インポスター症候群

「インポスター症候群」とは、周りの評価と比較して自分自身を過小評価してしまい、自分の功績を運であったり、周りのおかげであったりと思い込んでしまうことを言います。

インポスター症候群の語源(自己過小評価症候群)

「インポスター」という言葉はもともとは詐欺師のことを指します。自分に力がないと思い込んでいるのに反し、周りの評価が高くなることにより、いつか自分に力がないことがばれてしまうのではないかと自分を詐欺師のように思い込むことから来ています。

インポスター症候群の特徴

(1)仕事に自信がない
(2)周りの評価の過大評価に恐れる
(3)自分の実力が無いと思っている
(4)自分自身を隠している

なぜ女性に多いのか

男性社員が多くいる中で男性のほうが能力があると思い込んでしまう環境が存在することです。
さらに、女性進出を促す法律の制定により女性のポストが増え、「能力ではなく人数合わせで採用された」と思い込んでしまうようです。

インポスター症候群の対処法

(1)自己分析を行う
(2)他己分析を行う
(3)目先のものに集中する
(4)誉め言葉を素直に聞く
(5)完璧はなれないと知る

シェアお願いします!