
【特徴】
・企業と応募学生との1対1のコミュニケーションを可能にする
・LINEでのコミュニケーションが可能
・学生の選考状況・属性に応じてオリジナルコンテンツを展開する

【費用】
・都度問い合わせ

ACCESS ONLINE


株式会社マイナビが運営する採用管理システムです。
URL:https://saponet.mynavi.jp/service/service08/database/
【特徴】
・マイナビとのシームレスな連携により、多くの学生とつながることができる。
・スマートフォンからの操作性の高いマイページがあり、企業と学生との接触が容易になる。

【費用】
・都度問い合わせ

e2R PRO


株式会社ワークス・ジャパンが運営する採用管理システムです。
URL:https://www.e2rpro.jp/
【特徴】
・面接終了後すぐの合否配信も可能になり、学生を待たせずに他社よりも早く、選考を進めることができる。
・イベント管理や就職情報サイトのデータの蓄積により最適な母集団の形成が可能になる。

【費用】
・都度問合わせ

アルバイト・パート採用に特化した採用管理システム(ATS)

HITO Manager


パーソナルプロセス&テクノロジー株式会社が運営する採用管理システムです。
URL:https://hitomgr.jp/lp/
【特徴】
・アルバイト、パートの求人を自社HPに簡単に作成できる。
・業界トップのSEO対策とIndeed連携を行っている。
・多くの求人媒体からの応募者を一括管理でき、漏れがない。
【費用】
・都度問い合わせ

バイトルマスター


ディップ株式会社が運営する採用管理システムです。
URL:https://www.baitoru.com/pdt/master_pr/
【特徴】
・求人媒体費用を管理することで採用コストの最適化を実現!
・バイトルのノウハウを生かしたアルバイト採用の効率化ができる。

【費用】
・都度問い合わせ

リクオプ


HRソリューションズ株式会社が運営する採用管理システムです。
URL:https://recop.jp/
【特徴】
・アルバイト、パート採用における導入社数日本一。
・自社採用サイトの改善に力を入れており、応募数、採用率共に上がる可能性が高い。
・自社に合わせた採用インフラの構築が可能

【費用】
・都度問い合わせ

Entry Pocket


株式会社マイナビが運営する採用管理システムです。
URL:https://baito.mynavi.jp/entrypocket/
【特徴】
・SEO対策が施された採用サイトの制作ができる。
・多くの求人検索エンジンと自動連携している。
・コーポレートサイトをマイナビで一元作成。

【費用】
・都度問い合わせ

ヒズプラ採用管理


株式会社フューチャートが運営する採用管理システムです。
URL:https://bizpla.com/saiyo/
【特徴】
・Web面接、動画選考に対応。
・300人を上限とするWeb会議も可能
・PCからでもスマホからでも使いやすい管理者画面

【費用】
・都度問い合わせ

基本無料で使用できる採用管理システム

engage


エン・ジャパン株式会社が運営する採用管理システムです。
URL:https://en-gage.net/
【特徴】
・求人掲載から採用までを0円で行えます。
・求人掲載すると自動でIndeed、Google仕事検索、Yahoo!仕事検索などに連携される。
・利用企業数国内1位。30万社が利用しています。

【費用】
・基本無料
・オプションとして有料のオンライン適正テストや入社者フォロー機能がある。

Hirehub(ハイヤーハブ)


エン・ジャパン株式会社が運営する採用管理システムです。
URL:https://hire-hub.io/
【特徴】
・複数のメディアからの応募者を一括管理できる。
・すべての機能を無料で利用することができる。

【費用】
・無料

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は企業の採用をサポートする採用管理システム(ATS)について紹介させていただきました。採用管理システムは採用担当者の負担を減らし、入社する社員のサポートにもなります。採用に時間とコストをかけすぎていると感じている方は採用管理システムを導入してみてはいかがでしょうか。

【関連記事】
採用代行(RPO)サービス比較30選!業務内容、費用、メリット・デメリットまで徹底解説
ダイレクトリクルーティングにおけるスカウト代行サービス10選!特徴、費用などをまとめました。
新卒採用コンサルティングサービス17選!費用やサービス内容について詳しくご紹介します。
採用業務委託サービス12選!委託できる内容や活用メリット、注意点など徹底解説
採用に悩むスタートアップ企業必見!「スタートアップの採用戦略」について徹底解説します

採用代行はuloqoにお任せください

「普通の運用代行」ではない、
プロフェッショナルリクルーターによるRPOサービスです。

①月額20万円~からご予算と課題に応じてカスタマイズ型でサービス提供が可能。支援後は追加費用の発生一切なし。
②累計50社取引クライアント様の契約継続率は驚異の90%超。
③あらゆる採用媒体活用実績を活かしたプランニング、実行により、採用目標達成率は87%超。
④上流工程の企画から、下流工程の実業務まで一気通貫で支援。もちろん採用広報もベーシックプランから提供可能です。
⑤独自の業界リサーチで、業界専門用語や市場におけるクライアントのポジションについて、徹底的にインプットを行います。
⑥エンジニア・データサイエンティスト・デジタルマーケター等、専門職種についてはテクノロジー領域専門のコンサルタントが担当します。

▼サービスに関するお問い合わせはこちらから

お名前 (必須)

会社名 (必須)

お電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

選択してください

シェアお願いします!