採用マーケティングとは?具体的な手法や役立つツールについてご紹介します!

Last Updated on 2021年3月15日 by uloqo

こんにちは。digireka!HR編集部です。人材獲得競争が激化する昨今、より優秀な人材を獲得するための手段として「採用マーケティング」が注目されています。

そこで本記事では採用マーケティングについて、その概要や手法、役立つツールなどをご紹介します!

採用マーケティングとは?

採用マーケティングとは、採用活動にマーケティングの概念を取り入れ、採用ターゲットのニーズを明確化したうえで、戦略的に採用活動を進めることを指します。

マーケティングの考え方や手法を活用し、優秀な人材を効率的に確保するための方法として注目されています。

採用マーケティングにおけるファネルとペルソナ

まずは、採用マーケティングの基礎知識として「ファネル」「ペルソナ」という2つの言葉の意味を抑えておきましょう。

ここでは、それぞれの意味を詳しく解説します。

ファネル

ファネルとは、先が細くなった円錐状の器具である「漏斗」のことを指します。マーケティングにおけるファネルは、見込み客の数が、認知→興味→比較・検討→購入というプロセスを進むごとに徐々に少なくなっていくことを示しています。

採用活動のプロセスは、認知→興味→応募→選考→内定→入社というファネルで表現でき、それぞれの段階を経るごとに候補者の数は減っていきます。ファネルを活用し、認知から入社へと至る各段階において適切な施策を打つことが重要になります。

ペルソナ

マーケティングにおけるペルソナとは、商品やサービスを利用する具体的な人物像を指します。年齢や性別、職業、住所、趣味、家族構成など、具体的な人物像を定めることで、その人物像のニーズに合致した商品を作ることを目指す考え方です。

採用活動においても、企業が採用したい人物像を細かく設定することは重要です。出身地や出身校などのデータだけでなく、性格やスキルや適性などを具体的に決めることで、求める人材にアプローチするための的確な施策を練ることができます。

採用マーケティングの具体的な手法

求める人物像の明確化

採用マーケティングにおいて、一番最初にやるべきは、求める人材の明確化です。例えば、営業スキルの高い人材を採用したい場合は、自社で活躍する営業マンの行動特性を分析し、採用戦略に基づいて人物像を明確化させます。

求める人物像の要件は、明確かつ具体的なほどその後のプロセスを実行しやすくなるため、丁寧に定義することが重要です。

自社・競合の分析

求める人物像を明確化したあとは、自社の強みやアピールポイントの明確化しましょう。 

漠然と考えるのではなく、3C分析やSWOT分析などのフレームワークを活用して、自社・競合他社を分析し、自社の強みやアピールポイントを洗い出しましょう。

施策の実行

実際に採用プロセスを進めるにあたり、採用候補者となる母集団を形成するための施策を実行します。

 施策の一例として、

・掲載している求人情報や求人サイトの見直し
・オウンドメディアの運用
・SNSの運用
・採用管理システム導入
・採用代行サービスの導入

などが挙げられます。

採用基準の明確化

採用基準の明確化は、採用プロセス全体の中でも非常に重要なパートになります。明確な採用基準を基に必要なプロセスを計算し、採用計画を組み立てていきましょう。

具体的かつ客観的に判断できる採用基準を定め、マニュアル化して評価者の間で共有しておきましょう。

振り返り・改善

採用プロセスが一段落したら、施策を振り返り、次回採用のための改善を行うことが重要です。 採用プロセスの中で起きた問題やミスマッチ採用、応募率、離職率など、課題を明確にしてPDCAを回していきましょう。

 また、採用マーケティングでは、求職者の動向やニーズの変化に素早く対応する必要があるため、継続的な市場調査が必要になります。

採用マーケティングに役立つツール

SNS

Facebook・Twitter・InstagramなどのSNSは、採用マーケティングを行ううえで効果的に活用できます。

SNSを通じて、どんなことに興味を持っている人が多いのか、業界や会社についてどんなイメージを持っている人が多いのかなどを分析することができます。

キーワードプランナー

Google広告の機能の一部にキーワードプランナーというツールがあります。

キーワードプランナーは、キーワードごとの月間検索数(検索ボリューム)を確認したり、アクセスを集めたいキーワードと関連したキーワードを調査できるため、コンテンツマーケティングを考える際に非常に役立ちます。

キーワードごとに、ユーザーがどういった検索意図を持っているのかなども調査できるため、コンテンツマーケティングにおいて必須なツールといえます。

Googleアナリティクス

Googleアナリティクスでは、登録したサイトにどんな属性の人がどのくらい訪れたのか、またどのように回遊したのかなどのアクセス状況を可視化することができます。

アクセス状況を分析し、数値として可視化することで、PDCAサイクルを回すことが可能になります。

サーチコンソール

サーチコンソールは、サイトの検索流入やキーワードごとの平均掲載順位、検索結果のクリック率を調査できるツールです。

サイトの問題を検出して原因を分析してくれる機能も搭載されており、コンテンツを運用するうえで非常に役立ちます。

ヒートマップ

ヒートマップは、サイト訪問者の目線の動きやマウスの動き、サイトの熟読時間など、サイト内のユーザー行動を分析する解析ツールです。

例えば、採用情報ページにヒートマップを設定することで、「応募ボタンがあまり見られていない場所に設置されていた」「そもそも応募ボタンだと認識されていなかった」など、様々な要因を探すことができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。本記事では、採用マーケティングについて、その概要や手法、役立つツールなどをご紹介しました。

ぜひ本記事を参考にして、貴社の採用活動に採用マーケティングを取り入れてみてください!

【関連記事】
採用代行(RPO)サービス比較30選!業務内容、費用、メリット・デメリットまで徹底解説
ダイレクトリクルーティングにおけるスカウト代行サービス10選!特徴、費用などをまとめました。
面接代行(アウトソーシング)サービス22選!特徴・料金を徹底比較しました!
採用に悩むスタートアップ企業必見!「スタートアップの採用戦略」について徹底解説します
採用管理システム(ATS)33選!選び方とそれぞれの特徴を解説・比較します!
採用動画の効果とは?動画制作のコツや事例などもご紹介します!
採用パンフレットとは?内容や作り方や活用事例などを徹底解説します!
採用戦略におけるKPIとは?採用効果から目標設定の方法まで紹介します。
2020年の採用トレンドは?withコロナ時代の新しい採用手法をご紹介!
3c分析とは?採用成功に効果的な活用方法を徹底解説します!
採用活動に必要なペルソナとは?作り方や具体例を徹底解説!

採用代行はuloqoにお任せください

「普通の運用代行」ではない、
プロフェッショナルリクルーターによるRPOサービスです。

①月額20万円~からご予算と課題に応じてカスタマイズ型でサービス提供が可能。支援後は追加費用の発生一切なし。
②累計50社取引クライアント様の契約継続率は驚異の90%超。
③あらゆる採用媒体活用実績を活かしたプランニング、実行により、採用目標達成率は87%超。
④上流工程の企画から、下流工程の実業務まで一気通貫で支援。もちろん採用広報もベーシックプランから提供可能です。
⑤独自の業界リサーチで、業界専門用語や市場におけるクライアントのポジションについて、徹底的にインプットを行います。
⑥エンジニア・データサイエンティスト・デジタルマーケター等、専門職種についてはテクノロジー領域専門のコンサルタントが担当します。

▼サービスに関するお問い合わせはこちらから

お名前 (必須)

会社名 (必須)

お電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

選択してください

シェアお願いします!