日経転職版とは?特徴や口コミについて人事担当者目線で解説します!

Last Updated on 2021年5月11日 by uloqo

こんにちは。digireka!HR編集部です。近年、日経転職版が転職活動の際に、非常に多くの方に利用されてます。今回は、人材採用活動における、求人広告掲載サイトの日経転職版についてご紹介しています。

日経転職版とは?

日経転職版とは、日経グループが運営している転職サイトです。日本の経済界を牽引してきた企業ということもあり、トヨタ自動車、アクセンチュア、富士通など有名企業の求人が多く掲載されているのは、特筆すべき点です。

また、他の転職サイトでは載っていないような、珍しい求人も掲載されています。

日経転職版はリリース済み

日経転職版の前身は、「日経キャリアNET」という転職サイトでした。そちらは、2021年1月14日にサービスを終了しました。

日経転職版の特徴

日経転職版の特徴としては「レコメンド機能と情報鮮度の高さ」「全42職種のもある職務経歴書」「診断テストの充実」「有名企業の求人が多い」「第二新卒も採用可能」の5つがあります。

独自アルゴリズムによるレコメンド機能と情報鮮度の高さ

日経会社情報DIGITALと連携しているので、ユーザーに最適化された求人情報の提供と、企業の最新情報が届くような仕組みが整っています。

全42職種の職務経歴書

求職者の方は、42種類ある職務経歴書の中から選んで、作成することができます。大手ということもあり、サンプルの質が高いです。転職のプロの方が監修して制作したものであるため、容易に製作可能です。簡単に制作することができるのも嬉しいポイントです。

診断テストの充実

日経転職版は、転職力診断テストや年収査定テストといった、診断テストが大変充実しています。
会員登録後は、それらツールを利用できるようにため、是非利用して自分の適性や市場価値を把握して、今後のビジョン形成に役立てられてはいかがでしょうか。

有名企業の求人が多い

日経転職版は、日経グループの企業なので、大手とのコネクションが充実しています。
例えば、トヨタ自動車株式会社や、富士通株式会社、アクセンチュア株式会社など、有名企業の求人が多いです。

第二新卒も採用可能

日経転職版は、第二新卒の方でも利用可能な転職サイトとなっています。
2021年5月10日時点で、第二新卒者向けの求人が約5000件掲載されています。
登録すると、最適なエージェントが表示される、「ファスト・マッチ機能」というサービスを利用できるようになります。

日経転職版導入のメリット・デメリット

日経転職版の導入には多くのメリット・デメリットがあります。

導入メリット

1000万人を超える日経ID会員にアプローチすることができる
日経サービスを利用している1000万人以上のユーザーにアプローチすることができます。

 

情報感度の高い求職者にアプローチができる
日経サービスを利用しているユーザーは、普段から情報収集をしている情報感度の高い層です。そのような層にアプローチできるというのは、導入する企業にとって大きなメリットです。

 

就業経験のある即戦力ユーザーが多い
日経サービスを利用しているユーザーの約46%が30代~40代で、およそ半分を占めています。ユーザーの特徴としては、大企業勤務の方、役職持ちの方、メーカー・金融業界の経験者といった、専門性、経験ともに豊富なビジネスパーソンの方が多いので、即戦力人材採用を期待する企業様向けの求人媒体となっています。

導入デメリット

 

地方求人者にアプローチしづらい
掲載されている求人の多くは東京に集中しているため、地方求人者にアプローチすることは難しいかもしれません。地方求職者に特化したサービスに「リクルート」や「doda」といったサービスが展開されています。日経転職版は地方特化型のサービスではないため、地方で求人を掲載される予定の人事担当者様は、それらサービスを利用したほうが良いかもしれません。

 

第二新卒の求人は比較的少なめ
日経グループのユーザーの大半が30代~40代ということもあり、経験歴3年以上に限定された求人が多いです。しかしながら、5000件程度の求人があることから、一定数の第二新卒者のユーザーがいることも想定されます。

日経転職版の口コミ

求職者の口コミ

 

希望条件にマッチする求人が定期的に届く
日経転職版の希望職種条件では、希望条件を詳細に入力することができます。そのため、自分の理想に沿った求人にマッチできる確率が高まります。
また、独自アルゴリズムを活用しているので、ユーザー最適化された求人情報がユーザーに届きます。
スカウトメールがきっかけで、面接・採用に成功
魅力的なプロフィールを詳細に入力することで、企業からのスカウトメールが期待できます。機械的でスパムのようなスカウトメールは比較的少ないです。

 

人事担当者の口コミ

ユーザーが多いので、アプローチできる層も多い
日経転職版では、1000万人以上のユーザーが利用しています。それは、他の求人媒体では巡り会うことのできない、求職者に出会えるということを意味します。また、大手企業が多く登録していることから、そのような企業を志望するユーザーにアプローチすることも可能です。
情報感度の高い即戦力人材にアプローチすることができる
日経転職版を利用するユーザーの多くは、普段から日経グループのサービスを利用している方ばかりです。つまり、情報感度の高い求職者が多くいるということです。専門性の高い、経験のあるビジネスパーソンにアプローチしたい場合は、日経転職版を利用するのも手かもしれません。

日経転職版を導入する料金

日経転職版の利用料金は以下の表をご参照ください。

基本企画 チケット 長期掲載
掲載回数 1回 1回 トクトクパッケージ
職種数 3職種 3~5職種 20職種
掲載期間 4週間 4週間 24~48週間

詳しい料金を確認したい方は、日経転職版利用料金のページをご参照ください。

日経転職版はキャンペーン時におすすめ

日経転職版は、期間限定で先着2000名がもらえるamazonギフト券500円分プレゼントのキャンペーンを行なっていました。ぜひキャンペーン中に登録しましょう。

日経転職版の新規会員登録、ログイン

日経転職版に新規会員登録、ログインしたい方は日経転職版ログインページをご参照ください。

まとめ

いかがでしょうか。今回は、日経転職版を採用活動で用いるポイントについてご紹介しました。この記事が参考になれば幸いです。

【関連記事】
採用代行(RPO)サービス比較30選!業務内容、費用、メリット・デメリットまで徹底解説
ダイレクトリクルーティングにおけるスカウト代行サービス10選!特徴、費用などをまとめました。
新卒求人サイト・ナビサイト9選比較!特徴・掲載料金などまとめ
新卒採用コンサルティングサービス17選!費用やサービス内容について詳しくご紹介します。
採用業務委託サービス12選!委託できる内容や活用メリット、注意点など徹底解説
採用に悩むスタートアップ企業必見!「スタートアップの採用戦略」について徹底解説します
主婦採用のメリットとは?主婦向けの求人広告の作り方とポイントも解説!

パート・アルバイト採用代行企業13選!メリットや利用のポイントを徹底解説します。
エンジニア採用におすすめの転職サイト14選を徹底比較!
飲食店向けの求人サイト14選!特徴や掲載費用を詳しく解説します。
求人ボックスの特徴、掲載方法を詳しく解説します。
careerjetの特徴、掲載料金を詳しく解説します。

採用代行はuloqoにお任せください

「普通の運用代行」ではない、
プロフェッショナルリクルーターによるRPOサービスです。

①月額20万円~からご予算と課題に応じてカスタマイズ型でサービス提供が可能。支援後は追加費用の発生一切なし。
②累計50社取引クライアント様の契約継続率は驚異の90%超。
③あらゆる採用媒体活用実績を活かしたプランニング、実行により、採用目標達成率は87%超。
④上流工程の企画から、下流工程の実業務まで一気通貫で支援。もちろん採用広報もベーシックプランから提供可能です。
⑤独自の業界リサーチで、業界専門用語や市場におけるクライアントのポジションについて、徹底的にインプットを行います。
⑥エンジニア・データサイエンティスト・デジタルマーケター等、専門職種についてはテクノロジー領域専門のコンサルタントが担当します。

▼サービスに関するお問い合わせはこちらから

お名前 (必須)

会社名 (必須)

お電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

選択してください

シェアお願いします!