採用求人サイトに必要なSEO対策は?集客に効果的なSEO対策を徹底解説します!

Last Updated on 2021年3月18日 by uloqo

こんにちは。digireka!HR編集部です。労働者数の減少により採用活動がさらに激化している昨今、より優秀な人材を低コストで獲得するための手段として「seo対策を施した採用求人サイト」が注目されています。

そこで本記事では採用求人サイトのseo対策について、その概要と具体的手法についてご紹介します!

seo対策とは?

皆さん多くの企業にとって重要な施策であるseo(検索エンジン最適化)についてご存じでしょうか。googleで調べたいものを検索した際にwebぺージが上から順番に掲載されています。その掲載順位をより上位に高めるために必要な施策がseo対策です。seoはいわば自社のwebページを”より多くの人に見つけてもらいやすくする”ための方法です。

対策のために最も重要なことは、より良質なコンテンツをgoogleのアルゴリズムを踏まえ作成することです。seoは大きく「内部対策」と「外部対策」の2つに分類することができます。今回は内部対策を踏まえたseoの施策についてご紹介していきます。

求人採用でseo対策を用いるメリット

求人採用の際にseoを用いると良い理由は、コストの削減につながることです。多くの企業では新しく働き手を募集する際に大手求人媒体を利用されることが多いかと思います。大手求人サイトは応募側は無料で登録することができますが、企業側は有料です。最安値の求人サイトを利用したとしても月20万円以上はかかってしまいます。

しかし自社で採用のための求人メディアを多くの人に配信することができれば、大手求人サイトの登録料がかからないだけでなく、より多くの人に求人を届けることができるかもしれません。           

採用求人サイトのseo対策を成功させる方法は?

自社で採用求人サイトを成功させる際には良質なコンテンツを制作することが不可欠です。最低限の要素として「サイトの見つけ易さ」「サイトの質の良さ」「記事の新しさ」の3つに気を付けましょう。

サイトの見つけ易さ

自社の求人採用サイトにおいて見つけ易さは最も重要な項目です。見つけやすさ追求するために必要なことはGoogleのアルゴリズムを遵守することです。Googleのアルゴリズムとはwebページの掲載順位を暫定的に決定する際に用いられるルールのことです。そのルールにおいて検索した際に表示されたいキーワードをできるだけ多岐にわたって使用することがコツです。より具体的な内容は以下より紹介していきます。

質の良さ

サイトの質の良さにおいても、自社サイトを成功させるためには重要な項目のうちの1つです。サイトの質が良いかどうかは正しい情報によって構成されている適切なコンテンツであるかどうかによって判断されます。そのためサイトを作成する際には適切な内容を記載すること心がけましょう。

記事の新しさ

もし長期間におよび採用活動を行う際、サイトの新しさも重要になってきます。例えば通年で求人を募集している場合、最後に募集を出した時期が極端に過去のものである場合、応募したいと思っている人はまだ企業が募集を続けているのかどうか疑問に思うでしょう。そのため定期的に求人採用サイトを更新していくことが必要です。

良質なサイトの具体的な施策について

seo対策を踏まえ自社サイトをより上位に位置付けるためにはgoogleのアルゴリズムを踏まえることが必要であると述べました。そしてここでは以下よりその具体的なアルゴリズムの一部を紹介していきます。

求人で採用したいターゲット、キーワードの選定をする

実際にサイトを作成する前に必要なこととして、ターゲットとキーワードの選定があります。ターゲットを決めるということは、実際に一緒に働きたい人物像、人材像を定めるということです。応募する人は職種内容のみならず、職場の雰囲気、働き方など様々な観点を条件として考えているため、それに応えられるターゲット像を明らかにしましょう。

キーワードは仕事を探している人が実際に検索しそうなワードをリストアップし、自社で使用したいもの選びます。サイト運営している初期には検索数が少ないキーワードを選ぶと、競争率が低いためおすすめです。月間検索ボリュームを調べるためにはgoogleが提供している「キーワードプランナー」を利用しましょう。

ターゲットとキーワードを確実なものとすることで、企業と応募者とのミスマッチを防ぐことにもなるため、効率的に欲しい人材を獲得することができます。

タイトルとディスクリプションを充実させる

タイトルとディスクリプションとは検索画面上で表示される題名とその説明文です。そのため仮にGoogle上で検索され最上位に位置していたとしても、読者が読みたいと思うコンテンツのタイトルとディスクリプションでない限り、サイトページには到達してくれません。つまりseo対策の中でもこのタイトルとディスクリプションをないがしろにしていては、成功したサイト運営ではなくなってしまいます。

タイトルとディスクリプションを作成するときは適切なキーワードの使用と読者をひきつけるような文章をコンパクトにまとめる必要があります。

社員紹介をする

自社サイトで採用を行う場合に大手採用媒体よりも自由度が高くなります。そこでおすすめなのが社員紹介です。社員紹介では働いている時間や働き方を紹介することで、実際にその企業で働く想像がつきやすくなります。その他にも大手採用媒体にはない項目を用いる工夫をすることで、応募者数が増加するでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。本記事では採用活動におけるseo対策の活用概要について紹介してきました。ぜひ本記事を参考に貴社の採用活動とそのseo対策にお役立てください。

 

【関連記事】
採用代行(RPO)サービス比較30選!業務内容、費用、メリット・デメリットまで徹底解説
ダイレクトリクルーティングにおけるスカウト代行サービス10選!特徴、費用などをまとめました。
新卒求人サイト・ナビサイト9選比較!特徴・掲載料金などまとめ
新卒採用コンサルティングサービス17選!費用やサービス内容について詳しくご紹介します。
採用業務委託サービス12選!委託できる内容や活用メリット、注意点など徹底解説
採用に悩むスタートアップ企業必見!「スタートアップの採用戦略」について徹底解説します
主婦採用のメリットとは?主婦向けの求人広告の作り方とポイントも解説!

パート・アルバイト採用代行企業13選!メリットや利用のポイントを徹底解説します。
エンジニア採用におすすめの転職サイト14選を徹底比較!
飲食店向けの求人サイト14選!特徴や掲載費用を詳しく解説します。
求人ボックスの特徴、掲載方法を詳しく解説します。
careerjetの特徴、掲載料金を詳しく解説します。

採用代行はuloqoにお任せください

「普通の運用代行」ではない、
プロフェッショナルリクルーターによるRPOサービスです。

①月額20万円~からご予算と課題に応じてカスタマイズ型でサービス提供が可能。支援後は追加費用の発生一切なし。
②累計50社取引クライアント様の契約継続率は驚異の90%超。
③あらゆる採用媒体活用実績を活かしたプランニング、実行により、採用目標達成率は87%超。
④上流工程の企画から、下流工程の実業務まで一気通貫で支援。もちろん採用広報もベーシックプランから提供可能です。
⑤独自の業界リサーチで、業界専門用語や市場におけるクライアントのポジションについて、徹底的にインプットを行います。
⑥エンジニア・データサイエンティスト・デジタルマーケター等、専門職種についてはテクノロジー領域専門のコンサルタントが担当します。

▼サービスに関するお問い合わせはこちらから

お名前 (必須)

会社名 (必須)

お電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

選択してください

 

 

シェアお願いします!