careerjet(キャリアジェット)とは? 特徴、掲載料金などを徹底解説します!

Last Updated on 2021年8月6日 by uloqo

こんにちは。digireka!HR編集部です。企業の求人情報を発信する手法の一つとして、「careerjet」への掲載が挙げられます。careerjetは世界中で展開されているグローバルな求人検索エンジンです。

今回はcareerjetについて、特徴や掲載料金・掲載方法などを詳しく解説していきます。

careerjet(キャリアジェット)とは

careerjetとはCareerjet Limitedが運営するグローバルな求人検索エンジンで、世界90カ国以上・28言語で展開されています。日本でも利用する企業が増えており、2020年12月現在728万件の求人情報が掲載されています。

careerjet(キャリアジェット)の特徴

豊富な求人情報

careerjetは世界各国の7万件以上のWebサイトと4000万件以上の求人情報を掲載しています。検索画面の右下から国を変更することで世界各国の求人情報を検索することができます。

条件検索がしやすい

求人検索エンジンは「フリーワード」と「勤務地」で検索するのが一般的です。しかし、careerjetはその他に3つの検索方法があるのが特徴的です。1つ目は職種キーワード検索です。careerjetが用意する職種キーワードから求人検索できます。2つ目はよくある検索です。頻繁に検索されるキーワードをcareerjetが50音順に用意しており、そこから検索できます。3つ目が勤務地検索です。地方に分かれて絞り込みができるようになっています。

簡易スカウト機能がある

careerjetには求職者が自分の履歴書を登録する機能があります。履歴書を登録することで複数の求人に簡単に応募可能です。また、掲載企業は「履歴書検索機能」を利用して求職者の履歴書にアクセスしスカウトできます

careerjet(キャリアジェット)の掲載方法

掲載方法は大きく2つあります。

①マニュアル掲載

こちらは自社で採用サイトを持たない企業向けで、直接求人情報を登録することでcareerjet上に求人情報を掲載することができます。マニュアル掲載の場合にはcareerjet内で管理画面を使用できます。応募者管理では応募者の評価やステータス管理ができます。また、求人管理では各求人の閲覧数や応募数を把握できます。

マニュアル掲載の場合、掲載中の原稿変更はできますが、クリック単価の調整等の運用はできません。

②自動掲載

既に採用サイトを持っている企業向けで、サイトのURLを登録するとcareerjetの検索ロボットが自動で求人情報を取得し掲載してくれます。既に他サイトで求人掲載されている企業の場合、サイト情報を引用して掲載できます。

careerjet(キャリアジェット)の掲載料金

基本料金

掲載料金は上述した掲載方法によって制度が異なります。

マニュアル掲載の場合、掲載課金型になっています。

費用求人件数1件:10,000円
求人件数3件:25,000円
求人件数5件:40,000円

自動掲載の場合、デポジット(予算)を設定したのちに、有料広告のクリック単価を設定します。

費用デポジット:1万円~200万円(5,000円単位で選択可能)
クリック単価:10円~

有料広告はクリック課金型の料金体系です。掲載順位はクリック単価の入札金額によって決まるため、競合他社よりも高い単価に設定すると、表示されやすくなります。

オプション料金

careerjetには他にはないスカウト「履歴書検索機能」があります。履歴書へ無制限でアクセスでき、スカウトのDMを送れるサービスです。履歴書検索機能は有料オプションとなっており、料金は期間ごとの3つのプランがあります。

費用1週間:20,000円
1カ月:50,000円
3カ月:100,000円

比較的安い料金プランになっています。

careerjet(キャリアジェット)に掲載する際の注意点

基本は有料掲載

careerjetは掲載する際、基本的には有料になります。有料広告への掲載を申し込んで初めて採用サイトへのクローリングがかかり、それに合わせて通常の検索結果にも表示されるようになります。また、支払いは原則クレジットカードのみとなっています。

日額・月額の上限予算が設定できない

careerjetでは日額・月額の予算設定ができません。クリック数が増えて予想以上に早く予算を使い切ってしまうリスクもあるため、有料広告を運用する際には予算管理に気を付ける必要があります。

careerjet(キャリアジェット)とIndeed(インディード)の違い

同じアグリゲーションサイトのIndeedと比較してみると、

careerjetIndeed
世界規模90カ国以上・28言語60カ国以上・28言語
最低運用額自動掲載・マニュアル掲載ともに1万円なし
運用期間設定できない特になし
無料掲載の有無
効果測定無料と有料のクリック数のみ検索の表示回数・クリック数・応募率・応募単価
アプリリリース

以上のような違いがあります。careerjetは規模が非常に大きく世界中の求人を検索できる一方、細かな効果測定ができないため運用の際には注意が必要です。

まとめ

世界90カ国以上、28の言語で展開されているcareerjetを紹介しました。有料掲載しかできない・広告効果が見えずらいというデメリットもありますが、「履歴書検索機能」などユニークな機能があります。自動掲載機能もあるため、既に採用サイトをお持ちの企業は求人のサブチャネルとして活用してみてはいかがでしょうか。

【関連記事】
採用代行(RPO)サービス比較30選!業務内容、費用、メリット・デメリットまで徹底解説
新卒求人サイト・ナビサイト9選比較!特徴・掲載料金などまとめ
採用に悩むスタートアップ企業必見!「スタートアップの採用戦略」について徹底解説します
主婦採用のメリットとは?主婦向けの求人広告の作り方とポイントも解説!

パート・アルバイト採用代行企業13選!メリットや利用のポイントを徹底解説します。
エンジニア採用におすすめの転職サイト14選を徹底比較!
飲食店向けの求人サイト14選!特徴や掲載費用を詳しく解説します。
Googleしごと検索とは?料金、掲載方法を徹底解説します。
求人ボックスの特徴、掲載方法を詳しく解説します。
Indeed(インディード)運用代行企業16選!メリットや費用について詳しくご紹介します。

採用代行はuloqoにお任せください

「普通の運用代行」ではない、
プロフェッショナルリクルーターによるRPOサービスです。

①月額20万円~からご予算と課題に応じてカスタマイズ型でサービス提供が可能。支援後は追加費用の発生一切なし。
②累計50社取引クライアント様の契約継続率は驚異の90%超。
③あらゆる採用媒体活用実績を活かしたプランニング、実行により、採用目標達成率は87%超。
④上流工程の企画から、下流工程の実業務まで一気通貫で支援。もちろん採用広報もベーシックプランから提供可能です。
⑤独自の業界リサーチで、業界専門用語や市場におけるクライアントのポジションについて、徹底的にインプットを行います。
⑥エンジニア・データサイエンティスト・デジタルマーケター等、専門職種についてはテクノロジー領域専門のコンサルタントが担当します。

▼サービスに関するお問い合わせはこちらから

お名前 (必須)

会社名 (必須)

お電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

選択してください

シェアお願いします!