【決定版】wantedlyフィード記事の書き方・手順について解説します

こんにちは。digireka!HR編集部です。190万人の登録者、3万社を越える企業が利用する、ソーシャルリクルーティングサービスwantedly(ウォンテッドリー)は、様々なビジネスシーンで用いられています。wantedlyでは、企業が給与や福利厚生ではなく、社風や企業理念を通して、自社をアピールすることが特徴です。求人の掲載だけでなく、フィード記事と呼ばれるブログ機能を利用し、社員インタビューやオフィスの雰囲気などを自由に投稿することができます。

フィード記事を充実させることで、自社の魅力をよりダイレクトに伝えられるだけでなく、応募者数を増やすきっかけにもなります。そのため、フィード記事の作成は、より効率よくwantedly を運営することに欠かせません。

そこで今回は、wantedlyフィード記事の作成手順についてご紹介します!

wantedlyとは?


参照:)Wantedly – Discover and visit exciting companies.

wantedlyは、ビジネスSNSの一種で、採用や転職などのシーンで用いられるソーシャルリクルーティングサービスです。従来の転職サービスと異なり、採用を行う際に、企業の社風や理念と、応募者の人柄等の「マッチング」が重視されていることが特徴です。

求職者は、登録することで、求人募集に対して自ら応募をしたり、企業側から直接オファーを受け取ったりすることが可能です。すぐの転職を考えていない人でも、人脈を広げるための手段として使うこともできます。

企業側は、社風や企業理念等をアピールすることで、募集をかけたり、気になる人材や転職潜在者に対して、直接スカウトしたりすることができます。また、wantedlyの特徴として、facebookなどのSNSとの連携も可能であることも挙げられます。そのため、社員の個人アカウントと連携することで、実際に働いている社員の様子や職場の雰囲気などをより詳しく、そしてリアルに伝えることができます。「応援」機能を用いて、個人アカウントでフィード記事をシェアすることで、SNSで拡散することができます。社員の協力次第で、より効果的な使い方ができるというのも、wantedlyならではのポイントです。

wantedlyの掲載料金

wantedlyには、4つの料金プランがあり、コストや利用したい機能などに合わせて選択することが可能です。また、6ヶ月・12ヶ月・24ヶ月から選ぶことができます。どのプランや期間を選択しても、成功報酬はかかりません。

wantedlyフィード記事の使い方

wantedlyフィード記事とは、いわゆるブログ機能です。企業理念や社風など、「自社ならでは」のカルチャーを伝えることができます。wantedlyでは、給与や福利厚生に関する記述が一切禁止されているため、いかに魅力的に自社のカルチャーを伝えられるかが、求人を集める鍵となります。反対に、どんな人材が欲しいのかについて詳しく発信することで、求める人物像に近い人材を探しやすくなるという期待ができます。

フィード記事の内容や書き方、更新頻度は自由です。創業秘話について熱く語るもよし、社員インタビューをするもよし、何気ない一日について触れるもよし、社内イベントを特集するもよし、です。wantedlyでは、「共感マッチング」がテーマになっているため、「どのような人がどのような思いで働いているのか」をわかりやすく伝えることを意識しましょう。

wantedlyフィード記事の作成手順

1) 記事新規作成画面で、「フィード」→「投稿する」(画面右上)をクリックする

複数アカウントを保有している場合、記事の投稿先を選択します。

2) 記事の入力をする

タイトル・カバー写真・本文の入力が必須です。

・タイトル

記事の一覧の中からより多くの求職者を惹きつけるために、インパクトのあるタイトルをつけることを心がけましょう。ターゲットを限定した表現(「〇〇な人必見!」)にしたり、断定表現(「〇〇の極意」)や問題提起(「〇〇とは?」)などをタイトルに用いたりすることは効果的です。

とくに、求人募集に関する記事では、職種や求める人材像、応募するうえでメリットになり得るポイントなど、一言でわかりやすい表現を付け加えることで、よりわかりやすいタイトルになるでしょう。

・カバー写真

記事のテーマに沿った写真を利用しましょう。オフィスの雰囲気がわかるものや、求める人材のターゲット層に合わせたものは、求職者に対して、より簡単に職場のイメージを与えることができます。

記事の一覧の中で存在感を発揮するために、クオリティの高い写真や「自社ならでは」がわかるような、ユニークなものを使用することを心がけましょう。

・本文

本文を入力する際には、わかりやすさを重視するようにしましょう。wantedlyの特徴として挙げられる「共感マッチング」を増やすために、「どんな人が(who)」「どのような思いで(why)」「どのように(how)」「何をしているのか(what)」を明確に書くようにしましょう。

・<オプション>画像やリンクの挿入

本文中にも画像を用いることができます。ここでも、オフィスや社員の雰囲気が表れている、クオリティの高い写真を挿入することを意識しましょう。

「実際に、どんなことを書けばいいの?」「効果的なフィード記事って?」というような疑問をお持ちの方は、是非こちらの記事も参照してみてください!

wantedlyフィード記事でpv数を集めるコツをご紹介!

3) 記事の詳細を設定する

・登場人物の特定

記事の中で、人が登場する場合、ページ中央の(+)をクリックし、特定したい人物を検索・選択することで、特定された人物のアカウントが紐づけされ、ストーリーに記事が投稿されます。特定された人物は、該当のフィード記事を編集することができるようになります。

・ハッシュタグ

ページ右上の「公開する」をクリックし、次に(#)をクリックすることで、フィード記事にあった、ハッシュタグを自由に設定することができます。ハッシュタグの数に制限はありません。

できるだけ多くのユーザーの目にとまるようにするために、ハッシュタグは積極的につけるようにしましょう。

・エントリーボタン

記事の最後に、求人への「エントリー」や「話を聞きに行きたい」ボタンをつけることができます。連携したい募集職種やミートアップイベントなどを指定します。

また、設定を行うことで、募集職種の中から、記事を読んだユーザーに最適な職種を自動で表示する機能を利用することができます。

4) ページ右上の「公開する」をクリックして記事を公開する

公開する前の段階で、一時保存をしたり、設定することで、特定されたメンバーで下書きを共有することができます。編集を「ON」にすることで、どのメンバーでも編集が可能になります。また、公開後に編集したり、削除したりすることも可能です。

さらに、「新規スペース作成」をクリックすることで、複数の記事をジャンルごとにカテゴリー分けし、フィード全体を見やすくする機能も利用することができます。

公式サイトのガイドラインでも、より詳しい操作方法などが紹介されているので、そちらも合わせて参考にしてみてください!

フィード記事の作成手順ーWantedly Admin公式サイトより

参照:)フィードの作成方法 –Customer Relation Wantedly

投稿したフィード記事のシェア(SNS拡散)

「フィード記事のpv数」と「応募者数」の両方を上げることで、wantedly内の会社ランキングを上げることができます。会社ランキングをあげることが応募者数を増やすことに直結するわけではありませんが、ランキングやトレンドに掲載されるようになることで、閲覧者を増やすことができます。

より多くのpv数を獲得するためには、SNSでの拡散が有効です。facebookのアカウントとの連携が可能であるため、社内でのSNSに対する意識を高め、個々人への協力を積極的に仰ぎましょう。wantedly では、「応援」機能で、投稿したフィード記事をfacebookやtwitterなどにシェアすることができます。魅力的なコンテンツや共感性の高いものを作成することで、SNSでの拡散を狙い、wantedlyを効率よく運営しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。wantedlyでは、フィード記事を自由に投稿できるからこそ、難しさもありますが、「自社らしさ」を伝えることができます。「どんな人がどんな思いで働いているのか」をわかりやすく伝えることで、より多くの共感マッチングを目指しましょう。ぜひ、参考にしてみてください!

【関連記事】
Wantedly運用代行サービス12選!費用・実績・サービス内容を徹底比較
Wantedlyとは?評判、機能、料金プラン、使い方など解説
Wantedlyで採用を成功させるポイント・コツを徹底解説!
Wantedlyを活用した採用事例10選!事例から見る採用成功のポイントとは?
Wantedlyで返信率を上げるスカウトの送り方、ポイントを解説
wantedlyフィード記事でpv数を集めるコツをご紹介!
「Wantedly People」とは?特徴、使い方、機能などをご紹介!

「Wantedly Chat」とは?特徴、料金プラン、機能などをご紹介!
【まとめ記事】これを読めばわかる!Wantedlyとは?

Wantedlyの運用にお悩みのご担当者様へ

継続率90%以上、30社以上の提供実績あり
月5万円~の低価格プランあり。他社サービスと比較しても圧倒的コストパフォーマンス
Wantedly社公式運用パートナーであるノウハウを活かした多機能なサービスプラン内容
✓新卒採用、中途採用問わず、いずれも対応可能
✓企業様のご要望に応じたカスタムオーダープランも設計可能

▼サービスに関するお問い合わせはこちら

お名前 (必須)

会社名 (必須)

お電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

選択してください

 

シェアお願いします!