Googleしごと検索(Google for jobs)の料金、掲載方法を徹底解説します。

Last Updated on 2020年12月9日 by uloqo

こんにちは。digireka!HR編集部です。企業の求人情報を発信する手法の一つとして、Googleしごと検索への掲載が挙げられます。Googleしごと検索に載せることで、Googleを利用する広範なユーザーの目に止まります。

今回はGoogleしごと検索について、利用するメリットや料金、掲載方法等について詳しく解説していきます。

Googleしごと検索とは

Googleしごと検索とは、求人関連のキーワードをGoogleで検索した際に、検索結果の上部に企業の求人広告が表示される機能です。
例えば「東京 保育士」と検索した際、以下のように枠で囲まれた求人情報が上位に表示されます。

職種のみの検索では表示されにくく、「地名+職種」「職種+求人」「職種+アルバイト」等で検索した際に反映される仕組みになっています。

Googleしごと検索に掲載される項目

Googleしごと検索に掲載される主な内容は下記の通りです。

・掲載時期
・仕事内容
・対象者
・勤務地
・雇用形態
・給与
・待遇・福利厚生
・企業の口コミ
・企業ホームページ
・企業のほかの求人
・応募用サイト

このほかにも法人説明やアピールポイント、選考の流れ等を自由に掲載できます。

Googleしごと検索のメリット

SEOに関わらず上位表示される

通常、自然検索で上位表示されるためにはSEO対策を行う必要があります。しかしGoogleしごと検索の場合、Googleクローラーが検索ワードやユーザーの位置情報などをもとに最適な検索結果を決めるため、SEOの対策状況に関わらず上位表示される機会が増えます

検索の絞り込みがしやすい

Googleしごと検索では企業名や職種だけでなく、自宅からの距離、求人投稿日、雇用形態など詳細な検索が可能です。検索が絞り込まれることで、企業のネームバリューに関わらず条件に合った求人が表示されやすくなり、知名度のない企業でも効果を得やすい仕組みになっています。

広範なユーザーにアプローチできる

会員制の求人サイトと違い、Googleしごと検索では日常的にGoogleを使う広範な層にアプローチすることができます。会員登録の必要がなく、検索するだけで表示されるという手軽さ・ハードルの低さによって、リーチ数の増加が期待できます。

Googleしごと検索のデメリット

応募者管理ができない

Googleしごと検索はWeb上の求人情報を表示するのみで、応募機能を持っていません。したがって応募の受付や管理は、リンク先の企業サイトや求人媒体サイトで行う必要があります。

Google以外の検索では表示されない

Googleしごと検索は他社の検索エンジンでは表示されません。そのためYahooなど、Google以外を利用する人にはアプローチできません。

求人情報の更新に時間がかかる

求人サイトでは求人情報の更新が即反映されるのに対し、Googleしごと検索では情報の編集や削除が反映されるのに時間がかかります。更新情報の再度読み込みまでは古い求人情報のままであるため、情報の頻繁な更新には対応が遅れます。

Googleしごと検索の掲載料金

Googleしごと検索では、掲載費用がかかりません。一般的な求人サイトでは求人掲載に数十万円ほどかかるのに対し、Googleしごと検索ではマークアップしたウェブサイト上の情報が自動で集めて表示されるため、登録費用や掲載費用は一切かかりません。

掲載費用がかからない一方、自社求人を上位表示させるためのオプション機能も存在しないため、自力でコンテンツの質を高めてライバルと競争しなければなりません。

Googleしごと検索の掲載方法

Googleしごと検索に登録・掲載するためには、募集要項などを記載した採用ページが必要です。方法としては、自社サイトで作成する場合とGoogleしごと検索に対応した採用ポータルサイトに掲載する場合の2つがあります。

自社で採用ページを作成する場合

①自社の採用サイトに職種や雇用形態といった募集要項を記載
②Googleクローラーが読み取りやすいよう構造化データを埋め込む(構造化マークアップ)
③Googleがインデックスしたのち反映

構造化マークアップの方法に関しては、Google公式ページにて解説されているためご参照ください。

採用ポータルサイトを利用する場合

Googleしごと検索に対応した求人サイトに掲載すると、自動で反映されます。最近ではほとんどの求人媒体がGoogleしごと検索に対応しているため、費用やユーザー層を比較して最適な媒体を選択しましょう。

まとめ

Googleしごと検索では、無料で求人が掲載できるうえ、Googleを利用する広範な人々へのアプローチが可能となります。一方で、他社の検索エンジンには対応していない点や更新情報の反映が遅い点も見られます。自社にとってのメリットを整理したうえで適切な運用を心掛けましょう。

【関連記事】
採用代行(RPO)サービス比較30選!業務内容、費用、メリット・デメリットまで徹底解説
ダイレクトリクルーティングにおけるスカウト代行サービス10選!特徴、費用などをまとめました。
新卒求人サイト・ナビサイト9選比較!特徴・掲載料金などまとめ
新卒採用コンサルティングサービス17選!費用やサービス内容について詳しくご紹介します。
採用業務委託サービス12選!委託できる内容や活用メリット、注意点など徹底解説
採用に悩むスタートアップ企業必見!「スタートアップの採用戦略」について徹底解説します
主婦採用のメリットとは?主婦向けの求人広告の作り方とポイントも解説!

パート・アルバイト採用代行企業13選!メリットや利用のポイントを徹底解説します。
エンジニア採用におすすめの転職サイト14選を徹底比較!
飲食店向けの求人サイト14選!特徴や掲載費用を詳しく解説します。
求人ボックスの特徴、掲載方法を詳しく解説します。
careerjetの特徴、掲載料金を詳しく解説します。

採用代行はuloqoにお任せください

「普通の運用代行」ではない、
プロフェッショナルリクルーターによるRPOサービスです。

①月額20万円~からご予算と課題に応じてカスタマイズ型でサービス提供が可能。支援後は追加費用の発生一切なし。
②累計50社取引クライアント様の契約継続率は驚異の90%超。
③あらゆる採用媒体活用実績を活かしたプランニング、実行により、採用目標達成率は87%超。
④上流工程の企画から、下流工程の実業務まで一気通貫で支援。もちろん採用広報もベーシックプランから提供可能です。
⑤独自の業界リサーチで、業界専門用語や市場におけるクライアントのポジションについて、徹底的にインプットを行います。
⑥エンジニア・データサイエンティスト・デジタルマーケター等、専門職種についてはテクノロジー領域専門のコンサルタントが担当します。

▼サービスに関するお問い合わせはこちらから

お名前 (必須)

会社名 (必須)

お電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

選択してください

 

シェアお願いします!