若者促進雇用法とは?目的や具体的な内容と主なメリットについて

Last Updated on 2021年1月18日 by uloqo

こんにちは。digireka!HR編集部です。
若者雇用促進法は働き方改革などの影響もあり、近年注目を集めています。

今回は若者雇用促進法の目的や特徴、具体的な内容まで解説します。

若者雇用促進法とは?

若者雇用促進法とは、簡潔にいうと「若者への雇用に対する支援」ということができます。若者の雇用促進のため、若者への適した職業環境・職業能力の向上を図るものです。

若者の雇用に関する法律は、以前から「勤労青少年福祉法」という法律が存在していたのですが、雇用環境の変化により「若者雇用促進法」に改正され、公布・施行されました。

若者雇用促進法による若者の定義

若者へ支援をするとはいってもどの範囲まで適用されるのでしょうか?「青少年雇用対策基本方針」(平成28年1月14日厚生労働省告示)で範囲については次のように定義づけられています。

・35歳未満
・状況に応じて「45歳未満」も適用可能
・求職者や無職も含まれる

若者雇用促進法の目的

若者雇用促進法の目的は、少子高齢化に伴う労働人口の減少や若者の離職率の低下を改善するために、若者の労働環境を快適にしたり、職業能力を向上することで働きがいを持って仕事に取り組むことができる環境の構築を目的とされています。

労働力人口は更に減少することが予測されており、経済維持のためにも労働力人口の増加は重要です。しかし、不況や雇用状況の変化により若者の雇用状態は決して良い状況とはいえません。

このような雇用状況の改善や更なる雇用の促進のために「若者雇用促進法」が制定されました。

若者雇用促進法の具体的な内容

若者雇用促進法の内容は主に

・職場情報の積極的な提供
・ハローワークによる求人の不受理
・ユースエース認定制度

があります。

職場情報の積極的な提供

職業とのミスマッチによる離職を改善し、働きがいを持って仕事に取り組んでもらうために、労働条件に加えて平均勤務年数や研修などの内容まで仕事に関する事柄を若者に伝える取り組みです。


職場情報についての内容は3類型と呼ばれる事柄から一つ以上の情報提供を義務化されています。3類型とは主に以下の状況を指します。

3類型募集・採用に関する状況
・過去3年間の新卒採用者数や離職者数、男女別人数・平均勤続年数職業能力の開発・向上に関する状況
・研修や自己啓発支援、メンター制度の有無とその内容
・キャリアコンサルティング制度の有無とその内容
・社内検定などの制度の有無とその内容企業における雇用管理に関する状況
・前年度の月平均所定外労働時間の実績、有給休暇の平均取得日数、男女別の育児休業取得対象者数
・役員や管理的地位の女性比率

ハローワークなどによる求人の不受理

この制度は労働関係法令を違反した企業がハローワークで一定期間、新卒求人を受け付けてもらえなくなるということです。なので、この制度の目的としては新卒者者の職業環境を快適に保ち、保護するといった意味が含まれます。

不受理の対象は主に以下の状況下です。

労働基準法・最低賃金法の関連事項
・年に2回以上、同じ条項に違反して是正勧告を受けている
・違法な長時間労働、最低賃金割れを行う企業として是正勧告を受けている
・過重労働や育児との両立などに関する規定の違反として是正勧告を受けている

男女雇用機会均等法・育児介護休業法などの関連事項
・セクシャルハラスメントや出産などの不利益取扱いなどの法違反の勧告に従わない

ユースエース認定制度

若者雇用促進法は、若者に対する支援や職業能力の向上を図る育成など若者雇用促進法を促進するような行動をした企業に対して「ユースエール認定制度」という前向きな姿勢を認定するような制度があります。
認定基準を全て満たす中小企業であれば、認定企業になれます。

これらの認定を受けた企業は、以下のメリットなどがあります。

メリット・ハローワークで企業PRができる(マッチング支援を得られる)
・日本政策金融公庫による低利融資が得られる
・若者の採用、育成のために支援補助金の優遇措置
・認定企業限定の就職面接会に参加できる
・自社の商品や広告に認定マークを付けられる

新卒者のメリット

適切な企業選択がしやすい

若者雇用促進法により、その企業は若者の積極採用を行っているかどうかが判別しやすくなります。また、若者雇用促進法により悪質な企業を除外してくれるので、優良企業を選びやすく、適切な企業選択がしやすくなります。

情報取得により企業とのミスマッチを防ぐことができる

若者雇用促進法により、求職者に対して決められた内容の情報提供を義務付けられています。そのため有給休暇や労働時間に関する内容を事前に取得することができるので「思ってたのと違う…」といった乖離を防いでくれます。
結果として若者の離職も減り、企業側に関しても求職者に関しても双方にメリットがあるともいえます。

企業のメリット

ユースエール認定による支援・優遇

ユースエール認定によって以下の助成制度があります。

・トライアル雇用助成金
・キャリアアップ助成金
・人材開発支援助成金
・特定求職者雇用開発助成金

また、働き方改革推進支援資金を利用する際にも-0.65%で融資を受けることができます。

優秀な人材の確保

ユースエール認定により、ハローワーク実施の就職面接会に参加できるようにあり、より多くの求職者と交流することができます。交流できる人数が増えれば増えるほど母体数が上がるので、結果優秀な人材の確保へとつながります。

離職者の減少

若者雇用促進法により、企業の情報が求職者に伝わります。それにより求職者とのミスマッチが減るので、職場の定着により生産性の向上が期待できます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?若者雇用促進法は求職者だけではなく、企業にとってもメリットがあります。
ミスマッチの減少やユースエール認定による支援・優遇の獲得で企業の成長を目指し、積極的に活動してみてはいかがでしょうか?

本記事が少しでもお役に立てられれば幸いです。

【関連記事】
社外取締役を導入するメリット、導入事例、注意点など徹底解説!
今話題の「エバンジェリスト」になるためには?仕事内容や役割等について徹底解説!
BCP(事業継続計画)とは?企業における災害対策の重要性
コアバリューとは?企業事例から紐解くコアバリュー経営のメリット
コンプライアンス違反事例7選から学ぶ企業が取るべき対策

採用代行はuloqoにお任せください

「普通の運用代行」ではない、
プロフェッショナルリクルーターによるRPOサービスです。

①月額20万円~からご予算と課題に応じてカスタマイズ型でサービス提供が可能。支援後は追加費用の発生一切なし。
②累計50社取引クライアント様の契約継続率は驚異の90%超。
③あらゆる採用媒体活用実績を活かしたプランニング、実行により、採用目標達成率は87%超。
④上流工程の企画から、下流工程の実業務まで一気通貫で支援。もちろん採用広報もベーシックプランから提供可能です。
⑤独自の業界リサーチで、業界専門用語や市場におけるクライアントのポジションについて、徹底的にインプットを行います。
⑥エンジニア・データサイエンティスト・デジタルマーケター等、専門職種についてはテクノロジー領域専門のコンサルタントが担当します。

▼サービスに関するお問い合わせはこちらから

お名前 (必須)

会社名 (必須)

お電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

選択してください

シェアお願いします!