3c分析とは?採用成功に効果的な活用方法を徹底解説します!

Last Updated on 2021年2月16日 by uloqo

こんにちは。digireka!HR編集部です。3c分析を行うことで、競合との差別化を図ることができます。近年では人材不足の影響からより一層、3c分析の需要は高まっています。

今回は採用成功に効果的な3c分析の活用方法を徹底解説します!

3c分析とは?

3c分析とは、一言でいうと「マーケティング環境分析のフレームワーク」のことを指します。3cとは、「Customer(市場・顧客)」「Competitor(競合)」「Company(自社)」の3つの頭文字を撮ったものです。

これら3つを活用し分析することでマーケティング環境全体の把握ができます。これら3つの環境は下記のようなものです。

市場環境・市場規模
・市場の成長性
・顧客の消費行動
・顧客のニーズ
競合環境・競合各社のシェア
・参入、代替の脅威
・業界ポジション
・各競合の特徴
・今後想定される行動
・対象となる競合
・競合の特徴
自社環境・理念やビジョン
・資本力、投資能力
・事業や製品の現場
・現有ビジネスの特徴
・現有リソース

なぜ、採用において3c分析が効果的なのか?

3c分析は経営方針の決定に役立つだけでなく、自社の採用活動を優位に進める効果もあります。

現在の採用活動の現状をそれぞれのマーケティング環境に当てはめることで、3c分析を採用活動に活用することができます。例えば、下記のように変換できます。

採用活動の3c分析市場環境⇨採用市場・採用応募者
競合環境⇨採用における競合他社
自社環境⇨自社の魅力、強み・弱み

このように3c分析をうまく活用することで、「応募者は何を求めているのか」「どのようにしたら応募者を増加に繋がるのか」など、自社の採用活動における悩みの改善点が見つかります3c分析は非常にシンプルなフレームワークであるため、自社完結で導入できる部分も良い点です。

また、3c分析は分析して終わるのではなく、採用コンセプトを考えることで、自社の魅力の明確化が可能になります。魅力の明確化を行うことで自社をブランド化するなど、採用ブランディングを行うことができます

採用ブランディングについては、下記関連記事をご覧ください。
採用ブランディングとは?メリット・デメリットや企業の成功事例をご紹介します。

採用における3c分析の具体的な方法

採用においてどのようなことを検討すればいいのか具体的にご紹介します。

市場環境・現時点での採用市場の求職者はどれくらいか
・求職者の企業選定基準はどうか
・転職、離職をする際に応募者はどのようなことを考えるのか
競合環境・採用市場の競合はどこか
・競合他社はどのような採用手法を導入しているか
・Webサイトなどを確認し、競合はどのようなポイントをブランティングしているか
自社環境・採用市場の中で自社の長所・短所はどの部分か
・自社の業務の魅力はどこか
・周りから見た自社のイメージはどのようなものか
・独自性をもった活動をしているか

このようにそれぞれを深掘りすることで、次にどこを改善すれば良いか明確にすることができます。

しかし、3c分析だけでは現時点での情報収集をしただけです。3c分析で自社が今どのような位置にいるのかを確認できたら、改善のために何をすればいいのかを明確にしましょう。

採用における3c分析の手順

明確なターゲット設定

まず始めに行うべきことは、明確なターゲット設定です。自社の理念や方向性と照らし合わせ、それらに適応するスキルや価値観をもった人材かどうかを選考基準に取り入れましょう。その際、新卒採用・中途採用のどちらに注力すべきかなども考慮するようにします。

採用市場における競合を確認する

明確なターゲット設定が終わったら、採用市場の競合を確認します。競合と比較することで「自社の魅力はどこなのか」や「競合はどのような方式を導入しているのか」など自社が進むべき次の行動が明確になります。

また、競合の情報収集をする際には少数の企業を深く調べ上げる」というやり方も効果的です。

採用目標の確認・策定

自社にとって、なぜ人材採用に力を入れたいかを考えます。単純に人手不足なのか、今後の若い社員育成に人材が必要なのか、などの目的に合わせて行動しなければなりません。

そのため、具体的に採用活動のゴールを明確にし、「いつまでに」「何をすべきか」「何人採用したいか」「どんな人材が欲しいか」といったような目標を明確にする必要があります。

採用競合の確認方法

候補者から意見を聞く

内定者や選考過程の候補者に直接意見を聞くことで、具体的に競合分析をすることができます。

他にどんな企業を受けているか」や「なぜその企業を志望しているのか」など、競合に関する質問をすることで、現在の自社の立ち位置や、競合と自社ではどの部分が異なるのか、など自社の企業分析ができます。

候補者の方に本音で話してもらうためにも、そこまでの信頼関係が重要になるため、内定前・内定後の候補者に対するフォローは欠かせません。

内定者フォローについては、下記関連記事をご覧ください。
内定者フォローツール12選!特徴・費用などを徹底比較

競合の開示情報を確認する

競合のホームページや採用ナビ、合同説明会のチラシや記事など開示情報を確認することで、「競合はどこをアピールしているのか」や「自社と競合との違いはどの点か」を分析することができます。

開示情報を確認する方法は、即確認をすることができ、すぐに自社の次の打ち出し方を検討できます。そのため、変化の激しい現代において有効な手段であると言えます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は3c分析を活用した採用成功のための方法を徹底解説しました。採用の競争率が高まっている現代では、3c分析を行うことは必須になりつつあります。競合との差別化をし、採用活動を有利に進めるためにも3c分析を積極的に活用していきましょう!

本記事が少しでもお役に立てていれば幸いです。

【関連記事】
採用代行(RPO)サービス比較26選!業務内容、費用、メリット・デメリットまで徹底解説
採用に悩むスタートアップ企業必見!「スタートアップの採用戦略」について徹底解説します
採用管理システム(ATS)33選!選び方とそれぞれの特徴を解説・比較します!
採用動画の効果とは?動画制作のコツや事例などもご紹介します!
採用パンフレットとは?内容や作り方や活用事例などを徹底解説します!
採用戦略におけるKPIとは?採用効果から目標設定の方法まで紹介します。
2020年の採用トレンドは?withコロナ時代の新しい採用手法をご紹介!

採用代行はuloqoにお任せください

「普通の運用代行」ではない、
プロフェッショナルリクルーターによるRPOサービスです。

①月額20万円~からご予算と課題に応じてカスタマイズ型でサービス提供が可能。支援後は追加費用の発生一切なし。
②累計50社取引クライアント様の契約継続率は驚異の90%超。
③あらゆる採用媒体活用実績を活かしたプランニング、実行により、採用目標達成率は87%超。
④上流工程の企画から、下流工程の実業務まで一気通貫で支援。もちろん採用広報もベーシックプランから提供可能です。
⑤独自の業界リサーチで、業界専門用語や市場におけるクライアントのポジションについて、徹底的にインプットを行います。
⑥エンジニア・データサイエンティスト・デジタルマーケター等、専門職種についてはテクノロジー領域専門のコンサルタントが担当します。

▼サービスに関するお問い合わせはこちらから

お名前 (必須)

会社名 (必須)

お電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

選択してください

シェアお願いします!