メンター制度

「メンター制度」とは、所属する部署の上司とは別に、指導・相談役を担う年齢の近い先輩社員が新入社員や後輩をサポートする制度のことです。メンターは英語のMentorが語源であり、助言者、相談相手という意味合いになります。サポートする先輩社員を「メンター」と呼び、サポートされる若手社員を「メンティー」と呼びます。

メンター制度のメリット

(1)社内コミュニケーションの活発化

メンティの所属する部署と異なる部署の先輩社員がメンターに選ばれることも多いため、部署間の交流を増やし、社内コミュニケーションを活発化させることができます。

(2)社員の成長促進

メンターになった社員は、メンティに見られているという意識から責任感を持つようになります。メンティーだけではなくメンター社員の成長を促すことができます。

(3)若手社員の離職防止

仕事やプライベートの悩みを相談できる人がいないために、若手社員が早期離職してしまうケースがあります。メンター制度によって若手社員の心理面をケアすることができ、離職率低下につながります。

シェアお願いします!