顧問紹介・派遣サービスとは?メリット・デメリットや提供企業など徹底解説します!

Last Updated on 2021年2月6日 by uloqo

こんにちは。digireka!HR編集部です。人材紹介の一つとして、高い専門性や豊富な経験を持つ人材と経営課題を抱える企業をマッチングさせる「顧問紹介・派遣サービス」があります。

今回は顧問紹介・派遣サービスについて、サービスの概要やメリットや提供企業などを詳しく解説していきます。

顧問紹介・派遣サービスとは?

顧問紹介・派遣サービスとは、高い専門知識と幅広い人脈を持つ人材と経営課題を解決したい企業をマッチングさせるサービスです。多様な人材紹介の一つで、プロ人材派遣とも呼ばれています。

企業はサービスに登録している個人を顧問として雇い、企業の経営課題を解決してもらいます。目的が経営課題の解決であるため、コンサルティングサービスの一貫とも言えます。一方で、個人の顧問と一時的に契約を交わす形式なので、コンサルティング会社に依頼するより費用を安く抑えられることが特徴です。

顧問紹介・派遣サービスの登録顧問はどんな人?シニアが多い?

顧問紹介・派遣サービスに登録している人は、大手企業の役員や管理職を経験したり専門職を長年極めたりしていたシニア人材が多いです。そのため、培ってきた専門知識や幅広い人脈を活かした支援を行うことが一般的です。

例えば、元大手ECサイト創業者は幅広い人脈と高度な企画力を活かして、企業の既存事業をさらに成長させるアライアンスを提案できます。他にも、営業マーケティングで長年経験を積んだ大手企業の元社長が、中小企業に営業組織強化や販路拡大の支援をするケースもあります。

このように、企業のさまざまな経営課題に対して、その道のスペシャリストが解決までサポートしてくれるのです。

顧問紹介・派遣サービスのメリット

さまざまな経営課題を解決できる

顧問紹介システムでは優秀な幅広い人材が登録しており、普段なら知り合うことができない業種・領域のプロフェッショナルも多いです。企業の経営課題はさまざまですが、豊富な人材がいるため企業の要望にそったプロフェッショナルを紹介してもらえます。また、顧問が持つノウハウや高度な専門性を活かすことで、企業が抱える経営課題を解決してもらえます。

費用対効果が高い

顧問紹介・派遣サービスでは、プロフェッショナルの知見を活用して企業の経営課題を解決していきます。経営課題の解決方法として、顧問を雇う以外に、コンサルティング会社との契約やスキルを持つ人材の中途採用があります。コンサルティング会社と契約して助言をもらう場合、月に100万円以上支払うケースがほとんどで、膨大な費用がかかります。一方で、既に高い専門性を持つ人材を正規で雇用する場合、採用コストがかかる上に、自社で本当に活躍できるかは不透明です。

顧問の人脈を活用できる

業界の人脈を持つ顧問に依頼することで、自社のビジネスを広げるための新規営業開拓ができます。実際、業界で信頼ある立場にある顧問のネットワークを生かすことで成約率が向上したケースもあります。

育成コストがかからない

企業が直面する課題はたくさんありますが、社内に詳しい者がいるとは限りません。採用して一から育てるとなると、時間もお金もかかります。顧問紹介サービスを活用すれば、プロの知識を簡単に得られるため、育成の手間も省けます。

このような理由から、コストを抑えつつプロのノウハウを借りたい中小企業におすすめのサービスと言えるでしょう。

顧問紹介・派遣サービスのデメリット

仲介手数料が発生する

顧問紹介・派遣サービスは、サービス会社が企業の要望に沿った人材をピックアップして紹介します。3者間契約のため、成果にかかわらず仲介手数料が発生します。

企業と顧問のミスマッチが起こり得る

間にサービス会社を挟むため、サービス会社に企業側の意図が伝わっていない場合、ミスマッチが起こる可能性があります。

顧問紹介・派遣サービスを提供している企業

i-common

パーソルキャリア株式会社が運営する「i-common」は、経営課題を抱える企業に対して、経験豊富な専門家をアドバイザーとして提案する顧問紹介サービスです。

i-commonに登録がある各分野の専門家の中から企業のニーズに合わせた最適な人材を顧問として紹介してくれます。また、提案だけでは終わらない実働型の経営支援を行うことで経営課題の解決までサポートしています。

i-commonは顧問登録数が8,000人以上と業界トップクラスを誇っており、今まで2,700社を超える企業に導入されています。

マイナビ顧問

株式会社マイナビが運営する「マイナビ顧問」は、事業ライフサイクルに合わせて顧問を紹介してくれるサービスです。導入期・成長期・成熟期・衰退期など、事業フェーズに合わせて人材を紹介してもらえます。

マイナビのネットワークを活かし、幅広いプロフェッショナルが多数登録していることでも知られています。

プロフェッショナル人材バンク

エスプールが運営する「プロフェッショナル人材バンク」は、顧問紹介サービスです。こちらでは、業務委託という契約方法で実際に顧問が社内に入り、課題解決のための提案を行います。

9,000人以上のプロフェッショナルが在籍しており、2,000社を超える支援実績があります。

パソナ顧問ネットワーク

株式会社パソナJOB HUBが運営する「パソナ顧問ネットワーク」も企業とプロフェッショナルをマッチングさせる顧問紹介サービスです。上場企業の元役員からAI技術者までの6,000名を超える人材データベースから最適な人材を紹介してくれます。アドバイスだけでなく実務面も含めて支援可能なプロフェッショナルもいます。

まとめ

以上、顧問紹介・派遣サービスの解説でした。顧問紹介・派遣サービスを利用することで、プロフェッショナルの知識を手軽に利用しながら、企業の経営課題を解決できるかもしれません。人材確保の手段として導入してみてはいかがでしょうか。

【関連記事】
採用代行(RPO)サービス比較30選!業務内容、費用、メリット・デメリットまで徹底解説
ダイレクトリクルーティングにおけるスカウト代行サービス10選!特徴、費用などをまとめました。
新卒採用コンサルティングサービス17選!費用やサービス内容について詳しくご紹介します。
採用に悩むスタートアップ企業必見!「スタートアップの採用戦略」について徹底解説します

採用フローの作り方とは?フローチャートを利用した作成手順を詳しく解説!
2020年の採用トレンドは?withコロナ時代の新しい採用手法をご紹介!
ソーシャルリクルーティングとは?メリット・デメリット、事例、おすすめサービス4選をご紹介!
【新卒採用コンサルティングを行う企業まとめ】費用やサービス内容についてもご紹介!
採用業務委託(アウトソーシング)サービス10選!委託できる内容や活用メリット、注意点など徹底解説
【2022年卒版】新卒採用スケジュールの組み方を徹底解説!
採用動画の効果とは?動画制作のコツや事例などもご紹介します!
ポテンシャル採用とは?メリットデメリットや導入事例などをご紹介します!
採用コストの相場とは?その内訳から削減方法までまとめました

採用代行はuloqoにお任せください

「普通の運用代行」ではない、
プロフェッショナルリクルーターによるRPOサービスです。

①月額20万円~からご予算と課題に応じてカスタマイズ型でサービス提供が可能。支援後は追加費用の発生一切なし。
②累計50社取引クライアント様の契約継続率は驚異の90%超。
③あらゆる採用媒体活用実績を活かしたプランニング、実行により、採用目標達成率は87%超。
④上流工程の企画から、下流工程の実業務まで一気通貫で支援。もちろん採用広報もベーシックプランから提供可能です。
⑤独自の業界リサーチで、業界専門用語や市場におけるクライアントのポジションについて、徹底的にインプットを行います。
⑥エンジニア・データサイエンティスト・デジタルマーケター等、専門職種についてはテクノロジー領域専門のコンサルタントが担当します。

▼サービスに関するお問い合わせはこちらから

お名前 (必須)

会社名 (必須)

お電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

選択してください

シェアお願いします!