EQが高い人を採用すべき? EQが高い人材の特徴と採用メリットについてご紹介します。

Last Updated on 2021年4月19日 by uloqo

こんにちは。digireka!HR編集部です。採用活動にてEQを重要視する採用担当者の方が多くいらっしゃいます。今回は人材採用活動におけるEQについて徹底解説します。

EQ(感情指数)とは?

EQとは(Emotional Intelligence Quotinent)の略称で、日本語では「こころの知能指数」と訳します。「こころの知能指数」とは、自身が他者とのコミュニケーションを通して他者を理解する共感能力や、自身の気持ちをコントロールする能力のことを指しています。現代では社内での健全な関係構築、コミュニケーションのためにEQを重要視する風潮が強いです。

EQと同様に、よりメジャーに用いられている知能指数の基準として、IQがあります。IQは(Inteligence Quotinent)の略称で、数値が高いほど知能が高く、数値が低いほど知能が低いとされる相対評価での基準です。いわゆる天才と呼ばれるのがIQが高い人、他者とのコミュニケーションを円滑にこなし、健全な関係を構築するすることができる人がEQの高い人です。

EQとIQ(知能指数)との違い

EQとIQの違いとしては、IQは先天的な生まれつきのものとして発現するのに対し、EQは後天的で成長させることが可能であるということがあげられます。コミュニケーション能力の向上や、協調性などは、他者とのコミュニケーションを通して育成されます。ちょっとした心がけで、大幅に上昇させることができるようになります。高IQ値では「学習」が得意になりますが、高EQ値では「対人関係」が得意になります。それぞれに異なるベクトルにおけるメリットがあります。

EQテストでEQを測定できる

EQを測定するために用いられる最もメジャーな手法として、EQのためのテストがあります。テストと言っても、いわゆる学校や資格試験で行われているようなテストではなく、アンケート方式で用いられることが最も多いです。インターネット上で5分程度で受けることができます。実際に受けてみたいという方は、EQ測定 – arealme.comをご参照ください。

EQテストの診断結果と平均点

上記で紹介したEQ測定 – arealme.comはハーバード大学ダニエル・ゴールマンによって作成されたテストです。満点を200点、平均点を100点として得点を算出してくれます。得点が高ければ高い人ほどEQ値が高い人です。正確な測定には自身の正直な気持ちで回答することが必要です。

EQが高い人の特徴

 

EQが高い人には以下のような共通点があります。
・自己認識力が高く、自身で感情のコントロールをすることができる。
・オープンマインドで偏見や偏向がない。
・他者の意見や相談など、聞き上手である。
・セルフモチベーションすることで、しぶとく頑張ることができる。
・失敗したときには素直に謝ることができる。 

これらのように、EQが高い人とは他者との健全な関係構築のために、素直で冷静さを保ちながらも思いやりがあり、自身でのモチベーション制御ができる人のことを指します。

EQが低い人の特徴

EQが低い人にもそれぞれ多くの共通点があります。
・極端にプライドが高く、素直さがない。
・自己中心的な発言や行動をとってしまう。
・他人のミスへの寛容さがまったくない。
・怒りっぽく、感情的になりやすい。
・人の目を全く気にしない。

これらのように、EQが低い人には自身への圧倒的なプライドにより、素直さや謙虚さが著しく欠いているため、協調性が無い人のことを指します。

EQを採用活動に用いる必要性

EQ人材を企業の採用活動にて用いる必要性としては、EQのような他者とのコミュニケーションを重んじる項目が、他者との共生のために最も必要とされていえる項目の一つであるからです。現代のほとんどの企業は分業です。他者とのコミュニケーションを通して、業務を進行していく必要があるため、他者とのコミュニケーションを疎かにすることは避けられません。

EQテストを採用基準に取り入れるメリット

EQテストを人材採用基準に設けるメリットの一つとして、結果的に企業内生産力が大幅に上昇する可能性があるという事が挙げられます。繰り返しになってしまいますが、企業内での業務は分業であるため、チームワークが必要になります。1人1人の社員が他者との円滑なコミュニケーションと健全な組織化を目指していれば、社内コミュニケーションが活発になり、より多くの意見交換、効果的な報連相が行われます。

また、EQに優れた人材を獲得することが出来れば、入社後にEQ育成のための研修を行う必要がなくなります。研修を行うとなると、外部の講師を呼ぶ必要性や、本来の業務の時間を疎かにしてしまう可能性があり、コスト面・時間面においてかなりの労力を要してしまいます。

EQ不足の人材を採用してしまうと

EQが著しく欠如している人物を採用してしまうと、チーム内での協調性や互いの尊厳を統率することができなくなり、結果的に職場として不健全なコミュニティが出来上がってしまいます。
不健全なコミュニティでは、チームでの生産性が向上しないだけでなく、メンバーの円滑なコミュニケーションが取れないため、社員の業務達成感や満足感が満たされにくく、精神的にマイナスな影響が及ぶことが予想されます。

まとめ

いかがでしょうか。今回は健全な企業維持のために必要なEQについてご紹介しました。本記事が少しでもお役に立てていれば幸いです。

【関連記事】
採用代行(RPO)サービス比較30選!業務内容、費用、メリット・デメリットまで徹底解説
ダイレクトリクルーティングにおけるスカウト代行サービス10選!特徴、費用などをまとめました。
新卒求人サイト・ナビサイト9選比較!特徴・掲載料金などまとめ
新卒採用コンサルティングサービス17選!費用やサービス内容について詳しくご紹介します。
採用業務委託サービス12選!委託できる内容や活用メリット、注意点など徹底解説
採用に悩むスタートアップ企業必見!「スタートアップの採用戦略」について徹底解説します
主婦採用のメリットとは?主婦向けの求人広告の作り方とポイントも解説!

パート・アルバイト採用代行企業13選!メリットや利用のポイントを徹底解説します。
エンジニア採用におすすめの転職サイト14選を徹底比較!
求人ボックスの特徴、掲載方法を詳しく解説します。
careerjetの特徴、掲載料金を詳しく解説します。
doda Recruitersとは?その特徴と評判を徹底解説!

採用代行はuloqoにお任せください

「普通の運用代行」ではない、
プロフェッショナルリクルーターによるRPOサービスです。

①月額20万円~からご予算と課題に応じてカスタマイズ型でサービス提供が可能。支援後は追加費用の発生一切なし。
②累計50社取引クライアント様の契約継続率は驚異の90%超。
③あらゆる採用媒体活用実績を活かしたプランニング、実行により、採用目標達成率は87%超。
④上流工程の企画から、下流工程の実業務まで一気通貫で支援。もちろん採用広報もベーシックプランから提供可能です。
⑤独自の業界リサーチで、業界専門用語や市場におけるクライアントのポジションについて、徹底的にインプットを行います。
⑥エンジニア・データサイエンティスト・デジタルマーケター等、専門職種についてはテクノロジー領域専門のコンサルタントが担当します。

▼サービスに関するお問い合わせはこちらから

お名前 (必須)

会社名 (必須)

お電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

選択してください

 

シェアお願いします!