縁故採用(コネ採用)とは?メリットデメリットやリファラル採用との違いなどを解説します!

Last Updated on 2021年1月8日 by uloqo

こんにちは。digireka!HR編集部です。日本で古くから存在する採用方式の一つに縁故採用があります。縁故採用にあまり良いイメージを持っていない方も多いと思いますが、企業側からすると様々なメリットがあるのも事実です。

そこで今回は、縁故採用のメリットデメリットやリファラルとの違いなどについて詳しく解説します!

縁故採用とは?

故採用とは、求職者を採用する際に、求職者本人にその企業との何らかの縁故(コネ)があることを採用の条件とすることです。

いわゆる「コネ採用」と同義であり、ネガティブなイメージで使われることも多いですが、採用コストを削減できる点やスピーディーな採用を実現できる点など様々なメリットがあります。

縁故採用とリファラル採用の違い

縁故採用が、婚姻や血縁などのつながり、大学の教授などの有力者など、その企業に対し何らかの関わりがある人からの紹介であるのに対し、リファラル採用は、その企業の社員であれば誰でも紹介することが可能です。縁故採用の選考は形式的になりやすい一方で、リファラル採用はあくまで通常の選考フローを利用するため、より公平性を保った選考を行えます。

また、縁故採用は主につながりや人柄を重視することが多いのに対し、リファラル採用は、経験やスキル、志向性などへのマッチ度を重視する傾向にあります。

縁故採用のメリット

採用コストを削減できる

人材を採用するためには、求人サイトの掲載費用や人材紹介の成果報酬費用など、様々なコストが発生します。縁故採用の場合、求人サイトや人材紹介を使わずに求職者と接触できるため、採用にかかるコストを削減することが可能になります。

スピーディーな採用を実現できる

縁故採用の場合、採用に至るまでの期間が比較的短くなることが多いです。

求人媒体への申込から掲載、応募者とのコミュニケーションなど、煩わしい手続きを省くことができ、時間の節約にもなります。

入社後のフォローがしやすい

縁故採用では必ず紹介者がいるため、何かあれば紹介者の協力を得ることができます。

そのため、「入社直後のフォローが行き届かなかったために、早期で離職してしまった」などという事態も比較的防ぎやすくなります。

縁故採用のデメリット

公平性に欠ける可能性がある

縁故採用は、公募で応募してきた応募者と比べて公平さに欠ける部分があり、「有力者のコネを使って実力がないのに採用される」といった悪いイメージを持たれがちです。

そのため、社内から不満の声が出る可能性があり、他の従業員のモチベーション低下を招く恐れがあります。

スキルや能力を見極めにくい

縁故採用は、通常の選考と比べて選考基準が甘くなるケースが多く、実際の求職者のスキルや能力を見極めることが難しくなります。

「採用したもののかなり問題のある人間だった」というケースでも、縁故であることから無下にはできず、会社を辞めさせることがなかなか難しいといったケースもあるので注意が必要です。

縁故採用を成功させるコツ

十分な社内調整や説明を行う

縁故採用で候補者を募るためには、既存社員の協力が不可欠になります。

社内メンバーに縁故採用を行う目的や社員の待遇、取り扱い方について明確に伝え、周囲の理解を得られるよう、十分な調整や説明を行う必要があります。

あくまで補佐的な手法として運用する

縁故採用の場合、求人サイトや人材紹介のように多くの求職者に募集の情報を見てもらうことができないため、多くの応募が集まることは期待できません。そもそも候補者が一人もいない可能性もあります。

したがって、縁故採用をメインの採用手法として考えるのではなく、あくまで補助的な手法として運用することが重要になるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、縁故採用のメリットデメリットやリファラルとの違いなどについて解説しました。

ぜひ本記事を参考にして、縁故採用を効果的に実施してみてください!

【関連記事】
採用代行(RPO)サービス比較30選!業務内容、費用、メリット・デメリットまで徹底解説
ダイレクトリクルーティングにおけるスカウト代行サービス10選!特徴、費用などをまとめました。
新卒採用コンサルティングサービス17選!費用やサービス内容について詳しくご紹介します。
採用に悩むスタートアップ企業必見!「スタートアップの採用戦略」について徹底解説します

採用フローの作り方とは?フローチャートを利用した作成手順を詳しく解説!
2020年の採用トレンドは?withコロナ時代の新しい採用手法をご紹介!
ソーシャルリクルーティングとは?メリット・デメリット、事例、おすすめサービス4選をご紹介!
【新卒採用コンサルティングを行う企業まとめ】費用やサービス内容についてもご紹介!
採用業務委託(アウトソーシング)サービス10選!委託できる内容や活用メリット、注意点など徹底解説
【2022年卒版】新卒採用スケジュールの組み方を徹底解説!
採用動画の効果とは?動画制作のコツや事例などもご紹介します!
採用・不採用通知メールの書き方や例文などをご紹介します!
ポテンシャル採用とは?メリットデメリットや導入事例などをご紹介します!

採用代行はuloqoにお任せください

「普通の運用代行」ではない、
プロフェッショナルリクルーターによるRPOサービスです。

①月額20万円~からご予算と課題に応じてカスタマイズ型でサービス提供が可能。支援後は追加費用の発生一切なし。
②累計50社取引クライアント様の契約継続率は驚異の90%超。
③あらゆる採用媒体活用実績を活かしたプランニング、実行により、採用目標達成率は87%超。
④上流工程の企画から、下流工程の実業務まで一気通貫で支援。もちろん採用広報もベーシックプランから提供可能です。
⑤独自の業界リサーチで、業界専門用語や市場におけるクライアントのポジションについて、徹底的にインプットを行います。
⑥エンジニア・データサイエンティスト・デジタルマーケター等、専門職種についてはテクノロジー領域専門のコンサルタントが担当します。

▼サービスに関するお問い合わせはこちらから

お名前 (必須)

会社名 (必須)

お電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

選択してください

シェアお願いします!