就活クールビズ

「就活クールビズ」とは、企業が採用面接において、就活生に対してクールビズを導入することです。これには就職活動が政府の要請により後ろ倒しになり、真夏の暑い時期になったことが関係しています。政府は経団連に、学生の軽装を認めるよう要請しました。経団連は、「採用選考に関する指針」で定められた手引きで、クールビズを許可する場合には事前に学生に知らせるよう企業に求めていたことから、企業側も「クールビズでお越しください」などと案内するようになりました。

就活クールビズのボーダーライン

就活生は、「どこまでがクールビズで、どこからが失礼なのか」「クールビズ可の通知を鵜呑みにして、服装で落とされたら困る」などの悩みを抱えているようです。

企業からの服装の指示

AOKIとマイナビスチューデントが、2014年、就活のスタイルに関して、企業の採用担当者200人にアンケートしたところ、「適度なクールビズなら問題なし」が49%、「積極的に取り入れてほしい」が23%という結果が出ました。しかし「少し抵抗がある」が20.5%、「非常に抵抗がある」も7.5%という意見もあります。

シェアお願いします!